FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「こんな生物が存在するとは!」 謎の生物、タヌキに魅了される外国人が続出

今回は、多くの外国人にとっては未知の動物である、
タヌキ(ラクーンドッグ)の秘密に迫った動画からです。

さっそくですが、以下が動画の内容になります。

1. 彼らはアライグマでも犬でもない。キツネは遠い親戚にあたる。
 本来は野生動物だが、ペットとして飼う人たちも存在する。


2. 日本のゲームや映画にしばしば登場する。
 任天堂のゲームには「タヌキスーツ」が存在しており、
 それを着用すると、マリオやルイージがタヌキに変身するのだ。
 スタジオジブリは、1994年にタヌキを題材にした映画を製作している。


3. 日本の民間伝承には、いたずら者として登場することが多い。
 どんな物にでも変身出来るとされ、ふぐりが強調して描かれる。
 変身能力を用いて、人間を騙すことがある。


4. ヨーロッパでは侵略的外来種に指定されている。
 ラクーンドッグは東アジアが元々の生息地だが
 (※日本に生息するタヌキは日本固有種)、
 いつかの時点で東欧と北欧に移入された。
 ヨーロッパにおける最大の狂犬病のキャリアであり、
 侵略的外来種ワースト100にランクインしている。


5. アトランタかメキシコシティの動物園に行かない限り、
 彼らの姿を北米で見ることは出来ない。
 日本の置物にその姿を見る事も、あるいはあるかもしれない。



以上になります。
愛らしくも不思議なこの動物に、驚き、魅了される外国人が続出していました。

海外「何で日本ばかり…」 日本固有種 大山椒魚の姿に外国人ショック

1301855.png
[ 2018/05/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(302)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング