パンドラの憂鬱



海外「日本の方が暮らしやすいぞ!」 インド紙『IT技術者は米国よりも日本を目指せ』

世界、特にアメリカのIT業界を席巻するインド人の人々。
大手企業の従業員を見ると、マイクロソフトでは34パーセント、
IBMでは28パーセント、インテルでは17パーセント、
ゼロックスでは13パーセントがインド人(系)となっており、
シリコンバレーではインド人のIT企業経営者も激増しています。

専門性が高く、プロジェクトを統率できる高度IT人材が、
インドには300万人以上存在すると言われている一方、
日本ではIT人材不足が深刻で、2016年の時点で17万人不足しており、
2030年には不足数が80万人に上ると経産省は予測しています。

そのような状況を受け、ジェトロ(日本貿易振興機構)の前田理事は先日、
インド・バンガロール商工会議所と共催したセミナーの中で、
日本で働くインド人IT専門家の必要性を訴えました。

また、昨年4月に永住許可に関するガイドラインが改定され、
「高度人材外国人」は最短1年で永住権を申請出来るようになったことから
(日本語能力、学歴、実績、収入等のポイント制で、80ポイント以上必要)、
インドの大手経済紙を含む複数のメディアが、
「アメリカのことは忘れて日本に行こう」と、
インドのIT技術者たちに向けて提案しています。

特に日印の間で具体的な取り決めがあったわけではないのですが、
それでも多くのインド人に希望を抱かせる内容だったようでした。

インド「靖国神社に行かないと」 『日本無罪論』のパール判事がインドで脚光

11109480248.jpg
[ 2018/05/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(680)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング