パンドラの憂鬱



海外「大谷がまたやってくれた!」敵軍ファンの少年に対する大谷翔平の神対応に感動の声

現在投打の両面でメジャーに衝撃を与えている大谷翔平選手。
12日(日本時間13日)に行われた敵地ロイヤルズ戦でも、
7回2死満塁の状況から、試合を決定づける走者一掃の三塁打を放ち、
チームの5連勝に大きく貢献しました(4打数1安打3打点1四球)。
エンゼルスは14戦11勝3敗で、リーグ首位を快走しています。

そして、この日の試合前練習に見せた大谷選手の振る舞いが、
現在現地のベースボールファンに大きな感銘を与えています。

父親と一緒に練習を見学するために球場に来ていた、
ロイヤルズファンのレオ・グアステロ君(6歳)は、
練習を終えてファンサービスをする大谷選手に遭遇。
「お願いすればバットをもらえるかもしれないよ」との父親の言葉を受け、
レオ君は大谷選手に「バットが欲しい」と何度も話しかけました。

大谷選手はサインに忙しく、レオ君に気がつきませんでしたが、
通訳の方が懸命にお願いするレオ君に気づき、彼の願いを大谷選手に伝えると、
一度ファンサービスのスペースから離れた大谷選手は4分後に再び姿を見せ、
「大谷翔平」と漢字の名前が入ったバットをレオ君にプレゼントしたそうです。

なお、大谷選手が一度離れてる間に記者が少年に考えを訊ねたところ、
「史上最高の選手だよ。投げることも打つことも出来るんだから」
と答えたそうです。

実はこの出来事を伝えたのは、開幕前には大谷選手の能力に懐疑的で、
その後公開謝罪したヤフースポーツの記者、ジェフ・パッサン氏。
今ではパッサン氏は大谷選手の大ファンになっているようで、
ご自身のツイッターでは大谷選手の話題を多く取り上げています。

この大谷選手の温かい人柄が伝わるエピソードに、
ベースボールファンから感動の声が多数寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は本当に特殊だね…」日本人の特別な国民性に迫った映像に外国人が感銘

cut.jpg
[ 2018/04/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(400)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング