パンドラの憂鬱



海外「日本はここまで寛容な国だったのか」日本人ムスリムの日常にイスラム世界から感動の声

現在世界中に16億人以上の信徒を抱えているイスラム教。
過去40年間の信徒の増加率は73パーセントと世界で最も成長の速い宗教で、
2100年にはキリスト教を追い越し、世界最大の宗教になると予測されています。
一方日本で暮らすムスリムの人々は10〜20万人ほどで、
他の国や地域と比較すると、そこまで多くはありません
(ほとんどの方はアジアからの留学生や研修生)。

今回は、ムスリムに改宗した日本人男性のインタビュー映像からで、
日常、特に仕事中の礼拝について、流暢な英語で紹介されています。

「日本でエンジニアとして働いており、イスラム教を信仰しています。
 現在働いている会社には、去年イスラム教に改宗してから入社しました。
 日本でムスリムはマイノリティという事もあり、自分がムスリムであること、
 そして1日5回お祈りをすることを上司に報告する必要がありました。

 すると幸運なことに、上司はそのことを理解してくれたんです。
 彼が以前にムスリムの同僚たちと仕事をしていた経験があったためで、
 いつでも礼拝を行っていいという許可を出してくれました。

 礼拝は大抵の場合仕事の空き時間に行っていますが、
 会議の時には上司などに断りを入れてから中座しています。
 出張の際には、普段から特に祈る場所は決めていないこともあり、
 使われていない会議室などを探し、小浄や礼拝を行っています。

 どこでも礼拝が出来るよう、礼拝マットなどを携帯しているのですが、
 このマットは軽く、フラットで、かさばる事がないので気に入っています。
 防水になっているのでどこでもお祈りが出来ます。本当に便利ですよ」



以上になります。
イスラム教国ではない日本で暮らす日本人ムスリムの生活の一端に、
世界中のムスリムの方達から、驚きと感動の声が寄せられていました。

海外「世界に日本があって良かった」 日本で広がるイスラム教への理解が話題に

149583048.png
[ 2018/04/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(999)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング