FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本との差が悲しい…」 日常における日本人との民度の差に落胆する海外の人々

19世紀初頭のナポレオン戦争の際に初めて誕生した緊急搬送専用車両。
日本の消防機関で初めて救急車の運用が始まったのは1933年(昭和8年)の事で、
横浜消防署に配備された、キャデラック製の改造救急車でした。
総務省の資料によると、平成29年中の緊急出動件数(速報値)は約634万件で、
出動件数・搬送人員ともに過去最多を記録したそうです
(そのうち入院の必要がない「軽傷」が約半数)。

さて、今回ご紹介する映像は、仙台市内の幹線道路で撮影されたもので、
緊急走行中の救急車が後方から来ていることに気づいたドライバーさんたちが、
道路の端に寄り、救急車のために道をあけている様子が収められています。

日本人にとっては当然のことで、特に驚きはない光景ですが、
そんな日本の常識に驚く声が海外から数多く寄せられていました。

海外「生まれる国を間違えた」日本のドライバー達が取った行動に海外から賞賛の嵐

19837593475.png
[ 2018/04/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(437)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサード リンク
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング