パンドラの憂鬱



米国「もうやだこの国…」 日系人に対する米内務長官の対応がアメリカで大問題に

今月15日に開かれたアメリカ下院天然資源委員会において、
ハワイ州選出のハナブサ議員が、ジンキ内務長官に対し、
日系人強制収容所を保存する補助金200万ドルの継続を要請したところ、
ジンキ長官は明るい調子で、「コンニチワ」と応答。
現在その事が、軽薄で差別的だとして米国で大問題になっています。

ハナブサ議員は同委員会の中で、父方と母方2人の祖父が、
日系人強制収容所に送られていたことにも言及しており、
問題の『コンニチハ発言』があったのは、
「祖父の1人は、晩年までその苦しい体験を語りたがらなかった」と、
強制収容がいかに精神的に過酷なものであったのかを伝えた直後でした。

なお、ハナブサ議員は長官の「コンニチハ」に対して、
「まだオハヨウゴザイマスの時間かと思います」とクールに返しています。

この件を、米国の大手メディアがこぞって報道。
ジンキ長官は、答弁の中で補助金の継続の検討を約束してはいますが、
アメリカ人の多くは、様々な次元で問題がある対応だと考えているようでした。

海外「なんて恐ろしい光景だ…」 日系人強制収容所の写真に米国人がショック

149853058.png
[ 2018/03/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(995)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング