FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「世界は強い日本を求めてる」 日本の再軍備の動きに批判的な米メディアに異論続出

今回はアメリカの大手デジタルメディアが投稿した、
日本の「再軍備」の動きにスポットを当てた動画からです。

早速ですが、以下が動画の内容になります。

・日本は再軍備への一歩を踏み出した。
 2017年度の日本の軍事予算(防衛費)は過去最大となり、
 自衛隊は(火力演習で)その能力が向上していることを証明している。
 しかし、『防衛』と『攻撃』の境界線は曖昧になりつつある。


・集団的自衛権の行使を可能にする案保関連法が成立したことで、 
 安倍首相が推し進めてきた軍事化への路線変更は明白となった。
 安倍首相とその支持者達は、強力な隣国や他の脅威から自国を守るために、
 日本にはより強い軍隊が必要だと主張している。


・『いずも』は日本の新たな空母の1つである。
 しかし日本が空母を所有することは憲法で禁止されているため、
 『ヘリコプター搭載護衛艦』に分類している。
 『いずも』は従来の空母の姿に非常に良く似ているため、
  他国からは、従来の平和主義に則っていないと不満の声が上がった。
 

・ (『いずも』初代艦長 吉野一等海佐へのインタビュー)

 女性「評論家たちは、この艦にヘリ空母という言葉しか使われていない理由を、
    『空母』では憲法違反になってしまうためだと指摘しています。
    この件に関してあなたの反応をいただいてもよろしいですか?」

 海佐「戦闘機や攻撃機を出撃させる能力は持っていませんので、
    他国に脅威を与えるために造ったのではないと考えています」

 女性「米軍の空母にも搭乗したことがあるのですが、
    この艦は全く同じと言っていいくらいその空母に似ています。
    ジェット戦闘機を搭載できる空母に改修されることはないのですか?」

 海佐「お金をかけてそれなりの工事期間があれば……、
    まず国民の理解を得て、政府が承認すれば出来なくはないと思いますが、
    この船は決して攻撃空母ではありません」
 



以上になります。
「自衛隊が強化されているのは本当に防衛の為なのか」
という疑念が動画の通奏低音となっているように感じられてしまう内容ですが、
映像を観た外国人からは、日本の方針を支持する声が相次いでいました。

海外「日本とは争うな」 自衛隊基地祭のほのぼのとした光景が海外で話題に

193575048.png
[ 2018/03/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(577)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
ランダム記事
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング