FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本の背中はまだまだ遠い!」 牛乳パックに日本社会の先進性を見出す海外の人々

今回は、日本の牛乳パックにスポットを当てた記事からです。

昨年10月頃に日本でもツイッター上を中心に大きな話題になっていたのですが、
牛乳パックの開口部の反対側には、「切り欠き」と呼ばれる凹みがあります。
これは、目の不自由な方が牛乳と他の飲料(低脂肪牛乳等)との区別が出来、
また、切欠きの付いている反対側が空け口だと分かるようにする為の物です。

農林水産省が1995年に視覚障がい者を対象に行った調査では、
「飲み物容器に関する不便さ」の調査も行われているのですが、
紙パック飲料に不便さを感じるとの声が最も多く、
牛乳と他の飲料との区別を望む声も76.8%と非常に高い事が判明しました。
「切り欠き」は、その声に応える形で2001年から採用されています。

記事では、他にも駅の券売機や構内の階段の手すり、プラットホーム、
エレベーター、ATM、横断歩道の歩行者用押しボタン、
シャンプー、アルコールの缶などにも点字や目印があり、
目の不自由な方が過ごしやすい社会であることが紹介されています。

上記のように、様々な場面で目にできる細かな気遣いに、
多くの外国人が日本社会の先進性を見出していました。

海外「世界中の国の見本だ」 日本の駅で撮影されたとある光景に称賛の声が殺到

14_20180120161349957.jpg
[ 2018/01/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(256)
スポンサード リンク
検索フォーム
今月の人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事



ブログパーツ アクセスランキング