FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本みたいな国を目指そう」 仏紙『なぜ世界で日本だけが独自性を保っているのか?』

今回は、フランス最古の新聞社であるフィガロ紙が投稿した、
「なぜ日本が国際化の中で、唯一独自性を守れているのか」という記事から。

以下が記事の抄訳になりますが、コメントは記事タイトルへのアンサー、
つまり「日本が独自性を守れているのは○○だから」
というものがほとんどなので、読まなくても全く問題ありません。


・この世界の偉大なドグマであるグローバリゼーションを拒否しながら、
 世界経済の三大国家の一角に位置する国が存在する。
 そう言われて、あなたは信じる事ができるだろうか!
 しかしその国は存在する。日本だ。


・日本は2050年までに今より数千万単位で人口が減少し、
 労働者の40パーセントは退職することとなる。
 この状況ではどのOECD加盟国も、移民の受け入れ、女性への市場開放、
 労働生産性の向上など、リベラル的な対処法を受け入れるだろう。
 それでも日本は、グローバル化に抵抗しているのだ。


・移民の受け入れや女性の管理職が少ない点、労働生産性が相対的に低い点は、
 日本の文化や伝統の側面を考慮しなければいけないだろう。
 移民が増えれば国に必要なバランスや調和が崩れ、伝統を失うリスクがある。
 女性管理職を増やせば、「"主人"」と「"家内"」のバランスが崩れる。
 労働生産性は、労働者の地位向上によって解決する問題だろう。


・グローバル化に対する抵抗は、日本を不利にはしていない。
 今でも日本は世界第3位の経済大国なのだ。
 リベラルのドクサ(臆説)からすれば、これは奇跡的な事だろう。


・今世界には二つの社会モデルがあると言える。
 1つはリベラルが主張するように、多様で個人を解放した社会。
 そしてもう1つは、歴史ある文化や民族の均質性に誇りを与える、
 自分たちのアイデンティティを大事にする社会である。


・おそらく日本はこの戦いに負け、リベラル派のドクサが、
 つまりグローバリゼーションが歴史に刻まれることになるだろう。
 しかし抵抗する日本の姿は、「可能性の国」であることも証明している。
 日本は確かに、世界初のグローバリゼーションの「実験室」なのだ。



以上です。
フランスは今まさに移民問題などに直面していることもあり、
日本の社会に理想を見出すフランス人は決して少なくないようでした。

海外「日本人は世界の模範だ」 外国人ジャーナリストの日本滞在記が大反響

royal-family-greeting.jpg
[ 2017/12/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(867)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログパーツ アクセスランキング