パンドラの憂鬱



海外「日本以外じゃ絶対無理だ!」 外国人の子供達が大人なしで旅できる国、日本

今回は、フィリピンで自動車関係の番組を持つイギリス人、
ジェームス・ディーキンさんがご自身のFBに投稿した話題から。

ディーキンさんが3人のお子さんと4人で日本を旅されていた際、
用事が入り、すぐに日本から帰国せざるを得なくなったのですが、
急だった為、お子さん達の航空チケットまで取ることが出来なかったそうです。
結果ディーキンさんのお子さんたちは、3人だけで日本に残ることに。

それでも3人のお子さん達は、自分たちだけでホテルをチェックアウトし、
65キロ離れた成田まで移動し、空港でチケットを入手したそうです。

ディーキンさんはそんな日本での体験をもとに、
両親が自分の子供達を信じて旅をさせることの重要性を説いており、
コメント欄にはお子さん達の独立心を称賛する声が上がっているのですが、
その上で、「安全な日本だから可能だった」との声も相次いでいました。

海外「日本で人生観が変わった」 『日本が安全な聖域である理由』に共感の声殺到

james deakin
[ 2017/12/31 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(313)

海外「日本が1位じゃないのか」 中国人が選ぶ非友好国 オーストラリアが断トツ首位に

先日『人民日報』系列の『環球網』は、
「今年中国に対して最も非友好的だった国は?」
というアンケートをネットユーザーを対象に実施。
その結果、オーストラリアが過半数の票を得て1位になりました。

選択肢は、日本、オーストラリア、アメリカ、インド、韓国、ドイツ、ベトナム、
シンガポール、「その他」の9つで、結果は以下のようになっています。

1位 オーストラリア 8589票
2位 インド 1967票
3位 アメリカ 1572票
4位 日本 1306票
5位 韓国 566票
6位 ドイツ 112票
6位 シンガポール 112票
8位 ベトナム 110票
その他 107票



この意外な調査結果に、外国人から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「日本がトップなのは当然」 アジアでの好感度 日本が他を引き離して1位に

1_kWQGjHP5XjqKpqLabXQOuw.jpeg
[ 2017/12/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(491)

海外「日本はもう断交したほうがいい」 日韓合意破棄の可能性に世界から呆れの声

慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認した2015年の日韓合意について、
韓国外務省の作業部会は、「被害者の意見を十分に集約しなかった」、
「非公開の合意があった」などと批判する検証結果を先日発表しました。
韓国では外交文書は原則30年間非公開とされていますが、
わずか2年で交渉過程が公表されたことになります。

この調査報告を受け、韓国の文在寅大統領は、
「この合意では慰安婦問題は解決されない」とし、
今後韓国政府は日本に対して、協議のやり直し、
さらには合意の破棄を提示する可能性が伝えられています。

日本政府は当然ながら「日韓合意維持以外に選択肢はない」と抗議。
国家の信用性を大きく損なわせる韓国側の姿勢に、
外国人からも呆れの声が相次いでいました。

米国「あまりにも身勝手だ」 慰安婦像の米国での設置に現地から疑問と不満の声

cac26877.jpg
[ 2017/12/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(837)

海外「中国は日本が怖いんだよ」 護衛艦『いずも』の空母化を牽制する中国に非難の声

2019年度から始まる新たな中期防衛力整備計画に向け、
政府は海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」を、
戦闘機が発着できる空母に改修する検討に入りました。

米海兵隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Bが離着艦出来ることが念頭におかれ、
将来的には空自機も搭載、運用する構想があることも伝えられています。
(小野寺防衛相は26日に行われた記者会見で、
「具体的な検討は現在行っていない」と述べている。

この件に対し、中国の華春瑩・報道官は、
「日本が専守防衛政策を堅持し、平和的開発の道を行くことを示し続け、
 軍事の分野で慎重に行動することを強く求めている」と日本を牽制しています。

この中国側の牽制を海外メディアも報道しているのですが、
外国人の読者からは、中国の干渉に非難の声が続出。
同時に、「いずも」の空母化を支持する声も相次いでいました。

海外「まるで空母じゃないか」 海自史上最大の護衛艦『いずも』が就役

5a43ad72fc7e9318688b4569.jpg
[ 2017/12/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(369)

海外「日本人は外国人に寛容だぞ」 外国人が巫女の衣装を着るのは文化盗用なの?

兵庫県尼崎市にある尼崎えびす神社では、
昨年4月から外国人向けの巫女体験を初めており、
既に150組から申し込みがあるなど、密かな人気となっているそうです。

人気の背景には、海外でもヒットしたアニメ映画「君の名は。」があり、
ヒロインの巫女姿を見て応募をした外国人が少なくないそうです
(鳥居や狛犬など神社の歴史や、神社でのマナーも学ぶことができる)。

翻訳元ではこの件を取り上げ、外国人が巫女の姿に身を包むことは、
「文化盗用」に当たるのかどうか、という質問を読者に投げかけています。
様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「神道の儀式に興味が湧いた」 巫女舞を映した映像に外国人から感嘆の声

appropriation-e1513819764310.jpg
[ 2017/12/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(999)

海外「この行儀の良さを見てくれ!」 日本の園児と白人の赤ちゃんの交流風景に感動の声

今回ご紹介する映像は、沖縄在住のアメリカ人の方が投稿されたもので、
投稿者さんのお子さんと、日本の園児たちが触れ合う様子が紹介されています。

場所は北中城村にある「中城公園」という近年大人気の県営公園で、
アメリカ人が多く暮らす宜野湾に近いことから、
インターナショナルな雰囲気のある場所であるそうです。

「可愛い」という声が相次いでいたのはもちろんのことですが、
日本の園児たちの気遣いや行儀の素晴らしさであったり、
人種の違いを気にすることなく赤ちゃんを愛でる姿にも、
多くの外国人が大きな感動を覚えていました。

海外「日本に恋する気持ちも分かる!」 外国人夫婦が幼い娘を連れて日本を満喫

 2017-12-23
[ 2017/12/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(379)

ドイツ「俺たちも日本に続け!」 日本の難民政策にドイツの人々から羨望の声

今回は、日本の難民政策に対するドイツ人の反応です。

法務省によると、2017年1月期から6月期にかけて、
日本で難民認定を申請した外国人は8561人と過去最多を更新し、
申請をした外国人のうち、難民認定をされたのは3人でした
(申請数は前年同期の5011人から1.7倍に増加している)。

翻訳元の1つではその事実と、人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチから、
「(日本の難民受け入れは)悲惨な状態にある」と指摘されている点、
難民申請の6カ月後から認定手続きが完了するまでの間は就労が認められる点、
そして、上記の制度を悪用する申請者が増加している点が伝えられています。

欧米のサイトでは日本の難民政策に関する記事が頻繁に取り上げられ、
少なくともネット上では日本の政策を支持する声が圧倒的に多いですが、
ドイツでも、それは変わることがありませんでした。

ドイツ「日本は模範となる国」 独テレビ局が映した日本にドイツから様々な声

immigrationjapanish.jpg
[ 2017/12/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(693)

海外「日本語の文法は難解すぎる」 米国務省『世界で最も難しい言語は日本語でした』

外交官などの専門職を養成する米国務省の機関「外務職員局(FSI)」は、
英語話者にとって習得が難しい、または容易な言語を、
習得するまでに必要な時間を基準にランク付けしています。

下のマップは、そのFSIのランキングをもとに作成されたもので
(INSIDERによるとRedditユーザーが作成したそうです)、
8段階のカテゴリー(難易度)ごとに各国が色分けされています。
その中で日本(語)は、単独で最高レベルの「カテゴリーV✳︎」。
(英語話者にとって)世界一難しい言語と考えられています。

投稿には様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「なんて論理的な言語なんだ」 日本語の構造を簡易化した図が外国人に大好評

world-ranking-language-difficulties.png
[ 2017/12/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(769)

海外「日本人に恐怖を感じた」 東京大学が開発したガラスが革命的だと世界的な話題に

東京大学の相田卓三教授と学術支援専門職員の柳沢佑さんなどが、
割れても押しつけると再びくっつく特殊なガラスを開発し、
先日アメリカの学術雑誌「サイエンス」に発表しました。

ガラスは通常、割れると分子同士の結びつきが切れてしまうため、
一度溶かさないと再利用はまず難しくなっています。
そこで相田教授のグループは、新素材の「ポリエーテルチオ尿素」でガラスを作製。
割れ目同士を押し当てると、常温でも最短で30秒ほどでくっつき、
1〜6時間後には割れる前の強度を取り戻すそうです。

海外では、スマホの画面割れなどをなくす革命的なガラスと紹介され、
多くの外国人に驚きと夢を与えています。
関連記事に寄せられた反応をまとめましたので、ご覧ください。

海外「日本人って何者なんだ…」 日本発の『割れないガラス』に外国人が驚愕

 2017-12-20
[ 2017/12/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(336)

海外「ありがとう日本!」 元首相の旭日大綬章受章にニュージーランド人が大騒ぎ

先月3日、日本政府は平成29年秋の叙勲受章者を発表。
今回最高位となる旭日大綬章受章者の1人に、
元ニュージーランド首相のヘレン・クラークさんが選ばれました。

日本と国際連合開発計画(UNDP)との関係強化、
そして日本とニュージーランド間の関係強化及び友好親善に、
これまで長く寄与されてきたことが、受章の理由となっています。

今月19日に首都ウェリントンで授与式が行われているのですが、
クラークさんの旭日大綬章受章に、現地から喜びの声が相次いでいます。
寄せられたコメントをまとめましたので、ご覧ください。

海外「最高の名誉だ!」 両陛下のお振る舞いに心を奪われるシンガポールの人々

1513670239865.jpg
[ 2017/12/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(179)
スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング