FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「日本の漫画に負けたからか」 日本人を装っていたアメコミの編集長が非難の的に

つい先日、多くのスーパーヒーローを生み出して来たアメコミ出版社、
マーベル・コミックの編集長に就任することが決まったC.B.セブルスキー氏。

現在、彼が過去に「Akira Yoshida」という日本人的なペンネームを用い、
さらに「国際派の家庭で育った」「日本の出版社に勤めていた」など、
バックグラウンドまで創作して日本人を騙っていたことが、
ガーディアン紙やNBCなどで取り上げられ、大きな波紋を呼んでいます。

なぜこの件が大きな問題になっているのかと言うと、
「文化盗用」や「虚偽で本物の日本人だと思わせたこと」に対する批判の他、
セブルスキー氏が「本物のアジア人のチャンスを奪う形で、
成功への機会を掴んだ」ことに対する批判が多く出ているためです
(アジア人のアメコミ作家は少ないため、その誕生はインパクトがある)。

この炎上に対して、外国人から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本の影響は明らか」 日本のアニメの影響を受けたハリウッド映画9作

1918.jpg
[ 2017/11/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(788)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサード リンク
ランダム記事
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング