FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「俺の国じゃ絶対ありえん」 『日本人がいつも謝っている理由』に驚きの声

今回は「なぜ日本人はいつも謝っているのか?」という投稿からで、
『すみません』にスポットを当て、その理由が解説されています。

以下が要点になります。

「日本に行ったならば、きっとあなたは疑問に思うことだろう。
 なぜ日本人はいつも謝罪をしているのだろうかと。
 大げさではなく、1日に10回以上『スミマセン』を耳にするはずだ。
 しかしそれらは実際には、すべてが謝罪の表現だとは限らない。
 以下の3つのシチュエーションで使える、便利な言葉なのだ。


1. 謝罪としての『スミマセン』
 
 文字通り、『I am sorry』の意味である。
 他にも謝罪の度合いが強い表現も存在するが、
 上司や職場の仲間などに対しても用いることが出来る。

2. 『Excuse me』としての『スミマセン』

 レストランでオーダーする料理が決まり、店員を呼ぶ際に使う。
 あるいは忙しそうにしている職場の仲間に声をかける必要がある際にも、
 『邪魔をして申し訳ありません』という意味合いで用いる。

3. 感謝の気持ちとしての『スミマセン』

 奇妙に聞こえるかもしれないが、日本では一般的な表現である。
 人が自分のために何かをしてくれた際に使う。
 『私のために時間を使わせてしまって申し訳ないです』
 という意味がこの場合の『スミマセン』には込められている。
 他にも、例えば電車内で体調が悪い時に誰かが席を譲ってくれた場合、
 もちろん単に『ありがとうございます』でも十分ではあるが、
 『スミマセン』を付け加えた方が、より感謝の気持ちが伝わる。


以上のように、『スミマセン』は様々な状況で使える言葉だ。
『カジュアル過ぎず丁寧過ぎることもなく』とバランスが良く、
日本語で最も役に立つ表現の1つだろう」



以上になります。
外国人からすると、たしかに日本人の口からよく聞く言葉であるようで、
そこに日本人の礼儀正しさを見出す方が相次いでいました。

「自国もこうあって欲しい」 『日本人がNOを言わない理由』に外国人が感銘

japanese-bowing-illustration.jpg
[ 2017/11/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(294)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサード リンク
ランダム記事
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング