パンドラの憂鬱



海外「日本史上最も偉大な天皇だった」昭和天皇を特集した米メディアの映像が大反響

今回は、ヒストリーチャンネル・アジア版が投稿した、
昭和天皇の生涯にスポットを当てた投稿からです。

早速ですが、以下が要点になります
(青字部分だけでも十分かと思います)。

2発の原爆投下で日本は破壊されたが、なおも米国との戦争は続いていた。
 誰かがこの戦争を終わらせる必要があったが、
 日本国民に対して敗戦を告げることが出来たのは、
 道徳的権限を持つ昭和天皇ただ一人だった。



昭和天皇は、1926年に大正天皇が崩御された後に皇位を継いだ。
 1940年に日本は日独伊三国同盟を結び、
 壊滅的な4年間が過ぎた後、広島と長崎に原爆が投下された。
 こうして、昭和天皇のリーダーシップが問われる事となった。


戦後日本には国民に何かを伝えるリーダーが、つまり天皇が必要だった。
 それまで天皇は公共に向けては沈黙を保っていたが、
 「玉音放送」で、天皇として初めて国民に言葉を発した。



東条英機首相をはじめとする多くの軍部首脳が、
 戦後裁判にかけられ、戦犯として処刑されたが、
 様々な戦争行為に加担した組織のトップだった、
 昭和天皇は裁判にかけられることはなかった。
 権力のない象徴になってもらうことを、マッカーサーが決めたのだ。
 民主的な同盟国として日本を再建するという米国の目的において、
 昭和天皇の存在は重要だと気がついたためだ。



昭和天皇の時代は、戦後40年以上続いた。
 その間、昭和天皇は多くの出来事を目撃した。
 日本の自動車産業や家電産業の台頭、ゴジラ映画、
 日本の野球リーグの登場などである。


昭和天皇が崩御された1989年、日本は世界第2位の経済大国になっており、
 日米は敵同士ではなく、近しい友人であり、貿易パートナーになっていた。


日本が一躍世界の表舞台に躍り出て、一度は傷つき倒れ、
 再び大国として戻ってきた時代に在位していた昭和天皇は、
 天皇の歴史上、最も在位期間が長かった。
 20世紀の、激動の時代に生を受けた人だったのだ



以上になります。
昭和天皇の戦争責任について言及する声もいくつかありましたが、
ほとんどの方は戦時中の事よりもその後の復興に着目しており、
激動の時代を支えられた昭和天皇への敬意が感じられる意見も目立ちました。

海外「日本人は幸せだね!」 両陛下を写した1枚のお写真に外国人が感動

2017-11-18
[ 2017/11/18 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(486)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング