パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本が嫌いなのになぜ…?」 日本にある朝鮮学校を特集した映像に様々な声

今回は、アルジャジーラ系のメディアが配信した、
日本にある朝鮮学校にスポットを当てた映像からです。

早速ですが、以下が映像内のキャプションの日本語訳になります。

「北朝鮮が日本国内に創設した学校は現在、
 (敵意という名の)爆弾の脅威に晒されている。
 北朝鮮がミサイル発射実験を行って以来、
 朝鮮学校に向けられる敵意は、高まり続けているのだ。

 日本には現在、60以上の朝鮮学校が存在しており、
 強いコミュニティーを構成する多くの生徒たちが通っている。
 そういったコミュニティーのメンバーたちは日本で生まれたが、
 彼らは自分たちを日本人だと呼ぶことはない。
 

(都内の朝鮮学校の教頭さんのインタビュー)
『戦後、誰が初めに私たちに救いの手を差し伸べてくれたか?
 それは日本政府ではありませんでした』



在日朝鮮人総連合会は、事実上の駐日大使館の役割を務めている。
彼らの話によると、1957年以降約4億2500万ドルを、
教育資金として平壌から受け取ってきたという。

北朝鮮の現体制を必ずしも支持しているわけではないという一部の人たちも、
朝鮮語、朝鮮半島の歴史・文化を学ばせるために、
自分たちの子供を朝鮮学校に通わせている。


(生徒の親御さんのインタビュー)
『(朝鮮学校に通わせるのは)子供たちは日本人ではないからです。
 なので日本の学校ではなく、朝鮮学校に通って、
 言語や民族の精神を学んで欲しいと思っています。
 やはりそのあたりのことは一番大切なことですから』



ナショナリズムや歴史的な対立があるため、
反朝鮮半島的なレトリックや抗議活動は、日本では新しいものではない。


(アジア系外国人の弁護士さんのインタビュー)
『人々は北朝鮮を、悪魔のように非道な国だと考え始めています。
 何に対しても批判をする自由があるんだという考えが、
 すべて北朝鮮と結びつけられる風潮が日本で広がっているのです』



以上になります。

投稿には様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「そりゃあ日本に勝てない訳だ」 日本の学校教育のあり方に世界から賞賛の声

japan-north-korea-school-afp_650x400_71509785017.jpg

[ 2017/11/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(985)
スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング