パンドラの憂鬱



海外「日本人は怒ってないのに…」日本のアニメをオマージュした世界的歌姫のPVが騒動に

今月10日に発売される、テイラー・スウィフトさんの最新アルバム、
「Reputation」のオープニングトラックとなる「…Ready for It」のPVが、
先日YouTube上などで公開されました。

現在楽曲と同じくらい注目されているのがPVの内容で、
「攻殻機動隊」の実写版(「ゴースト・イン・ザ・シェル」)を、
少なからず彷彿とさせるものになっています
(実際に映像監督が「SFアニメのオマージュ」と発言している)。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」では、主人公の草薙素子を、
ハリウッド女優のスカーレット・ヨハンソンさんが演じ、
「ホワイトウォッシュ(白人以外の役柄に白人が配役される事)」だとして、
海外ネットでも大きな議論が巻き起こっていました。

そして、「…Ready for It」のPVの中のテイラーさんも、
光学迷彩スーツに身を包んだ草薙素子に似ていることから、
ここでも攻殻機動隊をホワイトウォッシュしているとして、
主にツイッター上などで批判が殺到。
海外の大手サイトBuzzFeedなどが批判の声を取り上げ、話題になっています。

各投稿には外国人からコメントが多く寄せられているのですが、
厳しくなっていくポリティカル・コレクトネスに、
嫌気をさしている人がかなり多くなって来ているようでした。

海外「日本の影響は明らか」 日本のアニメの影響を受けたハリウッド映画9作

landscape-1509089058-taylor-swift-ghost-in-the-shell.jpg
[ 2017/11/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(999)
スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング