パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「俺の国は親日家ばかりだ」親日国と反日国を特集した日本のテレビ番組が話題に

今回は、今月7日に朝日放送系列で放送された番組、
「池上彰のニュースそうだったのか!! 3時間スペシャル」、
『池上流 最新の親日・反日国家』の話題からになります。

翻訳元では、番組の要点が紹介されていましたので、その更に要点を以下に。

西欧

 仏独などほとんどのヨーロッパ諸国は親日的で、
 アニメや漫画、日本食を愛している人が多い。
 しかし地理的に遠く、文化的に違いがあることもあり、
 番組がインタビューした一般人の多くは日本の事を詳しくは知らない。

北欧

 北欧における日本の好感度は高い。
 そこには新渡戸稲造の影響があるのかもしれない。
 フィンランドとスウェーデンとの間で起こっていた、
 オーランド諸島の帰属問題を新渡戸が平和的に解決したからだ。
 
東欧

 ハンガリーと日本は驚くほど友好的な関係を築いている。
 スズキ自動車が早くから投資をしていたからだ。
 ここ数十年間、スズキは事実上ハンガリーの国民車になっている。

トルコ

 トルコと日本は、とある歴史の影響で常に友好的な関係にあった。
 1890年に日本の海上で遭難したエルトゥールル号の船員69名を、
 日本の人々が救い出し、その後トルコまで安全に送り届けたからだ。
 この記憶は、トルコの歴史の教科書を通じて今も生き続けている。

台湾

 日本に最も好意的な国は、台湾である。
 統治時代に教育の普及や一流の灌漑システムの導入など、
 様々なポジティブな政策を日本が行なっていたからである。
 そして(日本の後に来た)国民党の支配が過酷なものであった事も相まって、
 台湾人は日本時代を好意的に記憶している。

中東

 中東諸国では、テレビドラマが日本への扉となっていた。
 最も有名な例は、ドラマ「おしん」だ。
 「おしん」は80年代、イランやサウジアラビアで視聴率90%を記録した。
 このドラマの影響で日本に旅行する人は今でもなお少なくない。

東南アジア

 インドネシア人は日本にポジティブなイメージを持っている。
 オランダからの独立後、工業化に向けて日本から手助けがあったからだ。
 タイなど発展途上にある多くの国々が、日本の成功を参考にしている。
 
中国

 中国人の反日感情は、1930年代の満州への侵略や、
 尖閣諸島に関する現在の論争などが主な理由である。
 天安門事件まで対日感情は全く悪くなかったのだが、
 その後、日本を悪者にする愛国主義政策が始まった。
 一方で中国人は日本旅行が大好きで、高品質な日本製品を爆買いしている。

北朝鮮

 北朝鮮は日本が嫌いと言うよりも、日米の関係に亀裂を入れたい。

韓国

 韓国は日本に対して最もネガティブなイメージを持つ国である。
 まず日本、中国、ロシアの間で策略の道具とされ、
 その後は完全に日本に併合されることとなった。
 世論調査を信じるならば、韓国人は金正恩よりも安倍首相を嫌っている。

 
 
以上になります。
ちなみに、日本人が思う親日国トップ3は台湾、アメリカ、トルコの順で、
逆に日本人が思う反日国トップ3は、韓国、北朝鮮、中国の順でした。

この投稿に寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

海外「日本を嫌う国は中韓だけ」 アジア各国の対日感情に外国人から様々な声

2012110602_1.gif
[ 2017/10/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(868)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅


10/3 荒らし対策の為コメント投稿を一部規制しています。

管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング