パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本はアジアの救世主だった」 日本軍を歓迎するマニラ市民の姿に様々な声

1946年に独立するまで、4世紀近く植民地支配を経験したフィリピン。
1521年にマゼラン率いる艦隊が上陸して以来スペインの植民地となり、
1898年に起こった米西戦争の際に一度は独立を宣言したものの、
独立に全面協力することを約束していたアメリカによりその約束を反故にされ、
米比戦争の結果、今度はアメリカの植民地となりました。

ご紹介する写真は、1941年から1942年の「フィリピンの戦い」において、
マニラを陥落させた日本軍が、無血入城する際の様子を写したもので、
現地の人々が、日の丸を手に銀輪部隊を迎えています。

この歴史の一幕に、フィリピンから様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「これが日本人なんだよ」 フィリピンで英雄となった日本兵の物語に感動の嵐

1936329_1177125735649031_8438166016013940891_n.jpg
[ 2017/10/09 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(627)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅


10/3 荒らし対策の為コメント投稿を一部規制しています。

管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング