パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本は何を隠してるんだ」 法隆寺に眠る地球外生命体の像に外国人が衝撃

現存する世界最古の木造の塔である、法隆寺の五重塔。
その初層には、「五重塔初層安置塑像群」があり、
そのうちの80件が国宝に指定されています。

この「五重塔初層安置塑像群」の1つに涅槃の場面を表したものがあり、
釈迦の入滅を悲しむ弟子や信者の塑像が釈迦の像を取り囲んでいるのですが、
その塑像群のうちの3体が、他の像とは明らかに造形が異なっています。

1966年に発行された、「原色日本の美術〈第2巻〉法隆寺」では、
3体はそれぞれ馬頭形、鼠頭形、鳥頭形と紹介されているのですが、
なぜ法隆寺の五重塔にこの異形の塑像が安置されているのか、
そしてなぜ3体だけなのかは分かっていません。

海外サイトがこの塑像を取り上げた所、まるでエイリアンのようだと話題に。
日本以外でも造形が似ている像がいくつも発見されていることから、
その関連性を指摘する声など、様々な反応が寄せられていました。

海外「やっぱ日本人は…」 火星にある『日本の古墳』に外国人が仰天

horyujitemple.png
[ 2017/08/14 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(431)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング