パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本はまだ上を目指すのか…」 世界最速 次世代新幹線の試験車両が話題に

先日JR東日本は、次世代新幹線の開発を目指し、
新しいモデル車両「ALFA-X(アルファエックス)」を、
2019年春に導入することを発表しました。
営業運転で時速360キロに到達するのが目標で、
2030年度ごろまでの完成を目指しています。

JR東日本は「ALFA-X」について,
(1)さらなる安全性・安定性の追求
(2)快適性の追求
(3)環境性能の追求
(4)メンテナンスの革新

上記4つのコンセプトをもとに開発を進めていくそうです。

最高時速360キロを達成するには騒音をいかに減らすかが鍵となっており
(トンネル内で速度を10%上げると騒音は50%上がるとされている)、
試験車両はトンネルに入る時の空気圧を抑える技術を検証するため、
先頭車両をE5系(「はやぶさ」など)よりも鼻が長いタイプと、
同じ長さで形状が違うタイプの2種類用意するとのことです。

進化を続ける日本の新幹線に、海外から様々な声が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本にライバルなどいない」 新幹線の圧倒的な性能に外国人が衝撃

ALFAX.jpg
[ 2017/07/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(359)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング