パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



米国「あまりにも身勝手だ」 慰安婦像のアメリカでの設置に現地から疑問と不満の声

アメリカジョージア州のブルックヘブン市の公立公園に、
韓国系団体から寄贈された慰安婦像が設置され、昨日除幕式が行われました。
これで米国の公有地に慰安婦像が設置されたのは2例目となります。

在アトランタ日本総領事館や現地の日本人だけではなく、
近隣の住民からも像の設置に対して反対意見が出ていたものの、
ブルックヘブンの市議たちからは反応がありませんでした。
また、除幕式にはブルックヘブン市のアーンスト市長も参加しており、
「ブルックヘブン市は米南部で初めて慰安婦像に公に関わる都市となった。
他の都市も人身売買の問題に強い姿勢で臨んでほしい」と述べています。

アメリカ国内に慰安婦像が設置されているニュースは、
1例目も今回も現地ではそこまで大きく扱われていないのですが、
アメリカとは無関係の像が国内に建てられていることに、
疑問と不満を覚えるアメリカ人は徐々に増えているようでした。

「日本は何回謝らなきゃいけないんだ」 元慰安婦の女性が首相に謝罪を要求

news.jpg

[ 2017/07/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(918)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング