パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本のテロ対策に学べ」 G7で唯一日本がテロの標的にならない理由が話題に

今回は、日本はG7参加国という重要な立場にありながら、
なぜテロが発生しないのかという点にスポットを当てた記事から。

要点は以下になります。

「トランプ大統領は、イスラム圏6カ国からの一時入国禁止を提案した。
 これほどヒステリックな政策が米大統領から提案されたことは、
 現代ではまず見られなかったことである。

 しかし、日本では難民に関して討論になることはない。
 もともとイスラム圏からの難民は受け入れていないからだ。
 ボルトン元米国連大使も先日、FOXニュースのインタビューで、
 日本がテロの脅威に晒されていない事に以下の形で言及している。

『エジプトではコプト教徒へのイスラムテロがあった。
 先日マンチェスターで起きたテロ事件に照らし合わせて、
 どうやってテロや難民問題を解決していけばいいのかを考えている。
 今は誰しもが、ただし日本人は除いて、
 真剣にテロの現実と向き合わなくてはいけない』


イギリスは3000に及ぶテロ計画を追っており、
アメリカも過激派組織の思想に染まった人物約900人を捜査対象にしている。
しかし、日本人は平和に暮らしており、ポーランドでもテロが起きていない。
スロベニアやハンガリーでもそれは同じだ。

上記の国は、イスラム教徒の移民を受け入れていないのだ。
国連難民高等弁務官事務所は何度も日本に難民、
特にイスラム諸国からのムスリムの受け入れを勧告したが、
日本はそれらを一切受け入れていない。

2016年、日本は難民認定申請の99パーセントを却下しており、
認定をした難民のほとんどはビルマからの非イスラム教徒だった。
さらに難民たちは、数ヶ月間日本文化の訓練を受ける必要があるのだ」


以上になります。

世界の主要国でありながらテロの被害に遭うことがない日本。
それを可能にしているとする日本の移民政策に対して、
外国人から賞賛の声が多く寄せられていました。

ドイツ「この国は終わりだ」 難民政策の誤りを認めたメルケルに激怒の声

G7.jpg
[ 2017/05/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(740)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング