パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「これこそ教育の自由だ」 日本政府が『我が闘争』の教材使用を認め話題に

政府は今月14日に行われた持ち回り閣議にて、ヒトラーの自伝的著書、
「我が闘争」を教材として学校で使用することについて、
「教育基本法等の趣旨に従っていることなどの留意事項を踏まえた、
 有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる

とする答弁書を決定しました。

その上で、「仮に人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、
同法等の趣旨に合致せず、不適切であることは明らか」
とし、
そのような指導が学校で行われた場合には、
「所轄庁や設置者において厳正に対処すべきもの」としています。

なお、この答弁書は民進党の宮崎岳志議員の質問主意書に答えたもので、
「我が闘争」を「教材に使用できる」との判断を示しただけであり、
政府が教材として推奨しているわけではありません。

ツイッターなどには、国際問題にしたい方が日本にも少なからずいる様ですが、
外国人からは、日本の判断を支持する声が相次いでいました。

海外「世界こそ日本に学んでいこう」 日本人に宗教教育は必要なのか?

classroom.jpg
[ 2017/04/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(522)
スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング