パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本製だったのか!」 日本アニメ『未来少年コナン』がイタリアで再び脚光

今回は、イタリアメディアが取り上げた「未来少年コナン」の話題から。

「未来少年コナン」は、宮崎駿さんが初めて監督を務めた作品で、
1978年4月から10月にかけてNHKで放送されていました。
原作はアメリカの小説家アレグザンダー・ケイのSF小説「残された人々」。

本放送時の視聴率は平均8パーセントと振るわなかったのですが、
この作品を観たことでアニメ業界を志したクリエイターも多く、
宮崎監督も、この作品に携わった事で改めてアニメの魅力を感じたそうです。

イタリアのメディアが、1978年に日本で放送が開始された日に合わせて、
2年連続で「未来少年コナン」の"誕生日"を祝っているのですが、
多くの日本のアニメを観て育ったイタリアの読者からは、
想像以上に大きな反響が寄せられています。

コメント欄に投稿された反応を纏めましたので、ご覧ください。

海外「日本の影響は明らか」 日本のアニメの影響を受けたハリウッド映画9作

maxresdefault-33.jpg

[ 2017/04/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(739)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング