パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



インド「靖国神社に行かないと」 『日本無罪論』のパール判事がインドで脚光

今回は、極東国際軍事裁判(東京裁判)で「日本無罪論」を主張した、
インドの法学者、パール判事の話題からです。

パール判事は、東京裁判で連合国が派遣した判事の1人で、
「この裁判は方向性が予め決定づけられており、
判決ありきの茶番劇である」
として裁判自体を批判。
「『平和に対する罪と人道に対する罪』は戦勝国により作られた事後法であり、
事後法をもって裁くことは国際法に反する」
などとして、
被告人全員の無罪を主張した意見書を出しています。

日本では広く人口に膾炙されているパール判事ですが、
母国インドではほとんど知られていない存在でした。
ですが、昨年12月にNHKで4回に渡って放送されたドラマ「東京裁判」が、
今年の2月にインドのNetflixでも放送されており、
インドでもパール判事とその功績が脚光を浴びています。

関連投稿には様々な反応が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「衝撃を受けた」 『大東亜戦争の真実』に外国人から賛否両論

CZsQ5EtWQAA3X2k.jpg
[ 2017/04/02 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(422)
スポンサード リンク
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング