パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本は国で差別をしない」 儀仗隊による栄誉礼にフィリピンから感謝の嵐

ご紹介する映像は、昨年10月に来日されたフィリピンのドゥテルテ大統領が、
安倍首相との会談前に儀仗隊による栄誉礼を受けた際の様子を収めたものです。

国賓を迎えた特別儀仗は、陸上自衛隊・第302保安警務中隊で編成される、
特別儀仗隊のみが行う事ができ、「日本の顔」であるため、
高い能力の他に、容姿端麗である事が求められるとの噂もあるようです。

栄誉礼は日本では国賓等を迎えた場合には通常行なっている儀礼ですが、
「大国の日本がここまでやってくれるなんて」
といった印象を多くのフィリピン人の方々が受けたようで、
コメント欄には感謝と感動の声が殺到していました。

「日本に最大限の敬意を」 親日国フィンランドが海上自衛隊を大歓迎

102616_REY7.jpg
[ 2017/04/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(293)

米国「日本が同盟国で良かった!」 異例の日米共同訓練にアメリカ人から感動の声

今回ご紹介する映像は、昨日行われた日米共同訓練の一幕で、
海上自衛隊の護衛艦「あしがら」と「さみだれ」、
米空母「カール・ビンソン 」、ミサイル巡洋艦「レイク・シャンプレイン」、
ミサイル駆逐艦「マイケル・マーフィー」と「ウェイン・E・マイヤー」が、
沖縄県東方を巡行している様子が映し出されています。

訓練には空自のF15戦闘機、米海軍のFA18戦闘攻撃機が2機ずつ参加し、
編隊の確認や戦闘訓練なども行っています。
なお、日米が空海合同で共同訓練を行うのは異例とのことです。

アメリカ海軍がフェイスブックに投稿した前述の映像や艦艇を写した写真には、
アメリカ人から多くのコメントが寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「最高の交流じゃないか!」 自衛隊と米海兵隊による本気の雪合戦が大反響

18156164_10155248024157402_6431824458538753101_o.jpg
[ 2017/04/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(531)

海外「日本は次元が違う」 日本の都道府県の旗のデザインに海外から高い評価

今回は、各都道府県を象徴する旗のデザインへの反応です。

多くの都道府県でそれぞれの旗が制定され始めたのは、
「明治百年」など節目に当たる年の多かった60〜70年代にかけての事で、
それまでは神奈川県や愛知県など一部の自治体だけだったそうです。
現在は、1991年に長崎県が県旗を制定したことにより、
47都道府県全てに、独自の旗が存在しています
(ちなみに8県は旗と県章のデザインが異なる)。

普段の生活ではあまり意識することのない都道府県旗ですが、
外国人からは、そのデザイン性がとても高い評価を受けていました。

海外「日本の家紋カッケー!」 日本の家紋のデザインが外国人に大好評

14222211_1033681163418040_1237033868960405548_n.jpg
[ 2017/04/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(301)

海外「日本はイスラム国家だったのか?」 明治時代の女性の服装にムスリムが衝撃

今回は、御高祖頭巾(おこそずきん)を見たムスリムの方々の反応です。

御高祖頭巾は、縮緬などの四角い布にひもをつけ、
目だけを出して頭や顔を包む防寒用の頭巾で、
江戸時代中期から明治・大正にかけて主に若い女性が着用していました。
特に明治時代には何度か流行期を迎えるほど一般的なファッションで、
日本人女性の影響を受け、真似をする在留外国人女性もいたそうです。

この御高祖頭巾がムスリムの女性が着用するヘジャブに似ていることから、
海外サイトで取り上げられ、ムスリムの方々に大きな驚きを与えています。
投稿に寄せられたコメントをまとめましたので、ご覧ください。

海外「時代を超越してる!」 戦前の日本人女性のファッションに外国人が衝撃

 2017-04-251
[ 2017/04/27 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(619)

海外「とてつもない名誉だ」 佳子内親王殿下のご留学決定にリーズ市民が大興奮

先日宮内庁は、現在国際基督教大学(ICU)3年の佳子内親王殿下が、
今年9月から来年6月までイギリスのリーズ大学に留学されると発表しました。
履修科目は未定ですが、心理や美術の分野にご関心があるそうで、
そういったことを念頭に、今後検討されていく見通しです。

この報道に、リーズ大学在学・卒業生やリーズ市民からは、
興奮が伝わる喜びの声が多く寄せられていました。
その一部をご紹介しますのでご覧ください。

海外「佳子様はまさに大和撫子」 佳子内親王殿下が国際基督教大学にご入学

hihkako.png
[ 2017/04/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(363)

海外「日本の国旗を誇りに思う」 カンボジア紙幣に描かれた日の丸が話題に

カンボジアの紙幣、500リエルには、2001年に建設された「きずな橋」と、
2015年に完成した「つばさ橋」が描かれています。
どちらの橋も日本のODA(政府開発援助)で建設されたもので、
カンボジアの人々の生活に欠かせないインフラになっています。

橋という象徴的なデザインで日本とカンボジアの絆が示されているわけですが、
500リエル紙幣には、さらに日の丸まで描かれています。
一国の紙幣に他国の国旗が描かれているのは当然異例のことで、
カンボジアの日本に対する強い感謝の気持ちが伝わってくるようです。

今月になってこの500リエル紙幣が現地で大きな話題になっているのですが、
きっかけは1人のカンボジア人が、日の丸をベトナム国旗と間違え、
ベトナム国旗が描かれている事を問題視したメッセージをFBに投稿したこと。
それがメディアにも取り上げられ、ネット上で拡散され、炎上したようです
(元投稿も記事も削除されたため、詳細は不明な部分があります)。

「きずな橋」と「つばさ橋」が日本の援助で造られたこと、
あるいは日本国旗の知識は常識とも言えることであるようで、
関連投稿には非難と呆れの声が多く寄せられていました。

海外「世界よ、これが日本だ」 日本の大学が開発した仮設橋が物凄いと話題に

 2017-04-20
[ 2017/04/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(458)

海外「日本で衝撃を受けた」 日本の接客サービスのあり方に海外から称賛の声

今回は、チップの文化に関する投稿から。
早速ですが以下が要点になります。

・あなたはハンバーガーとポテトを、笑顔で運んでもらいたいだろうか?
 もし「イエス」なら料金が15%上乗せされることになるだろう。
 NYにはチップを禁止にしようとしているレストランもあるが、
 値上げで相殺することになる為、客の財布には影響しない。 


・アメリカではチップの文化が定着している。
 経済政策研究所によると、430万人のアメリカ人が、
 客の気前の良さに頼ることで、かろうじて暮らしている。
 

・従業員側はベストのサービスをすればチップを弾んでもらえ、
 実際に統計でもそのような結果が出ていることから、
 チップは良いアイデアだと考えることが出来るかもしれない。
 しかし例えベストを尽くしても、チップの増額は1〜5%程度である。

 日本のように、客がチップを払うことがなくても、
 素晴らしい接客をしてくれる国だってあるのだ。
 より良いサービスに、チップは必要ないということが分かるだろう。


・アメリカは、低賃金がチップを正当化し、チップが低賃金を正当化する、
 厄介なサイクルに巻き込まれてしまっているのが現状だ。
 今こそ、そのサイクルから脱出する時だ。



以上になります。

チップがなくとも見事なサービスを提供してくれる接客を讃える声など、
日本への言及が多く寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「誇り高い民族だ!」 日本人がチップを受け取らない理由に外国人が感銘

tipping_2017042416520161c.jpg
[ 2017/04/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(417)

海外「そりゃあ親日家が多い訳だ」 日本の車窓風景がおとぎの世界のようだと話題に

今回ご紹介する動画は、海外の旅行サイトがFBに投稿したもので、
日本の鉄道と花にスポットを当てた映像集になります。

序盤では京都・嵐電の車窓から見る「桜のトンネル」が、
中盤では南房総を走るいすみ鉄道の線路沿いに咲く菜の花が、
終盤ではまた京都に戻り、蹴上インクラインの桜が紹介されています。

鑑賞の為に線路沿いに樹々や花が植えられているのは海外では珍しいようで、
映像にはその美しさや、自然を愛でる日本人の精神性などに、
称賛の声が数多く寄せられていました。

「日本は花ですら完璧か!」 日本原産の花の美しさに衝撃を受ける外国人達

 2017-04-223

[ 2017/04/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(222)

海外「まさか皇后陛下が…」 台湾への感謝を口にされた皇后陛下に感激の声が殺到

昨日20日、天皇皇后両陛下が主催される春の園遊会が赤坂御苑で開かれ、
各界で功績を収めた、約2000人の方が出席されました。

園遊会には卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛選手も出席されており、
懇談時に天皇陛下からお住まいについてのご質問を受けた際、
福原選手は「台湾と日本を行ったり来たりの生活をしています」と返答。
「台湾」という言葉が出た直後に皇后陛下は、
「台湾もずいぶん、東日本(大震災)の時などに、
 心を寄せてくださっていたから、関係の方にお会いになったら、
 お礼をお伝えくださいね」
とおっしゃられています。

この皇后陛下のお言葉は台湾でも大きく報じられており、
関連記事には感動や感謝を伝える反応が相次いでいました。

海外「日本人は強い!!」 被災地からの『ありがとう』に外国人が感動の涙

600_phpyWhEL6.jpg
[ 2017/04/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(507)

海外「日本に恩返ししなきゃ…」 メキシコ革命に参加した日本人兵士達に感謝の声

ラテンアメリカ初の社会革命であった、メキシコ革命(1910年〜1920年)。
民主的な制度の導入、土地改革、貧富の格差の解消などを求め、
独裁的な政治を行っていたプルフィリオ・ディアスの打倒を目指したもので、
最終的に革命派が勝ち、現在のメキシコの礎が築かれることになります。

この革命には、複数の日本人移住者も革命軍として参加しているのですが、
そのうちの1人、1906年に移民としてメキシコに渡った野中金吾氏が、
メキシコのサイトで特に注目され、度々取り上げられています。

野中氏は元々、移住後に暮らしていた町の市民病院で働いており、
後の大統領フランシスコ・マデロ氏を治療した縁で、マデロ軍に入隊。
政府軍に占領されていた複数の都市の奪還・占領などに関わり、
メキシコ革命の結果を左右する活躍を見せた北部師団の、
奇兵隊第一大尉を任命されるまでになります。

革命後には、国立循環器病研究センターの設立者の1人となり、
民主化を果たしたメキシコの発展のために尽力しました。

関連投稿には多くのコメントが寄せられていましたので、一部をご紹介します。

海外「日本はアジアの英雄だった」 インドネシアの独立に尽力した日本兵たち

 2017-04-18
[ 2017/04/20 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(220)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング