パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本が日本でなくなるぞ」 日本は外国人労働者をもっと受け入れるべきなのか?

今回は、エコノミスト誌が紹介する「日本を開く」という記事からで、
楽天の三木谷浩史氏が、今後の日本経済のあり方を述べています。

三木谷氏はまず、
「日本は精密なものづくり、ワールドクラスの自動車、
 優れた家電や石油化学製品を強みに経済大国となった。
 2017年以降は、デジタルサービスの大国として、
 能力のある外国人を受け入れながら、観光、AI、ビッグデータ、
 ディープラーニング、共有経済を重視しなければいけない」

と、今後の日本経済を再構築するために必要な事柄を挙げています。

その上で、日本に来る外国人を増やしていくためには、
Wi-fiスポットを増加させることなどによるインターネットの開放、
ライドシェア(相乗り)の普及や民泊施設の増加などが必要で、
経済効果はライドシェアの普及で年間3.8兆円、
民泊施設の増加で10兆円に上る
と主張。

また、日本の潜在的な強みとして、先進的で手頃な価格の医療を挙げ、
非居住外国人に対応する新しい病院の建設の可能性を指摘。
実現すれば、より世界に対して扉を開くこととなり、
医療観光という成長産業で、日本の競争力を高めることも可能になる、
と主張されています。

記事に寄せられたコメントはほぼすべて、
「日本はより多くの外国人労働者を受け入れるべきか」について。
様々な意見がありましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本の底力を信じてる」 ビル・ゲイツ氏が予測する日本の未来が話題に

WO-AX698_JFOREI_J_20150830221722.jpeg
[ 2017/01/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(500)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング