パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「こんな国に勝てる訳ない」 終戦直後に日本が量産した電気自動車に外国人が驚愕

今回は、終戦直後に日本で製造・販売された電気自動車の話題から。

現在各自動車メーカーが開発に力を入れているものの、
日本で実際に市販されている(純)電気自動車は限られています。
しかし、1947年に創業した「たま電気自動車(プリンス自動車工業)」は、
終戦直後にもかかわらず、市販型電気自動車を開発し、
3年間で1000台以上の電気自動車を生産しました
(1950年製造の物で、最高時速55キロ、一充電走行距離200キロ)。

「たま電気自動車」が創業した頃の日本は深刻なガソリン不足で、
しかも電力に関しては供給過剰状態であったため利点があったのですが、
1950年に朝鮮戦争が勃発し、バッテリーのコストが高騰したため、
ガソリン自動車の生産に転換を余儀なくされることになります。

その後「たま電気自動車」は多くの先進技術を導入していったものの、
他メーカーとの競争に敗れ、長く経営難が続き、
最終的には1966年に日産に吸収合併される形となりましたが、
終戦直後の厳しい時代を乗り越えようと苦心して生まれた技術が、
今の「リーフ」へと繋がっているのかもしれません。

関連投稿には海外から驚きの声が殺到していました。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「長く乗るなら日本車」 車の信頼度調査で日本メーカーが上位独占

10603511_10153287139067796_4706494584865199423_n.jpeg
[ 2017/01/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(326)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング