FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「何という美しさだ」 40年前に作られた日本車の美しさに外国人が感嘆

今回は、レストア(修復)された初代のトヨタ・セリカへの反応です。

トヨタ自動車が1970年から2006年まで製造・販売していた、
量産車としては日本初のスペシャリティカーであるセリカ。
(Celicaはスペイン語で「神秘的、神々しい」という意味)。
初代につけられた、「未来の国からやってきたセリカ」というキャッチフレーズから、
トヨタの意気込みが伝わってくるようですが、設計には大変な苦労があり、
当時としては異例と言える60台近い試作車が作られたそうです。
販売価格は57万2千円(その頃の大卒初任給は約4万円)。

映像のセリカは、日系アメリカ人のブライアン・カラサワさんがレストアしたもので、
カラサワさんの憧れの車であった、そしてこれは動画の投稿者さんによる表現でしょうか、
「人々から忘れられていた」セリカを、ご自宅のガレージで一年かけて甦らせたそうです。

細かなパーツにも純正部品を使うなど、丁寧に仕上げられた一台。
その美しさに、多くの外国人から賞賛の声が寄せられていました。

youtube-Kz0A3Nl2XuM (1)
[ 2015/02/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(292)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング