パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「尋常じゃない!」 東大が開発した世界最薄の電子回路が凄まじい

東京大学とオーストリアの大学が共同で開発した世界最薄の集積回路。
この電子回路はシート状で、食品用ラップの5分の1の厚みしかなく、
重さも同じ大きさのコピー用紙の30分の1ほど。
折り曲げることも可能な上、2倍程度までなら伸ばすこともできるということです。
そういった性質上、人の体に密着させて付けることも可能で、
医療機器や健康機器などへの応用が期待されています。

今までの集積回路の概念を打ち破るかのようなこの開発に、
外国人からは驚きの声があがっていました。


超軽量設計のインパーセプティブル・プラスチック・エレクトロニクス
[ 2013/07/31 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(172)

海外「日本人を象徴してるかのよう」 国歌 君が代が外国人に大好評

今回は「君が代」と、その雅楽版への反応です。

「君が代」の歌詞は10世紀に編纂された古今和歌集に収録されている、
題知らず、詠み人知らずの短歌であることはよく知られていますが、
「君」が誰を指している言葉なのかという点が議論されることがままありますね。
いずれにしても、国の安寧を静かに言祝ぐ、実に日本的で素敵な国歌だと思います

外国人からも、「日本的」だと大好評でした。

※1ヶ月程前に作った記事なので、コメントの+の数が現時点とは違う可能性があります。

日本国国歌「君が代(Kimigayo)」+α
[ 2013/07/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(738)

海外「俺のヒーローだ!」 武蔵と小次郎の決闘に外国人がワクテカ

1612年に、宮本武蔵と佐々木小次郎が対決したことで有名な、巌流島の戦い。
山口県下関市にある無人島、巌流島(正式名称:船島)で行われたこの決闘は、
刃長約1メートルの剣、通称「物干し竿」を使用する小次郎に対して、
武蔵は舟の櫓を削って作った長い木剣で小次郎に対抗し、勝利を収めました。

決闘までの成り行きは、「小次郎が決闘を申し込んだ」「弟子同士の諍いが原因」、
小次郎の死に関しては、「武蔵の一撃で絶命」「武蔵の弟子達により打ち殺される」、
などいずれも諸説あるようですが、武蔵が打ち勝ったことはまず間違いないようです。

さて、動画は2003年に放送された、NHKの大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の最終幕。
宮本武蔵を市川海老蔵(当時新之助)さんが、
佐々木小次郎を松岡昌宏さんがそれぞれ演じてらっしゃいます。

決闘シーン自体に対する反応は正直芳しくなかったのですが、
巌流島の戦い、また武蔵と小次郎に対し、様々なコメントが寄せられていました。


A famous duel 'Miyamoto Musashi VS Sasaki Kojiro' in Japan
[ 2013/07/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(222)

海外「ありがとうホンダ」 セナの走りを再現したホンダの映像に外国人が涙

マクラーレンにエンジンを供給する形で、
2015年からF1の舞台に復帰することが決定しているホンダ。
これで80年代後半から90年代初期にかけて一世を風靡した、
マクラーレン・ホンダが復活することになりました。

そのマクラーレン・ホンダの黄金期を支えたのが、"音速の貴公子"、アイルトン・セナ。
88年、90年、91年と計3度ワールドチャンピオンの座を獲得しており、
65度のポールポジション獲得(予選最速のラップタイムで得られる)数は、
06年にシューマッハに更新されるまで、歴代1位の記録でした。

映像は、89年に鈴鹿で行われた日本GP予選でセナが当時の最速ラップを出した際の、
テレメトリーデータをもとにエンジン回転数やスロットル開度などを解析し、
コースにスピーカーとLEDライトを設置することで、セナの走りを再現したもの。

セナの魂が駆け抜けているかのような映像に、
外国人からは、感動の声が沢山寄せられていました。

リクエストありがとうございましたm(__)m
翻訳元であった映像は削除されたため、差し替えてあります。

Sound of Honda Ayrton Senna 1989
[ 2013/07/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(471)

海外「日本の文化が関係してる」 新幹線の安全神話ぶりが話題に

1964年の開業以来、約50年間死亡事故を起こしていない新幹線。

2004年、新潟県中越地震(M6.8 直下型)の際に、初めて脱線事故を起こしましたが、
その時にも、死者・負傷者共に一人も出ることがありませんでした。
フランスのメディアなどからは、「(脱線地点の)高架線が崩れなかったこと。
それ自体が新幹線の安全性を証明している」などと評価されたそうです。

速度や快適性など、新幹線の素晴らしい点はいくつもありますが、
最も評価されるべきは、この安全性なのかもしれません。

翻訳元のスレッドでは、「運用開始以来50年間重大な事故を起こしていない」。
この事実を元に、外国の皆さんがワイワイやってらっしゃいました。

shinkansenfuji.jpg
[ 2013/07/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(394)

海外「日本人に同情します」 日本のセミの鳴き声に外国人がショック

昔から俳句に多く用いられるなど、日本の夏の風物詩の1つであるセミ(の鳴き声)。
単純に煩く、余計に暑さが感じられることから疎ましく思う人も少なくないですが、
セミの鳴き声が聞こえない夏は、非常に寂しく感じられそうですよね。

日本人は言語脳(左脳)で虫の鳴き声を聴き、
反対に西洋人は雑音と同じで右脳でそれを処理することから、
鈴虫の鳴き声からも、西洋人が情緒を感じるのは珍しいことであるとか。

日本人は、多くのセミが一斉に鳴く様子からも、
「蝉しぐれ」という美しい言葉を生み出しましたが、
聞き慣れていない外国人にとっては、大きな驚きだったようです。

※すみません。季節に合わせて温めていた記事ではあったのですが、
 World Action様でも記事にされていたようです。併せてごらんください。

Noisy Japanese Monsters!
[ 2013/07/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(675)

海外「こんな光景が日本に…」 『日本のマチュピチュ』に外国人が感激

山の頂に作られ、雲海や川霧の上に浮かび上がるその姿から、
天空城、あるいは「日本のマチュピチュ」の異名を持つ竹田城(跡)。
現在の兵庫県朝来市にあったこのお城は1431年に築城されたとされ、
廃城から約400年経った今も、石垣がほぼそのままの状態で現存しています。

築城に関しては、参考となる資料が少ないため謎も多いのですが、
江戸時代に成立した古い伝承を纏めた本では、
築城主は但馬守護、山名宗全だと紹介されているようです。

雲海が発生する条件は、「よく晴れている」「朝方と日中の気温の差が大きい」
「風がない、または弱い」など複数存在し、発生しやすい時期もあるようなので、
雲に浮かぶ城の姿を見たい場合は、事前に調べていったほうが良さそうですね。

takedacastle2.jpg

takedacastle3.jpg

takedacastle.jpg
[ 2013/07/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(216)

海外「日本開催でいこうや」 東京の五輪招致PR動画が外国人に大好評

2013年9月8日(日)に決定される、2020年の五輪開催地。
東京、イスタンブール、マドリード。
この最終候補に残った3都市で開催地が争われるわけですが、
東京は安全性、資金面、コンパクトな会場をアドバンテージに、
厳しい選考レースを勝ち抜けることを目指しています。

ちなみに国際オリンピック委員会が行った最新現地調査によると、
一般市民の支持率は、東京が70%、イスタンブールが83%、
そしてマドリードが76%となっています。

動画は東京の国際招致PRフィルム。
熱のこもった映像に、外国人からは様々なコメントが寄せられていました。


東京2020国際招致PRフィルム/Tokyo 2020 International Promotion: Tomorrow begins


東京2020国際招致PRフィルム/Tokyo 2020 International Promotion
[ 2013/07/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(676)

海外「日本人に脱帽だ」 電車を押し女性を救出した乗客達に外国人感動

昨日JR南浦和駅で起きた、女性が電車とホームの隙間に挟まれてしまった事故。
ホームや車内にいた乗客や駅員約40人が協力して32トンある車両を押し隙間を広げ、
腰のあたりで挟まっていた女性を引き上げて、無事救出となりました。
JR東日本によると、この影響で京浜東北線に一時8分の遅れが出たそうです。
女性はすぐに救急車で病院に運ばれましたが、幸い怪我等はありませんでした。

この報道は英紙ガーディアンやNYタイムズなど、
多くの海外紙でも取り上げられるなど、海外でも話題になっており、
記事を読んだ外国人からは、様々なコメントが寄せられていました。


https://www.youtube.com/watch?v=EenZDQfMAmo
[ 2013/07/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(553)

海外「凄すぎて笑うしかない」 超絶技術の日本人シェフに外国人驚愕

綺麗に完成させるのは一筋縄ではいかないオムライス。
そんなオムライスを凄まじい早さで作ってしまうシェフが、
海外のサイトなどで話題になっています。

撮影されているお店は「横濱 たちばな亭」の横浜赤レンガ倉庫店。
動画のシェフさんがその方かは確認できなかったのですが、
横濱たちばな亭には、現在までに20万食を製造している
「オムライスのカリスマ」と呼ばれるシェフもいるそうです。

巧みで手際の良い調理に、外国人からは驚きの声が寄せられていました。


Preparing omurice with style
[ 2013/07/22 23:00 ] 料理 | TB(0) | CM(270)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング