FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本が世界の勢力図を変えた」 快進撃を続けるラグビー日本代表に世界から称賛の声

ラグビーワールドカップ日本大会は13日、1次リーグA組最終戦で、
決勝トーナメント進出をかけ、日本がスコットランドと対戦しました。
日本は過去スコットランドに1勝10敗と大きく負け越しており、
W杯では3戦全敗、勝利したのは1989年に行われた一戦のみでしたが、
今回28ー21で勝利し、予選4連勝で史上初の8強入りを決めています。

快進撃を続ける日本代表に、外国人からは称賛の声が殺到。
ラグビーW杯の歴史に残る好ゲームとの声が相次ぎ、
またアジアの人々からは、「アジアの誇り」との声も散見されます。
海外の反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本代表にふさわしい!」 ミスコン日本代表の先祖が凄すぎると海外で話題に

375038066.jpg
[ 2019/10/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(174)

海外「源氏物語はスケールが違う」 源氏物語が『世界最古の小説』か否かで外国人が論争

源氏物語の現存する最古の写本で、藤原定家が校訂した「青表紙本」のうち、
物語の重要場面の1つである「若紫」1帖が今月8日、
都内の旧大名家のご子孫のご自宅で発見されました。
54帖からなる物語のうち、定家の写本が確認されていたのは、
「花散里」「行幸」「柏木」「早蕨」の4帖のみで、
新たな帖の発見は、約80年ぶりのことになるそうです。

現在一般的に紹介されている源氏物語は、
定家の「青表紙本」を書き写した大島本がもとになっており、
今回の発見により、より詳細な研究ができる事になります。

この件を海外の大手メディアもこぞって取り上げているのですが、
英ガーディアン紙やCNNが「世界最古の小説 」と紹介している事から、
コメント欄では源氏物語が「世界最古」か否かで議論がなされています。
様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「千年前にこんな小説が…」 『源氏物語』に圧倒される外国人が続出

3774767457.jpg
[ 2019/10/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(519)

海外「ひらがなは偉大だ!」 NHKが在日外国人に発信した台風情報に称賛の声が殺到

現在も速度を進めながら北上を続けている台風19号。
東海や関東への上陸前から各メディアが注意喚起をしていましたが、
多くの日本在住の外国人が情報源にしているNHKは、
公式ツイッターで以下のような情報を発信しました。

「【がいこくじん の みなさんへ】
 たいふう19ごう が 12にち~13にち に
  にしにほん~きたにほんの ちかくに きそうです。
 たいふう19ごう は おおきくて とても つよいです。
  き を つけて ください。」

このひらがなだけの簡易な文章には、
「外国人をバカにしている」「逆に読みづらい」などの批判が、
一部のツイッターユーザーから寄せられていました。

今回の翻訳元では、そういった批判の声が取り上げられているのですが、
外国人からは、NHKの対応に称賛と感謝の声が寄せられています。
日本人からすると若干読みにくい全文ひらがなの文章も、
多くの外国人にとっては、非常にありがたいものであるようでした。

「日本語ヤバすぎだろ…」 日本語の異常な難易度が分かる文章に外国人が衝撃

357537373.jpg
[ 2019/10/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(516)

海外「俺だって日本を選ぶ!」 日本国籍を選択した大坂なおみ選手に米黒人社会も納得

日米両国の国籍を持つ女子テニスの大坂なおみ選手(21)が、
日本国籍を選択する手続きを行った事が10日、明らかになりました。

大坂選手は父がハイチ出身、母が日本人で、大阪生まれ。
幼少からアメリカを拠点としており、日本と米国の国籍を持っています。
日本の国籍法では、2つの国籍を所有している場合、
22歳に達するまでにいずれかの国籍を選択する必要があるため、
誕生日を今月16日に迎えるのを前に、届け出を済ませたそうです。

大坂選手はメディアに対して、
「日本代表として東京オリンピックを目指すのは格別な思いです」
と語っていらっしゃいます。

米大手メディアの記事には、大坂選手の決断を支持する声が続出。
多くのアメリカ人、特に黒人の方々が、今の米国で米国籍を取得するよりも、
日本人として生きる方がプラスになると考えているようでした。

海外「さすが日本人だ」 大坂なおみ選手の振る舞いに世界から感動と賞賛の声

573586846.jpg
[ 2019/10/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(418)

中国「本当に恐ろしい民族だ」 日本人のノーベル賞受賞ラッシュに中国人が衝撃

スウェーデンの王立科学アカデミーは9日、今年のノーベル化学賞を、
旭化成名誉フェロー・名城大学大学院教授の吉野彰さん、
ニューヨーク州立大学のマイケル・スタンリー・ウィッティンガム教授、
テキサス大学のジョン・グッドイナフ教授に授与すると発表しました。

三氏はスマートフォンや電気自動車(EV)に搭載する、
リチウムイオン電池の開発で主導的な役割を果たしており、
世界中の人々の生活に大きな変化をもたらし、
IT産業などの発展に貢献した業績が評価されての受賞になります。

2001年以降の自然科学分野の日本人ノーベル賞受賞者は、
吉野さんの受賞決定によって18人となり、世界第2位。
基礎科学から応用工学まで、幅広い分野で底力を示しています。

今回のノーベル化学賞は三氏同時受賞なので、
世界的には誰か1人に注目が集まっていることはありませんが、
中国では、やはり隣国であるためか、話題は「日本」に集中。
毎年のように受賞する日本に対し、多くの方が畏敬の念を抱いていました。

海外「あんな小さな国なのに…」 国際機関選出 世界を変えた日本の発明5選

35746846845.jpg
[ 2019/10/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(634)

海外「二度と日本を裏切るな」 日本との新高速鉄道計画締結にインドネシアから歓喜の声

インドネシアの首都・ジャワ島のジャカルタと、
第二の都市スラバヤ間の鉄道を準高速化する計画について、
日本とインドネシア両政府が建設方式で先日合意し、
ジャカルタで政府間文書に署名を行いました。
総事業費は4600億円にのぼる見込みとなっており、
今後円借款を含む支援の枠組みが協議されていきます。

計画では、ジャカルタ―スラバヤ間(総延長720キロ)のうち、
ジャカルタからスマラン間(440キロ)に特急用の線路を追加し、
スマランからスラバヤ間(280キロ)は既存線路を改良する方針。
完成すれば、所要時間を半分の5時間半に短縮出来る事になります。

日本が優勢と見られていたものの最終的に中国が受注した、
ジャカルタとバンドンを結ぶインドネシア初の高速鉄道は、
開業年度が19年から24年に延びるなど様々な問題があった事から、
今回日本に決まった事に対し、現地から喜びの声が続出していました。

「日本を選んでおけば…」 中国製高速鉄道の高すぎるリスクに怒りの声

3573688468.jpg
[ 2019/10/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(605)

海外「やっぱ日本は最高だ!」 安倍総理と麻生副総理からのメッセージが台湾で大反響

中華民国(台湾)の建国記念日を祝うレセプションが4日、
台北駐大阪経済文化弁事処(総領事館に相当)福岡分処の主催で開かれ、
九州地方などに暮らす日本人や華僑の方々約650人が参加しました。

式典には安倍総理と麻生副総理からも祝福メッセージが寄せられたのですが、
その内容が、台湾を国として認めているものだとして、
現在台湾や香港で非常に大きな反響を呼んでいます。

安倍総理は「中華民国」と明記し、麻生副総理はさらに踏み込み、
両国の友好がさらに深まりますよう(以下略)」と、
台湾が国であることをはっきりと示しました。

関連投稿には台湾の人々から喜びと感謝の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「相変わらずお洒落!」 安倍総理と麻生副総理のツーショット写真が大好評

35746846.png
[ 2019/10/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(436)

海外「世界で最も格式高い式典だから…」 天皇陛下即位礼への参列を切望する比大統領が話題に

今月22日に宮中で行われる「即位礼正殿の儀」。
儀式には200近い外国の元首・祝賀使節が参列し、
現時点では英チャールズ皇太子などの参列が公表されています。

各国大統領など首脳級の参加は国内外の状況次第で流動的になりがちですが、
フィリピンのドゥテルテ大統領は、ASEAN関連首脳会議など、
公務が過密であるため当初は参列出来ない見通しであったものの、
昨日に行われた記者会見では「当然参列すべきだと考えている」と、
強い表現で式典参列の意向を表明しました。

ドゥテルテ大統領は2016年の初来日前に行われたインタビューで、
上皇陛下との会見の際に何を伝えたいかと問われると、
「畏れ多くて言葉が出ないかもしれません。
 神のような存在として尊敬いたしております」
と答えるなど、皇室に深い敬愛の念を抱いていらっしゃいます。
今回も何とか参列出来るよう調整に動いてくださっているのも、
そのような敬意の念があるからこそだと考えられます。

大統領のこの表明を現地の大手メディアがこぞって報道しており、
フィリピンの人々から非常に大きな反響が寄せられています。
反応の一部をご紹介しますので、ごらんください。

「鳥肌が止まらない…」天皇皇后両陛下と比大統領のご会見にフィリピン人が歓喜

357357674.jpg
[ 2019/10/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(279)

海外「また日本人がノーベル賞を獲るのか」 日本の科学者が開発した人工血液に外国人が衝撃

防衛医科大学校や早稲田大学などのグループが先日、
人工血液を開発し動物実験で成功したことを、
アメリカの輸血学誌上で発表しました。

グループが開発した血液は人工の血小板と赤血球からなり、
細胞膜成分で作られた袋に止血成分などが詰められています。
出血により重篤な状態にあるウサギで試したところ、
本物の血液を輸血した場合と同程度となる、
10羽中6羽が助かり、副作用も見られなかったそうです。

血液型を問わず誰にでも使うことが出来、1年以上保存出来るため、
事故現場や離島での救命率を上げることが期待されています。

この夢のような開発に、海外科学サイトなどには、
外国人から称賛と驚きの声が相次いで寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本人って何者なんだ…」 日本発の『割れないガラス』に外国人が驚愕

73735735.jpg
[ 2019/10/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(517)

海外「本物の親日家だった!」 シラク元大統領の日本への愛が尋常じゃないと現地で話題に

9月26日に86歳で死去したフランスの第22代大統領、
ジャック・シラク氏の国葬が同月30日、パリの教会で行われ、
同時代を担ったクリントン元米大統領やプーチン大統領など、
世界各国の首脳級が参列しました。

シラク元大統領は大の親日家・知日家として知られ、
公私を含めた来日回数は50回近くに上るとされています。
特に大きな関心を寄せていたのは大相撲で、
本場所中は中入り後の全ての力士の成績を東京の外交官に報告させ、
衛星通信が発達すると、エリゼ宮で取り組みを観戦していました
(飼い犬の名前は「スモウ」。お気に入りの力士は貴乃花。夫人は曙)。

また、縄文土器にも造詣が深く、パリで開催された展覧会を訪れた際には、
縄文土器が作られた時代(前期・中期など)も言い当てたそうです。

シラク元大統領の親日エピソードは挙げるとキリがありませんが、
その親日ぶりは母国フランスでも有名で、
AFP通信やパリジャンなど多くのフランスメディアが、
追悼記事で大の親日家であったことに触れています。

関連記事には、大統領が日本を深く愛していたという事実に対し、
フランス人から様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「俺の国は親日家ばかりだ」親日国と反日国を特集した日本のテレビ番組が話題に

35735378358.jpg
[ 2019/10/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(304)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
ランダム記事
スポンサード リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




ブログパーツ アクセスランキング