fc2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本が生んだ最高傑作」 アメリカ全土を席巻する日本のお菓子の存在が話題に

森永製菓が製造・販売しているチューイングキャンディ「ハイチュウ」。
1975年の発売から今までに130を超えるフルーツ味の製品を販売し、
国内外で非常に大きな人気を獲得しています
(先代商品の「チューレット」は1956年発売)。

現在では世界20カ国以上に流通しているのですが、
特にアメリカでは年間7億個が消費される大ヒット商品に。
米「ビジネスインサイダー」系列の「フードインサイダー」が、
「いかにしてハイチュウは全米を制圧したのか?」
というテーマの動画を何度か投稿しており、
再生数が600万回に迫るなど、大きな反響を呼んでいます。

動画はまず、元々西海岸やハワイのアジア系スーパーでは人気で、
さらにテスト販売を行ったところ、売り上げが好調だったため、
2008年に「米国森永製菓」を設立して本格的に売り出した事を紹介。

そしてある日ボストン・レッドソックスの選手が、
他の選手達に配るためダグアウト(ベンチ)に置いたところ、
たちまち選手たちはハイチュウに夢中に。
近くの店舗の棚からハイチュウが消えてしまう事態となり、
チームが森永に商品の提供を働きかけたほどだったそうです。
その波がニューヨーク・ヤンキースなど他のチームにも波及し、
やがては米全土で人気を獲得していくことになります。

日本のみならずアメリカでも愛される存在となったハイチュウ。
米国人から様々な反応が寄せられていましたので、一部をご紹介します。

「何なんだこの食べ物は!」 日本独自のお菓子が独創的すぎると世界的な話題に

374574.png
[ 2022/01/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本との差に泣けてきた」 日本の雑誌の特殊性に世界中の女性から羨望の声

日本では2000年代に入ってから急激に増え始め、
今では一般的となった付録付きの雑誌。
女性誌ではバッグやポーチ、ファッション雑貨などが主流で、
中には有名ブランドのグッズもあるなど、
おまけとは思えないほど豪華な付録も存在しています。

今回の翻訳元では、コンビニの雑誌売り場にある、
付録付き雑誌が複数紹介されているのですが、
海外ではあり得ない光景に驚きの声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ご覧ください。

「日本こそ中華文化の継承者だ」 日本の出版社の60年に及ぶ大事業に中国人が感嘆

84.png
[ 2022/01/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本の楽器だったのか…」 日本の『大正琴』がインドで魔改造され独自進化を遂げていた

木製の中空の胴に最大12本ほどの金属弦を張り、
ピアノの様な鍵盤(キー)を左手で押さえながら、
右手のピックで弾いて演奏する弦楽器である「大正琴」。

その名の通り大正元年(1912年)に、
名古屋にある森田屋旅館の森田吾郎が、
二弦琴をもとにタイプライターのキーにヒントを得て発明。
家庭用楽器として、日本国内で流行しました。
現在ではアンプを通して音を増幅出来る電気大正琴や、
弦の音に電気オルガンの音を加えた昭和琴など、
様々なバリエーションが誕生しています。

そして、大正琴は南アジアや東南アジアにも輸出され普及。
特にインドでは「バンジョー」という名で知られ、
共鳴弦が張られているなど、独自の進化を遂げ、
ライブなどでは一般的な楽器になっています。
また、2016年には「バンジョー」という題の映画も公開されており、
ギターのような肩掛けスタイルでの演奏も話題となりました。

関連投稿には、様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ご覧ください。

「まさか天皇陛下が…」 英音楽誌の天皇陛下特集に世界中のヴィオラ奏者が歓喜

34634_2022012412270706b.png
[ 2022/01/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本がこんなに巨大だったとは…」 日本の国土の想像以上の大きさに外国人が衝撃

島国であり、近くに中国・ロシア・豪州などがある事もあり、
相対的に「小さな国」というイメージを、
海外の人々から抱かれる事が少なくない日本。

日本の国土面積は約37万8000平方kmで、
世界の面積の中で日本が占める割合はわずか0.28%と、
実際に大きな国というわけではないのですが、
それでも世界では60位くらい(海外領土の関係などで変わる)と、
イメージのような小さい国というわけでもありません
(なお、本州は島として世界第7位の大きさ)。

今回の翻訳元では、日本の大きさがよく分かる比較として、
ヨーロッパの上に日本の国土が重ねられています。
コメント欄には各国から驚きの声が殺到していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本の形は龍みたいだ」 宇宙から撮影された夜の日本列島が美しい

36353.jpeg
[ 2022/01/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「こんな会社で働きたいw」 日本のとある警備会社の雰囲気に世界中から絶賛の声

今回は、日本のネット上のみならず、世界的に話題を呼んでいる、
東京新宿区の警備会社、「大京警備保障株式会社」の投稿から。

「大京警備保障」は、列車見張・交通誘導警備等の警備業を、
首都圏を中心に展開している警備会社さんで、
SNSの公式アカウントでは様々な投稿を行なっているのですが、
特に人気を博しているのが、代表取締役社長(CEO)へのイタズラ。

CEO室で仕事を行う社長のもとに突然押しかけた部下である課長が、
アニメキャラの目が描かれた冷却シートを社長のメガネに投げつけ、
人気キャラに無理やり変身させていくというもので、
動画の1つは660万いいねを獲得するほどの人気となっています。

投稿には、世界中から「こんな会社で働きたい」との声が。
大絶賛されていましたので、反応の一部をご紹介します。

「天皇の警備がこんなに薄いとは…」 日本の皇室の在り方にタイから羨望の声

4373573.png
[ 2022/01/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本には感謝しかない!」 日本の迅速な支援に火山被害のトンガから感謝の声が殺到

海底火山の大規模な噴火と津波により大きな被害を受けた、
南太平洋の島国・トンガを支援するため、
磯崎官房副長官は19日の記者会見で、
100万ドル(約1億1400万円)以上の緊急無償資金援助と、
緊急援助物資として飲料水や火山灰の撤去用具などを、
トンガ政府に提供する事で調整していると発表しました。

すでに飲料水を載せた航空自衛隊のC130輸送機2機が、
派遣部隊が拠点を置くオーストラリアに向けて出発。
海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」も近くトンガに向かう予定で、
火山灰を除去するための高圧洗浄機やリヤカーなどの他、
陸上自衛隊のCH47輸送ヘリコプター2機を搭載し、
現地での活動に用いられる予定となっています。
なお派遣隊員は全体で300人程度。

日本で東日本大震災が発生した際には、
トンガ政府は20万パアンガ(約900万円)の寄付のほか、
被災者支援のため里芋やカボチャを提供。
また現地の小学校では、被害に心を痛めた小学生が募金活動を開始し、
子供たち自身も、日本の復興のためにコインを提供してくれたそうです。

日本からの支援を伝える駐日トンガ王国大使館の投稿には、
トンガ出身の人々から感謝の声が、文字通り殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は本当に最高だ!」 アフガンの子供達を笑顔にする日本の支援に感動の声

4673573573.jpeg
[ 2022/01/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「これは日本の勝ちだ!」 日本とフランスの定番卵料理対決が8000万回再生を突破

今回は登録者数1億人を超える料理サイト、
「Tasty」が過去にも何度か投稿している動画からで、
日本の一般的な家庭料理である卵焼きと、
フランスの定番卵料理オムレツが「対決」と称して紹介されています。

過去に投稿された動画は再生数8200万回を突破し、
先週投稿された動画も数日で500万回を超えているなど大反響。
なお、動画の説明部では、
「2つのスタイルのオムレツ。特に日本の物は super cool!」と、
少なくとも「Tasty」は日本の方に軍配を上げています。

動画にはコメントも世界中から殺到していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「何なんだこの色は!」 日本の一般的な卵の黄身の色に外国人が衝撃

34584.png
[ 2022/01/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「こんな民族は他にいない」 壊滅的被害を受けた神戸の現在の姿に驚嘆の声

神戸市などを中心に広い地域に甚大な被害を及ぼした、
阪神・淡路大震災から、17日で27年目を迎えました。
この震災を経験していない世代が増える中で、
当時の記憶や教訓を伝えるため、17日は各地で、
体験の語り継ぎや学校での避難訓練などが行われました。

今回の翻訳元では、壊滅的な状況から復興を果たした、
現在の神戸の街の姿が、比較写真を交えて紹介されており、
外国人に大きな驚きと感銘を与えています。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本人は本当に特殊だ」 なぜ日本人はあんなにも災害に強いのだろうか?

111_2022011912214460c.png
[ 2022/01/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本を甘く見るなよ」 台韓が1人当たりGDPで日本超えとの報道に台湾から様々な声

公益社団法人の日本経済研究センター(JCER)は先日、
個人の豊かさを示す1人あたり名目国内総生産(GDP)で、
2027年に韓国が、28年に台湾が日本を上回るとの試算を公表しました。
韓国が今後毎年6%、台湾が8.4%上昇する見込みであるのに対し、
日本は2%に留まる事から、逆転が起きるだろうとしています。
なお、2020年時点で日本の1人当たり名目GDPは、
韓国を25%、台湾を42%それぞれ上回っています。

この件を、今週に入って台湾メディアが続々と報道。
6年後に日台の逆転が起こるという事になりますが、
多くの台湾の人々は実情に即していないと感じたようで、
非常に冷静な声が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

中国「だから日本は恐ろしい」 日本企業の底力の凄さを示すデータに中国人が衝撃

5473.png
[ 2022/01/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)

海外「日本人は全く怒ってないぞ」『日本文化の盗用』と非難された外国人女性に擁護の声

元々は「コスチューム・プレイ」を語源とする和製英語ながら、
現在では世界中で通用する単語となった「コスプレ」。
単なる言葉だけの普及だけではなく、
実際にコスプレを楽しむ人々も世界中におり、
世界のコスプレ市場は4000億円程度と推定されています。

米国人の学生コスプレイヤー・リオスさんもその1人なのですが、
日本のアニメキャラのコスプレ写真をTikTokに投稿していたところ、
「日本文化を盗用してる」との批判が寄せられ、
結果としてアカウント削除となってしまいました。
なお、リオスさんが最もショックを受けたのは、
「日本人を傷つけたと非難された時」だったそうで、
その上で、「キャラクターを愛しているだけであって、
誰かを傷つける意図はありません」と語っていらっしゃいます。

この件を伝える投稿には、リオスさんを擁護する声が殺到。
寄せられた反応の一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本に来て差別から解放された」 日本で暮らす黒人の人々の本音が黒人社会で話題に

4367357.jpeg
[ 2022/01/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(-)



ブログパーツ アクセスランキング