パンドラの憂鬱



海外「これは観るしかない!」日本人が演じるキリストとブッダのクオリティーの高さが話題に

2018年秋に「ピッコマTV」で配信予定のドラマ「聖☆おにいさん」。
そのポスタービジュアルとVR映像が公開され、海外でも話題になっています。

製作総指揮を俳優の山田孝之さんが、監督を福田雄一さんが務め、
東京・立川のアパートで暮らし、下界をバカンスするイエスとブッダを、
それぞれ松山ケンイチさんと染谷将太さんが演じていらっしゃいます。

VR動画に関しては、即興アドリブで撮影されているとの事なので、
本編の雰囲気とは異なる、あくまでも参考程度の物ということかと思いますが、
少なくともビジュアルに関しては外国人から高い評価を獲得しており、
実写ドラマに期待する声も多く寄せられていました。

「日本人は外国の神も信仰するのか」 日本に根付くヒンドゥー教の神々に驚きの声

130385028.png
[ 2018/06/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(120)

海外「日本の凄さを思い知った!」地震で陥没した大阪の道路がもう復旧してると話題に

今月18日に大阪府北部で発生した震度6弱の大地震。
犠牲者は大阪府で5人、負傷者は7府県で399人にのぼっています。
インフラ面では、電気と水道はほぼ全面復旧していますが、
ガスは地中のガス管が破損している危険性があり、
各家庭を訪問しての点検が必要なため復旧が遅れ、
現在も茨木市や高槻市を中心に、多くの家庭でガスが止まっている状態です
(大阪ガスは25日の完全復旧を目指している)。

インフラの復旧作業が急ピッチで進められている中、
海外で大きな話題になっているのが高槻市内で撮影された下の写真で、
地震で大きく陥没してしまった道路と、その復旧後の姿が、
上下に並べられて紹介されています。

上側の写真は18日に、下側の写真は19日に撮影されたもので、
つまりたった1日でほぼ元どおりの状態に戻った事になります。
相変わらずと言える日本の道路の復旧の早さに、
外国人から驚きの声が相次いでいましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本、この化け物国家よ…」 日本の道路工事の速さが尋常じゃないと話題に

232464068.jpg
[ 2018/06/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(421)

海外「これこそ本物の愛国心だ」 日本人サポーター達が取った行動に世界から賞賛の声

19日に行われたワールドカップ・ロシア大会の初戦で、
コロンビアを2ー1で下し、世界に驚きを与えた日本代表ですが、
試合後のスタジアムでは、日本のサポーターがゴミ拾いを行っており、
その様子をBBCやCNNなど世界中のメディアが取り上げ、
大変大きな反響を呼んでいます。

日本人サポーターが国外のスタジアムなどでゴミ拾いをする様子は、
リオデジャネイロ五輪の際などこれまでにも見られましたが、
多くの外国人にとっては非常に新鮮な光景であったようで、
日本人の国民性などに対して、賞賛の声が殺到していました。

海外「これが大国の風格だ」 川崎Fサポーターが掲げた横断幕に香港人が大感動

192479.jpg
[ 2018/06/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(585)

海外「日本が世界を驚愕させた!」 日本代表の大金星に世界中から驚きと賞賛の声

サッカーワールドカップ・ロシア大会グループHの日本は昨日、
モルドビア・アリーナで行われた初戦でコロンビアと対戦しました。

日本は開始早々にPKを獲得すると、香川真司選手が冷静に決めて先制に成功。
1点リードに加え、相手選手の退場で数的優位となった日本でしたが、
39分に相手のフリーキックにより失点し、同点で前半を終えます。

後半は日本が押し込むも、なかなかゴールが生まれない展開が続きましたが、
それでも28分、積極的な攻めから左コーナーキックを得ると、
本田圭佑選手が上げたクロスを大迫勇也選手がヘディングで叩き込み、決勝点。
強豪コロンビア相手に、2ー1で勝利を挙げています。

コロンビアの勝利を予想する声が多かった中で勝ち取った日本代表の勝利に、
世界中から驚きと賞賛の声が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「こんな国他にないよ」 日本のおもてなしに海外サッカーファンが大感激

123058023.jpg
[ 2018/06/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(371)

中国「日本の耐震技術凄すぎ!」 大地震が起きても建物被害が少ない日本に驚きの声

昨日午前7時58分ごろ、大阪府北部を震源として、
最大震度6弱、マグニチュード6.1の大地震が発生し、
大阪府内で4人の犠牲者と、400人近い負傷者が確認されています。
また、建物の被害は一部損壊が大阪府で265件、
京都府で64件、奈良県で3件、兵庫県で2件起きており、
現在も1000人以上の方が避難所で過ごしていらっしゃいます。

気象庁は、今後1週間は最大震度6弱程度の余震、
また明日には大雨になる予報であることから、
土砂災害の発生に注意を払うことを呼びかけています。

今回の大地震は、地震が少なくない中国でも大きく報じられているのですが、
震度6弱の大地震にも関わらず建物の被害が少なかったことが、
多くの中国の人々に驚きを与えています。
関連記事に寄せられたコメントをまとめましたので、ご覧ください。

「日本に街の再建を頼みたい!」 地震頻発のイタリアで日本の耐震技術が話題に

13519385.jpg
[ 2018/06/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(517)

海外「日本はレベルが違うわ」 東京の列車本数の凄まじさが一目で分かる動画が話題に

今回ご紹介する映像は、badgerさんがYouTubeで公開されているもので、
ラッシュ時における山手線、埼京線、京浜東北線、湘南新宿ライン、
りんかい線の運行略図が、1分単位で紹介されています。

動画は午前4時20分の運行状況からスタート。
4時台はまだ朝早くということもあり電車の数はまばらながら、
5時を過ぎると徐々に増え始め、6時半を回るとかなり活発に。
以後も増加は止まらず、ピークとなる8時〜9時には、
ほとんどスペースがないような状態になっています。

言うまでもなく、東京にはさらに地下鉄や私鉄なども走っているわけですが、
一部だけでも既に多くの外国人にとっては理解を超えた領域だったようでした。

海外「理解を超えた数だ」 乗降客数世界TOP50 日本の駅がほぼ独占

1918058.png
[ 2018/06/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(286)

海外「なんて寛容な社会なんだ」とある日本のバス運転士の姿に海外から感動の声

昨年10月、日本初の耳に障がいを抱えるろう者のバス運転士として、
松山建也さん(当時24歳)が東京バス株式会社に入社し、
12月には羽田空港リムジンバスの運転士として路線デビューされました。

2016年の4月に運転免許制度が改正され、ろう者でも補聴器を付け、
一定の音が聞こえれば第二種運転免許の取得が可能に。
松山さんは「感音性難聴」という障がいを抱えており、
車のエンジン音や救急車のサイレンなどは聞こえますが、
会話の内容についてははっきりと聞こえにくい部分があり、
松山さんが運転する際には、車掌の方が乗務を支えていらっしゃいます。

松山さんによると、バスの運転士がろう者である事に、
不安を覚えるという乗客も少なからずいるそうですが、
ほとんどの乗客からの反応はポジティブなものであるそうで、
実際に翻訳元の動画の後半では、乗客の方のポジティブな声が紹介されています。

バスの運転士という小学生の頃からの夢を自らの努力で叶えた松山さんと、
法改正によってその背中を押した日本の社会に対して、
外国人から多くの賞賛の声が寄せられていました。

海外「日本の運転士は格好いいな!」 日本の電車運転士の仕事ぶりに外国人が感銘

1491759.png
[ 2018/06/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(255)

海外「日本語ほど論理的な言語はない」 世界各国の数の数え方の違いが面白いと話題に

今回は、英語、ドイツ語、そしてフランス語での数の数え方を比較した画像からで、
サブタイトルでは、加えて日本語も紹介されています。

ここでは「97」の数え方が例として取り上げられているのですが、
日本語は「9×10+7」、英語は「90+7」、ドイツ語は「7+90」、
そしてフランス語は「4×20+10+7」と、1つだけ大きな違いが。

上記のようにフランス語の数え方が難解なのは有名な話ですが、
現在のような十進法と二十進法とが組み合わさった形になったのは17世紀頃。
二十進法を持っていたガリア人のガリア語などの影響が残る中で、
十進法が入ってきたことが、その理由の1つとして挙げられるそうです。

各言語の数え方に対し、外国人から様々な意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますのでご覧ください。

海外「なんて論理的な言語なんだ」 日本語の構造を簡易化した図が外国人に大好評

35080240_10157767584171840_5498648274594168832_n.jpg
[ 2018/06/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(444)

海外「日本の事は賞賛してるぞ」 アインシュタインのアジア観が差別的だと論争に

特殊相対性理論や一般相対性理論の提唱など数多くの業績を残し、
「20世紀最高の物理学者」と称されるアルベルト・アインシュタイン博士。
博士は1920年代に日本を含めたアジア諸国を旅行しているのですが、
各国滞在中に感じた事を記した日記が先日英語圏で発売され、
その内容が差別的ではないかと論争を呼んでいます。

当時セイロンと呼ばれていたスリランカに関しては、
「非常に汚く、酷い悪臭が漂う路上で暮らしている」と記し、
中国に関しては「勤勉ではあるが、不潔で愚鈍な人々である」とした上で、
「もし中国人が他の全ての人種に取って代わるような事になれば、
 それは残念なことだ」と、辛辣に批評しています。

日記には日本人についても書かれており、
「日本人は控えめで、礼儀を弁えており、まったく魅力的な人々である。
 彼らのような純粋な魂を持った国民は他の国では見られない。
 かの国を訪れたものは必ず恋し、敬意を抱くことになるだろう」
とかなり好意的に批評しています。
一方で、ここは人によって解釈が異なる部分かと思いますが、
「日本人の知的欲求は芸術的欲求に比べると弱いように思える。
これは生まれ持っての気質なのだろうか」との記述もあります。

各メディアが差別的だと伝えているアインシュタイン博士の日記に、
外国人から様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本人って何者なんだ…」 日本発の『割れないガラス』に外国人が驚愕

12591259.png
[ 2018/06/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(843)

海外「愛国心の何が悪いんだ!」 RADWIMPSの『HINOMARU』炎上騒動に海外から疑問の声

映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」などで知られる人気バンド、
RADWIMPSの新シングル「カタルシスト」収録の「HINOMARU」が、
一部の人たちから「軍歌のようだ」などと非難され、
ボーカルの野田洋次郎さんが謝罪に追い込まれてしまった件が、
現在ネット上で大きな話題になっています。

「気高きこの御国の御霊」「さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に」
といった歌詞が「軍歌のよう」と批判されているわけですが、
野田さんは「日本に生まれた人間として、いつかちゃんとした歌にしたい」
と考えていたことからこの曲を作ったと説明されており、
また「右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」と、
純粋な日本への愛情の発露として生まれた曲である事を伝えていらっしゃいます。

その後野田さんは、一部からの批判の声を受け、
「傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪文を投稿。
その謝罪についてもやはり一部から批判の声が上がる一方で、
「謝罪する必要はなかった」という見方が大勢を占めています。

今回の騒動に対して、海外、特に中国やタイなど、
アジアのファンの方たちからもメッセージが寄せられているのですが、
ほとんどの方が「自分の国を愛する事の何がいけないの?」というスタンスで、
問題になっていることに困惑している様子でした。

海外「何で日本だけを責めるんだ」日本の右傾化を懸念する海外メディアに怒りの声

524192158.jpg
[ 2018/06/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(1000)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング