パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「神道の影響がここにも…」 森林浴という日本独自の概念に外国人が感動

今回は、日本独自の概念である、「森林浴」にスポットを当てた投稿から。

樹木に包まれて精神的な癒しを求める行為である森林浴は、
保養に森林を活用する目的で、1982年に林野庁によって提唱されました。

当初、森林浴が体に良いとする科学的データはありませんでしたが、
2004年から2012年にかけて、林野庁や厚生労働省などの機関が、
約4億円をかけて生理学的・心理学的効果を研究したところ、
心拍数と血圧を下げ、ストレスホルモンの生産を減らし、
免疫システムを強化するなど、健康の改善に寄与することが分かったそうです。

近年海外サイトが日本に森林浴という概念・言葉があること、
そして実際にセラピー効果があることをこぞって取り上げており、
Shinrin-yokuという言葉が世界中で定着する日も遠くないかもしれません。

関連投稿には大きな反響が寄せられていました。
外国人の声の一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「日本で神の存在を感じた」 熊野古道の神秘的な雰囲気が外国人を魅了

1db48e4d-ace3-4832-af10-5d59c52ce4e1.jpeg
[ 2017/02/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(382)

海外「日本の皆、ありがとー!」 ウェールズ語を学ぶ日本の若者の存在に感激の声殺到

今回ご紹介する映像は、BBCラジオとBBCウェールズが投稿したもので、
ウェールズ語を学ぶ東京の大学の生徒たちが紹介されています。

ウェールズ語は、ローマ人によってグレートブリテン島が支配される以前に、
大陸から渡って来たケルト人が伝えたと考えられている歴史ある言語です。
しかし、1536年にイングランドによって併合されてからは、
ウェールズでも公用語は英語となり、ウェールズ語話者は漸減。
保存運動なども起きていますが、2011年に発表された統計によると、
ウェールズ語を話せるウェールズ人は約19%に留まるそうです。

コメント欄でも、「死んだ言語」「消えゆく言語」
と言った言葉が散見され、現地の方々も危機感を抱いている事が窺えましたが、
それだけに一層、日本にウェールズ語を学ぶ若者がいることは、
ウェールズの方々にとって、大変大きな喜びであるようでした。

「日本が大好きになった」 日本のラグビーファンの愛情にウェールズ人が感激

Flag-Pins-Wales-Japan.jpeg
[ 2017/02/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(231)

海外「もう難民はこりごりだ!」 ヨーロッパの人々の大半が難民受け入れに『NO』

先日イギリスのシンクタンクである王立国際問題研究所が、
イスラム圏から流入する移民に関する調査結果を発表し話題を呼んでいます。

調査はヨーロッパ10カ国の約1万人に対して行われ、調査項目は、
「主要イスラム諸国からの移民流入を停止するべきか」というもの。
結果は10カ国平均で、55%の人が「停止するべき」と回答しています
「停止すべきではない」が20%。「分からない」が25%)。

国別では、「停止するべき」と答えた人の割合が最も高かった順に、
ポーランド(71%)、オーストリア(65%)、ベルギー(64%)、
ハンガリー(64%)、フランス(61%)、ギリシャ(58%)、
ドイツ(53%)、イタリア(51%)、イギリス(47%)、
スペイン(41%)
となっています。

関連投稿には多くの意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

ドイツ「この国は終わりだ」 難民政策の誤りを認めたメルケルに激怒の声

2-12.png
[ 2017/02/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(727)

海外「何だよこの面白民族…」 日本のCMが相変わらず面白いと海外ネットで話題に

今回は、3Mの製品「スコッチガード」の日本版CMから。

このCMは、どんなアクシデントが起きても物ともしない、
サラリーマンヒーロー「大丈夫男」が主人公。
飲もうとした炭酸が噴き出しても、水を撒くおばちゃんに水をかけられても、
バーテンダーにお酒をかけられても「大丈夫」な勇姿が映し出されています。

それも全て「スコッチガード」のおかげ、と言う内容なのですが、
外国人にとってはとても日本的なユーモアに感じられるようです。

日本人の独特のクリエイティビティを讃える声など、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「日本のユーモアが大好きだ」 タモリの発想力が凄いと海外ネットで話題に

 2017-02-10 
[ 2017/02/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(197)

海外「日本が隣国なら良かったのに」 日本の学生が踊る民族舞踊にセルビア人が大感激

今回ご紹介する映像は、東京外国語大学の舞踊サークルの皆さんが、
セルビアの伝統的な民族舞踊「コロ」を踊る様子を収めたもの。
(「コロ」はグループで手を繋いだり、腰紐や肩を掴み、
 笛やアコーディオン、打楽器の2拍子の伴奏が流れる中、
 腰より上をほとんど動かすことなく踊る円舞)。

撮影者さんによると、東日本大震災時のセルビアからの支援に対して、
舞踊サークルの皆さんが感謝の気持ちを伝えるために、
首都ベオグラードにある大学内で披露されたそうです。

現在セルビアでも「コロ」の伝統を引き継ぐ人は少なくなっているようで、
それだけに、遠い異国の地の若者が踊っている姿は、
セルビアの方々に大きな感動を与えたようでした。

セルビア「日本はいつも助けてくれた」 震災時 セルビアからの支援が凄かった

winona 382
[ 2017/02/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(336)

海外「日米が組めば敵なしだ!」 日米の蜜月ぶりにトランプ支持者から喜びの声殺到

トランプ大統領との会談など米国での日程を終え、今夜帰国された安倍総理。
米国滞在中は、トランプ氏の別荘やゴルフ場へ招待され、
大統領専用機にも同乗するなど、異例の厚遇を受けました。

信頼関係の醸成が進んだ安倍総理とトランプ大統領ですが、
大統領専用ヘリのマリーンワンの中で撮影された下の一枚の写真が、
二人の関係の良さをよく表していると大きな反響を呼んでいます。

写真には米国の方から日本との親密さを喜ぶ声が多数寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日米の器の大きさに感動」 桜にまつわる日米の友情物語が話題に

16708654_10158632268055725_5909612919098801595_n.jpeg
[ 2017/02/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(388)

米国「安倍さん、ありがとう」 アーリントン墓地を訪問した安倍首相に感謝の声が殺到

現在アメリカを訪問中の安倍総理は、10日午前(日本時間同日深夜)、
日米首脳会談に先立ち、ワシントン郊外にあるアーリントン国立墓地を訪れ、
無名戦士の墓に献花されました。
氷点下の中、安倍総理は19発の礼砲と儀仗兵に迎えられ、
日米の国歌が演奏された後、花輪を手向け、黙祷をささげています。

この献花の様子をCNNがフェイスブックにて生放送で伝えており、
コメント欄には、米国人から多くの感謝の声が寄せられていました。

海外「さすが兄弟国だ」 安倍首相夫妻の振る舞いにシンガポール人が大感激

16602037_10155761039478976_3813360308562115910_o.jpeg
[ 2017/02/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(392)

海外「やっぱり日本は凄かった」 日本製の革命的な翻訳機に海外ネットが騒然

今回は、日本企業が開発した翻訳機、「ili(イリー)」の話題から。

「ili」は日本のテック企業ログバーが開発した瞬間翻訳機で、
ネットに接続することなく、最速で0.2秒の高速翻訳を実現しています。
現時点では日本語、英語、中国語に対応しており、
タイ語、韓国語、スペイン語への対応も現在進めているそうです。

2017年6月から、まずは事業者向けに提供が開始される予定で、
利用料は1ライセンスあたり月額3980円。
一般向けも、2017年中のリリースを予定しているとのこと。

この革新的な翻訳機は海外ネット上で大反響を呼んでおり、
製品を紹介する翻訳元の1つは、3日で2000万回を超える再生数を、
もう一つは1日で1200万回再生を記録し、まだまだ伸びています。
外国人から寄せられた反応をまとめましたので、ご覧ください。

海外「この技術は世界を変える」 富士通の最新技術が未来的過ぎる

 2017-02-10
[ 2017/02/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(392)

海外「本当に興味深い民族だ」 自国の為に戦う意思がない日本人に海外から様々な声

今回は海外大手サイト9gagで大きな話題になっていた、
「自国のために戦う意思」に関する、国際世論調査の結果からです。

調査はギャラップ社が64カ国6万2000人を対象に行ったもので、
「自国の為に戦う」と答えた人の割合は日本が11%で最低となっており、
その後はオランダ(15%)、ドイツ(18%)、ベルギー(19%)、
イタリア(20%)と、ヨーロッパ各国が続いています。
最も割合が高かったのは、モロッコとフィジーで94%でした。

興味深い調査結果に、外国人から様々なコメントが寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「だって安全な国だもん」 外国人が語る"日本を離れたくない理由"

2017-02-08.png
[ 2017/02/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(1000)

海外「嫌なら日本から出て行け」 『ヌーハラ』問題に外国人から怒りの声が殺到

今回は「ヌードルハラスメント」を取り上げた投稿から。

海外には麺料理を啜って食べる文化がない国も多いため、
外国人の中には麺を啜る音に精神的苦痛を感じる人もいるとのことで、
その状況を「ヌードルハラスメント」呼ぶようになりました。

では当の外国人は「ヌーハラ」をどう考えているのか、
というのが今回の記事のテーマなのですが、
多くの外国人は一部の旅行客の不満を馬鹿げていると考えているようで、
投稿には怒りの声が殺到していました。

海外「やっぱ本場は違う!」 日本のご当地ラーメンの多様さに外国人が衝撃

Noodle Harassment
[ 2017/02/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(1000)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



JAPAN CLASS 最新刊
全国書店にて絶賛発売中


管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング