FC2ブログ

パンドラの憂鬱



海外「なぜ旭日旗が突然問題に?」 クイーン映画が再び旭日旗騒動に巻き込まれる事態に

イギリスの伝説的ロックバンドであるクイーンの物語を、
フレディ・マーキュリーの生き様と共に描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」。
3週連続で動員と興行収入が前週超えを果たすなど、
日を追うごとに人気が高まっているこの作品ですが、
予告編の公開以来、2度の「旭日旗騒動」に巻き込まれています。

1度目は、YouTubeで公開された公式トレーラーの中で、
メンバーの1人が旭日旗柄のTシャツを来ていた事で、韓国等から批判が殺到。
配給会社は同映像を一度削除し、Tシャツをデジタル加工で赤色に修正した後に、
フルバージョンの予告編を再び公開していました。

2度目は今月5日、ブライアン・メイ役を演じたグウィリム・リーさんが、
日本で撮影した数枚の写真を自身のSNSに投稿したところ、
そのうちの1枚に旭日旗を連想させる柄のポスターが写っており、
こちらも韓国のユーザーなどから批判の書き込みが寄せられ、
現在その写真は削除されています。

この件に対し、外国人から多くの意見が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本は堂々と掲げるべき!」 旭日旗を問題視する海外紙に外国人から呆れ声

3452354.png
[ 2018/12/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(495)

海外「ドイツとは次元が違う!」 日本の建設技術の凄さが分かる1枚の写真に衝撃の声

日本では1929年(昭和4年)に初めて構想された高速道路計画。
自動車が一般に本格普及する以前の時代だったためたち消えになり、
その後1943年(昭和18年)には全国的な高速道路の計画が策定されましたが、
こちらも戦局の影響で打ち切られてしまいました。
実際に開通したのは1963年(昭和38年)のことで、
名神高速道路・栗東ICー尼崎IC間(71.7キロ)が日本初でした。

平成29年4月現在の日本の高速道路の総延長は約9320キロで、
日本列島の南北の長さの約3倍となっています
(一般道路を含めた総延長距離は先進国の中でアメリカに次いで2位。
 全体11位のドイツの約2倍、16位のイギリスの約3倍)。

さて、今回は海外のエンジニアリング系のサイトが取り上げた、
日本の複雑な高速ジャンクションの航空写真からで、
ここでは圏央道と国道20号を接続する高尾山ICが紹介されています。

多くの外国人にとっては理解を超えたデザインであったようで、
驚きの声が続出していましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本の建築技術は異常」 地震に耐える日本の高層ビル群が話題に

43612970_1599756113512971_3584608872364507136_o.jpg
[ 2018/12/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(235)

海外「やっと漫画が正当に評価された!」 大英博物館で『日本の漫画展』の開催が決定

イギリスの大英博物館は5日、日本の漫画を幅広い視点から紹介し、
著名な作品の原画などを展示する国外最大規模の「漫画展」を、
2019年5月23日〜8月26日に開催すること発表しました。

この漫画展では、葛飾北斎まで遡ることが出来る漫画の歴史の他、
アニメやコスプレ、ゲームなどへの影響などが紹介され、
「鉄腕アトム」や「ONE PIECE」の原画も展示される予定です。

なお、現在大英博物館の公式ツイッターやフェイスブックのヘッドカバーは、
「ゴールデンカムイ」のキャラクター、アシリパになっています
(正確には「アシリパ」の「リ」は小さい)。

世界的に著名な、歴史ある博物館で大規模開催される事となった漫画展。
開催を発表する大英博物館のSNS公式アカウントには、
驚きと期待の声が多く寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「当時によくこんな物を…」 葛飾北斎が残した絵描きの手引書が凄すぎると話題に

46376.png
[ 2018/12/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(508)

海外「日本代表にふさわしい!」 ミスコン日本代表の先祖が凄すぎると海外で話題に

1951年に第1回ロンドン大会が行われて以来毎年開催され、
世界3大ミスコンテストの中で、最も歴史の長い「ミス・ワールド」。
2018年大会は先月9日から今月8日まで中国で開催されており、
先日には日本代表の伊達佳内子さんがタレント部門を受賞されています
(タレント部門は歌、楽器、ダンスのいずれかを披露し、審査される)。

伊達さんは慶應義塾大学法学部政治学科に通う4年生で、
6ヶ国語を流暢に話し、日本舞踊、琴、弓道、
詩吟(コンクールで東日本1位)などを趣味にされています。

そして外国人を最も驚愕させているのは伊達さんの家系で、
伊達政宗直系の21代目の子孫にあたるそうです。

近年日本の戦国武将は海外でも大変な人気を博しているため、
そのことを伝える記事には、外国人から驚きと興奮の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ご覧ください。

海外「もうやだこの星w」 世界における織田信長のイメージがカオスだと話題に

46t356.jpg
[ 2018/12/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(602)

海外「民度が違いすぎる…」 日本人留学生が取った行動にイタリアから賞賛の嵐

ご紹介する映像はナポリ在住のイタリア人の方が撮影したもので、
ナポリ市内の大学に留学している日本人の青年が、
教会前の広場でゴミ拾いをしている様子が収められています。

撮影者が何のためにゴミ拾いを行なっているのか尋ねたところ、
「ナポリが大好きだからです。ゴミで汚された姿を見たくないんです」
との答えが返って来たそうで、その発言がまたイタリア人に感銘を与えています
(撮影された日だけではなく、定期的に活動されているようです)。

映像は一週間で再生回数が350万を突破するなど大反響を呼んでおり、
コメント欄は青年、ひいては日本に対する絶賛の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本人は無宗教なのになぜ…」 国際機関も注目する日本の清潔さが話題に

46357.png
[ 2018/12/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(819)

海外「日米の首脳は親友みたいだ!」 G20で各国の首脳が一堂に会した映像が話題に

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれていた、
第13回20カ国・地域(G20)首脳会議は日本時間2日未明、
首脳宣言を採択して閉幕しました。

首脳宣言には、アメリカの反対などによって、
「保護主義と闘う」との文言は明記されませんでしたが、
多国間貿易体制の維持、気候変動対応、世界貿易機関(WTO)の改革等で合意。
G20全体としての結束は守られる形となりました。

さて、今回はG20で集合写真を撮影する際の模様を収めた映像からです。
各首脳の「立ち位置」が分かる事からメディアからも注目されますが、
やはり多くの外国人にとっても興味をそそられる場面であるようで、
関連動画には多くのコメントが寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ご覧ください。

海外「現代人にはない品格がある」 幕末の志士達が英国で撮影した写真が話題に

1000x-1.jpg
[ 2018/12/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(516)

海外「涙が止まらない!」 東京五輪 台湾の為に署名活動を行う日本人の姿に台湾人が涙

台湾で先月24日、2020年に開催される東京オリンピックに、
従来の「チャイニーズ・タイペイ」名義ではなく、
「台湾」名義での参加申請を目指すことの賛否を問う住民投票が行われ、
反対が約577万票で賛成の約476万票を上回り、反対多数で否決されました。

台湾は1981年に国際オリンピック委員会(IOC)と結んだ協定に基づき、
これまで「チャイニーズタイペイ」の名義で五輪に出場してきており、
国民投票前にはIOCから「協定に違反すれば資格停止や除名に及ぶ」
との書簡が台湾の中華オリンピック委員会と教育省に送られていました。
そのため、東京五輪への出場を目指す選手たちのことを慮り、
「反対」に票を投じた人もかなりの数に上ると見られています。

そのような中で、台湾が「台湾」として東京五輪に出場出来るよう、
複数の日本人が東京都内で署名活動を実施。
そのことが台湾の大手メディアでも取り上げられ、
多くの台湾の人々に感動と勇気を与えています。
寄せられたコメントをまとめましたのでごらんください。

海外「台湾と日本は兄弟だ」 安倍総理の直筆応援メッセージが台湾で大反響

43636.jpg
[ 2018/12/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(647)

海外「安倍首相を見習ってくれ」 日仏首脳会談を終えたマクロン大統領に怒りの声が殺到

G20首脳会議出席のためアルゼンチンを訪問中の安倍総理は昨日、
フランス政府の要望で、同会議場内でマクロン大統領と約15分間会談を行い、
日産自動車、三菱自動車、ルノーの3社連合の関係をめぐって議論しました。

その中で、マクロン大統領が3社の提携の維持を求めたのに対して、
安倍総理は「政府が関与するものではなく民間の当事者で決めていくものだ」
とし、政府の介入は避けるべきだとの意向を伝えています。

失業率が10%近く(若者に限ると25%)、支持率も下降の一途をたどる中、
自国の経済や雇用に与える悪影響を避けるためにも、
日産への影響力を何としても維持したいマクロン大統領ですが、
その対応に対してフランス国民からは、非常に厳しい反応が寄せられていました。

「この写真は教科書に載るぞ!」G7で撮影された写真が歴史的だと世界的な話題に

74068.jpg
[ 2018/12/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(693)

海外「ついに眠れる超大国が目覚めた」 護衛艦『いずも』の空母化に世界から歓迎の声

政府は先日、年末に改定する防衛計画の大綱に、護衛艦「いずも」を改修し、
戦闘機を運用する事実上の空母にすることを盛り込む方針を固めました。
具体的には、いずも型護衛艦の甲板を改修することで、
艦載機が発着艦できる「多用途運用母艦」を導入する形となり、
空母艦載機としては、米最新鋭ステルス戦闘機F-35Bが想定されています。

この件は海外主要メディアがこぞって報じるなど大きな反響を呼んでおり、
各記事のコメント欄には、世界中の人々から意見が寄せられているのですが、
そのほとんどが、日本の方針を歓迎するものでした。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「まるで空母じゃないか」 海自史上最大の護衛艦『いずも』が就役

68306.jpg
[ 2018/12/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(547)

海外「まさに日本の象徴だ」 天皇陛下の学者としての側面に外国人から驚きの声が続出

長年にわたり、ご公務の合間にハゼ類の分類のご研究をされている天皇陛下。
1963年から現在まで32編の御論文を発表されており、直近のものは、
「ハゼ科魚類キヌバリとチャガラの核DNAと
 ミトコンドリアDNAを用いた種分化の解析」
で、
2016年2月、82才の時に発表された御論文になります。

他にもタヌキに関する研究を2編、国立科学博物館にご報告されており、
また「ハゼ科魚類の進化」など、6冊の御本を著していらっしゃいます。

上記のように、80を過ぎても精力的に研究を重ねられる、
陛下の学者としてのご側面が海外サイトでも紹介され、
外国人の方々に大きな驚きと感銘を与えています。
寄せられたコメントをまとめましたの、ごらんください。

海外「日本は今でも帝国なのか」 天皇陛下が世界唯一の皇帝である事実に驚きの声

502468.jpg
[ 2018/11/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(269)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサード リンク
ランダム記事
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング