パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



海外「日本製だったの?!」 ハイジの日本語版オープニングに外国人仰天

日本では1974年に約一年間、全52話で放送された「アルプスの少女ハイジ」。
その日本語版のオープニングを観た外国人の反応です。

ヨーロッパを中心に、世界中で大変な人気を博したこの作品。
スイスの作家ヨハンナ・シュピーリの小説「ハイジ」が原作で、
言うまでもなくスイスが舞台のこの作品なのですが、
肝心のスイスでは(国営放送では?)放送されたことがないのだとか
(ドイツ語圏のスイス人はドイツTVの放送を観ていた)。

放映されていたそれぞれの国では、オープニングも現地の言葉で歌われているため、
初めて観たオリジナルのオープニングに、様々な驚きがあったようです。


Heidi - Japanese Opening
[ 2013/08/30 23:00 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(842)

海外「史上最も悲しい作品」 『火垂るの墓』に外国人が涙・涙・涙

1988年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画、「火垂るの墓」。
当初「となりのトトロ」は60分程度の中編映画として企画されていて、
単独での全国公開が難しかったため、同時上映作品として、
「火垂るの墓」の企画が決定した、という経緯があったそうです。

動画は「トレイラー(予告)」と投稿者さんから説明されていますが、
おそらく公式なものではなく、投稿者さん、あるいはファンの方が製作したものでしょうか。

以前に「火垂るの墓」を観た事がある人。この動画で初めて作品の存在を知った人。
それぞれの方から、熱いコメントが寄せられていました。


Grave of the Fireflies
[ 2013/08/10 23:00 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(776)

海外「ワクワクが止まらん!」 ジブリ最新作 『風立ちぬ』に外国人大興奮

明日より公開されるジブリの最新作、「風立ちぬ」。
宮崎駿氏が長編アニメーション映画の監督を務めるのは、
2008年に公開された「崖の上のポニョ」以来5年ぶりということで、
大きな注目と期待が寄せられています。

「風立ちぬ」は、ゼロ戦などの開発を手がけた実在の航空設計技師である、
堀越二郎をモデルに、その半生を描いた作品です。
堀越氏と同時代を生きた小説家、堀辰雄の代表作である「風立ちぬ」の
エッセンスも作品に取り入れられていることから、映画のポスターには、
「堀越二郎と堀辰雄に敬意を表して」との表記が。
宮崎監督は、「困難な時代に力を尽くして生きる人々を描きたかった」と語っています。

キャッチコピーは「生きねば。」
ちなみにこれはナウシカ漫画版最終巻の、最後のコマに出てくる言葉でもあるそうです。

世界的に人気を博すジブリの最新作ということで、
予告映像には外国人から様々なコメントが寄せられていました。


宮崎駿導演執導新片『起風了』TV特報預告第一彈!
[ 2013/07/19 23:00 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(545)

海外「今後の作品に影響を与える」 進撃の巨人の海外人気が物凄い

今回はアニメ「進撃の巨人」のオープニング(OP)から。

2009年から別冊少年マガジンで連載されている進撃の巨人。
連載の割りと初期の方から各所で話題になっていたので、
アニメ版は観たことがないけど、漫画は読んだことがある、
という方も少なくないんじゃないでしょうか。自分もそんな一人です。

アニメ版の評価も非常に高いようで、その影響もあってか、
5月20日付けオリコン“本”ランキングコミック部門で、
現在までに刊行されている全10巻が同時にTOP20にランクインしたそうです。

YouTubeに投稿されているOPは再生回数が350万回を突破。
コメントは主に外国人で、その数は1万超と、
海外でも注目されているこの作品。外国人の反応は、さて。

複数のリクエストありがとうございましたm(__)m

Shingeki no Kyojin 進撃の巨人 OP
[ 2013/05/20 23:00 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(474)

海外「米国より出来がいい」 終戦間際に製作された日本のアニメが凄い

動画の作品は、1944年に松竹によって製作された「桃太郎 海の神兵」。
製作は海軍省の命を受けてのもので、終戦間近となる1945年4月に公開されています。

戦時下に作られたものとしては意外なくらいに穏健な雰囲気ですが、
これはディズニー映画「ファンタジア」を観た監督の瀬尾光世氏が、
「ファンタジア」のように子供たちに夢と希望を与えられる作品にしたい、
という意図があったことが影響しているそうです。
また、この作品を当時観た手塚治虫氏も瀬尾監督のその隠された意図を理解し、
涙を流すほどの感動を覚えた、という逸話もあります。

関連記事:海外「時代の先を行ってる」 戦時中に作られた日本アニメに外国人感銘

投稿者さんのチャンネル
から全編ご覧いただけます。
[ 2013/05/11 23:00 ] アニメ・マンガ | TB(0) | CM(183)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
毎日23時に記事を更新しています

おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅


管理人:ニャン吉
副管理人:kite


リクエストなどは左側最下部のメールフォームからお願いします。

現在の訪問者数
スポンサード リンク
おすすめリンク
人気の記事
PR
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめリンク


ブログパーツ アクセスランキング