FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本は本当に特殊だ…」 NYT紙が伝える日本の1000年企業の存在に外国人が衝撃

西暦578年創業の建設会社「金剛組」、705年創業の「西山温泉慶雲館」、
717年創業の「古まん」、885年創業の「田中伊雅仏具店」などなど、
世界最古級の企業が複数存在する日本。
今回の翻訳元であるニューヨーク・タイムズ紙の記事では、
以下のように日本の老舗が説明されています。

「日本は老舗企業の超大国である。
 東京に拠点を置く研究所の調査によると、
 日本には少なくとも100年の歴史を持つ企業が3万3000社以上存在し、
 世界の100年企業の40パーセント以上を占めている。
 また、3100社が少なくとも2世紀にわたって事業を継続し、
 500年以上前から続く企業も140社存在している。
 そして、少なくとも19社にのぼる企業が、
 1000年以上にわたる継続的な経営を行なっているとされる」


その上で、西暦1000年創業の京都北区の和菓子店、
「一文字屋和輔」さんにスポットが当てられており、
「1000年間生き残るには、単に利益を追求するだけでは難しい。
 それよりも高い目的を持たなければならないのです」
という女将さんの言葉が紹介されています。

また、日本企業の共通の特徴として、
多額の手元現金を保有している点を指摘。
その事が日本国内で、現在のコロナ禍においても、
米国のような高い倒産率を回避出来た理由だと説明されています。
実際今年の夏に100年企業に対して行われた調査結果によると、
全体の4分の1以上が、2年以上問題なく経営していけるだけの、
十分な資金を保有していると答えたそうです。

記事には伝統が尊重される日本に対する称賛と驚きの声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「その頃俺の国なんて…」 600年前から今も続く日本の気象データに驚きの声

ScreenShot20150715at15401PM_202012041355494fe.png
[ 2020/12/04 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(200)

海外「これが本物の先進国だ」 日本政府のワクチン確保能力が尋常じゃないと話題に

世界の感染者数が約6500万人となり、犠牲者も150万人に迫るなど、
今なお地球規模で猛威を振るっている新型コロナウイルス。
一方でワクチンの開発も世界各国で急速に進み、
イギリス政府は2日、米ファイザーが開発したワクチンについて、
安全性や有効性が確認出来たとして承認された事を発表しています。

日本政府も早くからワクチンの確保に動いており、
ファイザーと英製薬大手アストラゼネカからそれぞれ6千万人分、
米バイオテクノロジー企業のモデルナから2500万人分、
計1億4500万人分以上のワクチンの供給を受ける契約を結んでいます。

これにより、全国民が接種する事が可能になっており、
2日に改正予防接種法が成立した事でワクチン接種が無料化されています。

上記のようなワクチンを巡る日本政府の対応に、外国人からは賞賛の声が。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「やっぱ日本は正しかった」 ようやく日本の対応の正しさに気づいたWHOに非難の声

73573573735_202012031245461cf.jpg
[ 2020/12/03 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(295)

海外「日本以外でも売ってくれ!」 日本の軽自動車の人気が外国人の間で凄い事に

ホンダは先月20日、軽自動車N-ONEの新型を発売しました。
グレードは全4種で、スタンダードな「オリジナル」、
質感に拘った大人の雰囲気の「プレミアム」、
ターボエンジンを搭載した「プレミアムツアラー」、
そして6速マニュアルトランスミッションの「RS」です。

日本では今回特に「RS」が大きな注目を浴びていますが、
マニュアル&ターボの軽自動車という事で海外でも話題に。
小回りの効くサイズ感にも、絶賛の声が寄せられています。
特にアメリカでは大きい車が主流であることから、
N-ONEのような軽自動車の上陸を待ち望む人が続出していました。

「俺達は日本に完敗してる」 なぜ世界は日本車を超えられないのだろうか?

3573573573_202012021338497b0.jpg
[ 2020/12/02 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(327)

海外「日本がここまでとは!」 世界の移住したい国ランキングで日本は2位に

アメリカのスタートアップ企業のレミトリーは先日、
100カ国におけるGoogleの検索データを分析し明らかになった、
「各国の人々が最も移住したい国」のデータを公表しました。

以下が人気の高かった国のランキングです。

1. カナダ(30カ国)
2. 日本(13カ国)
3. スペイン(12カ国)
4. ドイツ(8カ国)
5. カタール(6カ国)
6. オーストラリア(6カ国)
7. スイス(4カ国)
8. ポルトガル(3カ国)
9. アメリカ(2カ国)
9. イギリス(2カ国)


1位のカナダは幅広い地域からの支持を獲得し、
2位の日本は北米やアジア圏で絶大な人気に。
面白いところでは、相撲(栃ノ心関)の影響でしょうか、
ジョージアでも日本が1位になっています。

この興味深いデータに、海外からは様々な声が。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人は差別をしないから」 外国人の『日本を愛する理由』に大きな変化が

(写真をクリックすると新しいタブで拡大図。
 その図もう一度クリックするとさらに拡大します)
33563563.jpg
[ 2020/12/01 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(392)

海外「日本は日本人の為にある」 ムスリムの土葬問題に揺れる日本に海外から同情の声

世界的に見ると、決して珍しくない葬り方である土葬。
米英独などでは火葬が徐々に増えていき今では土葬を逆転しましたが、
伊仏などのカトリック国や東方正教会国のロシアの火葬率は低いままで、
またイスラム教圏では、基本的に土葬のみとなっています。

一方で日本は火葬率が99.9パーセントと、ほぼ全ての人が火葬。
しかし土葬を禁じる法律があるわけではなく、
「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)では、
火葬も土葬も同じように平等に扱われており、
実際に土葬を受け入れている施設も日本各地に存在しています。

それでも市町村ごとに定められた条例などの影響で、
やはり日本でそういった施設は限られており、
近年急激に増えている日本での永住を決めたイスラム教徒の方々や、
そのご家族にとっては、土葬出来る場所がないという事は、
現実的かつ差し迫った問題になっているそうです。

翻訳元ではその点について同情的に報じられているのですが、
「日本暮らしを強制されているわけではない」という考えから、
コメント欄にはむしろ日本に同情的な意見が相次いでいます。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人は絶対差別をしない」 日本の寛容さにイスラム教徒から感激の声

353735735.jpg
[ 2020/11/30 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(656)

海外「日本の凄さを思い知った」 日本人の特別な国民性が一発で伝わる動画に世界が感動

今回は、英国の大手バイラルメディア「ユニラッド」が、
度々取り上げている日本人の特別な国民性を示す動画からです。

2015年にイギリスのイースト・アングリア大学が、
15カ国から100人ずつ、計1500人を対象に、
国民の正直度と経済発展の関連を調べるために行った実験では、
日本が「世界で最も正直な国」という結果になりました。

今回の翻訳元の動画では、その実験結果を踏まえた上で、
実際に日本人はそれほど実直な国民なのかを検証するため、
路地で財布を落とすという、海外ではよくある社会実験が行われています。

先に言ってしまうと、50回全てで主に若者の通行人に財布を拾われ、
無事に財布が投稿者の手元に戻ってくるという結果に。
その事自体にも海外から絶賛の声が殺到しているのですが、
財布を拾った際の日本人の振る舞いにも感動の声が寄せられています。
外国人の反応をまとめましたので、ごらんください。

海外「日本人はキリスト教徒的だ」 日本人の誠実さは世界でも特別なのか?

53735783583.png
[ 2020/11/29 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(489)

海外「日本語はチートだからw」 日米韓の声優の実力を比較した動画が大反響

近代以前のアジアをモチーフにした世界が舞台となっている、
アメリカのテレビアニメシリーズ、「アバター 伝説の少年アン」。
調和の崩れた世界を救う最後の希望である少年アンが、
仲間達と共に平和を取り戻すために戦いを続ける物語で、
テレビ界のアカデミー賞とも称されるエミー賞を獲得しています。
日本ではAmazonプライムやNetflixで視聴可能。

今回はスペイン語圏の「アバター」ファンサイトに投稿された動画からで、
日本語、英語、韓国語の3つの言語の吹き替え版の複数の場面が、
英日韓の順で次々と紹介されています
(主にアズーラ姫とズーコ王子の対決場面から)。

それぞれの良さがある中で、投稿には日本語版を高く評価する声が殺到。
日本語は作品に付加価値を大いに与える要素として認識されていました。

「やっぱ本場はレベルが違う…」 日本の声優の技術力が異次元だと海外で話題に

54753735735.png
[ 2020/11/28 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(393)

海外「日本兵は高潔だっただろ…」 トランプ氏を日本兵に例えて称賛した共和党議員が炎上

トランプ大統領は26日、大統領選後初めて記者団の質問に答え、
12月に選挙人団が民主党候補のバイデン前副大統領に投票すれば、
「たしかにホワイトハウスを去るだろう」と語りました。
さらに「敗北を認めるのは非常に難しい事だ」と発言した上で、
「バイデン氏が8000万票を得る手段があるとすれば、
 大掛かりな不正によってだけだ」と、
バイデン陣営の不正行為に引き続き言及しています。

大統領選挙を最後まで諦めず戦う意思を示すトランプ大統領を意識して、
米共和党のポール・ゴサール下院議員は自身のSNSで、
「戦後数十年が経っても戦い続けた日本兵達を知っていますか」と投稿。
トランプ大統領の不屈の精神を日本兵に例えて称賛したのですが、
これに対して民主党支持者の人々からは、
「トランプ氏を高潔で勇敢だった日本兵に例えるのは失礼だ」
という論調の批判の声が殺到しています。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「旧日本軍に敬意を!」 日本軍が米兵の為に立てた墓標と墓碑銘に感動の声

473573573522.jpg
[ 2020/11/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(419)

海外「日本に住んでて良かった!」 コロナ禍に適切に対応した国ランキングで日本が世界2位に

米大手通信社ブルームバーグは24日(現地時間)、
最近1カ月間における10万人あたりの感染者数、
全体の致死率、医療体制の能力、移動の自由度、経済予測、
ワクチンへの接近性など、10種類の主要指標に基づいて、
コロナ禍にうまく対応した国をランキング化し、公表しました
(対象は経済規模が2000億ドルを超える53の国・地域)。

1. ニュージーランド
2. 日本
3. 台湾
4. 韓国
5. フィンランド
6. ノルウェー
7. オーストラリア
8. 中国
9. デンマーク
10. ベトナム
11. シンガポール
12. 香港
13. カナダ
14. ドイツ
15. タイ
16. スウェーデン
17. アラブ首長国連邦
18. アメリカ
19. インドネシア
20 アイルランド


2位の日本に関しては、以下のように総括されています。

「日本にはロックダウンを強制する法的手段はないが、
 別の強みを素早く発揮してみせた。
 過去に結核が流行した影響で保健所制度が今も存在しており、
 保健所による追跡調査が今回も迅速に採用されたのだ。
 高レベルの社会的信頼や遵法意識を背景に、
 国民は進んでマスクを着用し、人混みを避けていた。

 冬が迫る中、陽性者の数が急激に増加しているが、
 人口1億2000万人を要する国でありながら、
 重傷者の数は331人にとどまっている。
 なお、人口が約半分のフランスは5000人近い。
 世界で最も多くの高齢者を抱えながらも、
 犠牲者の増加を回避する日本の能力は、
 4つのワクチン取引をまとめるという先見の明などと同様に、
 日本の順位を高く押し上げたのである」


このランキングに対し、世界からは様々な声が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「アジアは日本だけだ!」 米誌『世界最高の国ランキング』で日本は2位に

767735.jpeg
[ 2020/11/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(321)

海外「日本人は悪くない」 日本でベトナムの印象が最悪になっていると現地で話題に

豚をはじめとする家畜や果物などの盗難に絡み、
先月末、ベトナム人たちの逮捕が相次ぎました。
群馬県内では今年に入り、豚700頭以上、鶏140羽以上が盗まれており、
果物の被害もナシやブドウなど約9000個に上っているのですが、
この大量の盗難に複数のベトナム人グループが関与しているとみて、
全容解明が進められています。

また、日本の私有地の畑に残された作物を採ったり、
果樹園から果物を盗んだりしたベトナム人ユーチューバーが炎上するなど、
ベトナム人関連のネガティブなニュースが増えている昨今ですが、
今回の翻訳元では、先月都内で通り魔事件が起きた際には、
ネット上では根拠もなくベトナム人の犯行が疑われた程、
日本ではベトナムのイメージが悪化している事が取り上げられています。

しかし多くのベトナム人は、偏見を持たれてしまうくらいに、
日本で自分達の印象が悪化しているのは現状当然だと考えているようで、
日本のネット上の反応に理解を示す声が相次いで寄せられていました。

「これが日本人なんだ!」 日本の大使が取った行動にベトナムから感動の声

3573573575.jpg
[ 2020/11/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(692)
スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング