FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「日本が公平だった証拠だ!」 ゴーン被告の最新の発言が酷すぎると仏で話題に

会社法違反罪などで起訴されているカルロス・ゴーン被告が先日、
中東の衛星テレビ、アルアラビーヤのインタビューに応じ、
自身の逃亡に協力したとされる米国人容疑者2人に関して、
「話せないが、助けてくれた人々に借りがある。
 出来る限りの方法で助ける」と述べました。

また日本での逮捕については日本側の「陰謀」だと改めて主張。
その際のフランス側の対応についても言及しているのですが、
「私への政府の支援は、フランスの一般市民かそれ以下の扱いで、
 彼らは十分な対応をしてくれなかった。
 しかも初めはある程度の支援をしてくれていたのだが、
 最終的には私は見捨てられてしまった」
と、
全体的にフランス政府を厳しく非難する内容でした。

この発言をフランスメディアがこぞって取り上げているのですが、
当然ながらフランス人からは怒りの声が殺到。
改めて日本の司法は正しかったとする声も多く寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本で白人特権は通用しない」 米学生が日本で長期勾留も外国人からは支持の声

467357246357.jpg
[ 2020/07/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(282)

米国「俺も日本に戻りたい」 在日アメリカ人が嘆く日本から見た米国の惨状が話題に

今年の11月3日に行われる大統領選挙を前に、
新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大、警官隊と市民の対立、
差別問題、暴動、社会の分断など、諸問題に揺れるアメリカ。
そのような中で、日本に暮らす兄を持つ、
とあるアメリカ人女性の投稿が反響を呼んでいます。

「昨日の夜、現在日本で暮らしている兄と
 今アメリカ各地で起きてる出来事について話し合いました。
 その時に彼はこう言ったんです。
 『日本からアメリカという国を眺めていると、
  まるで社会が崩壊しているように見える』と」


言うまでもなく、上記はあくまでも個人の見解ですが、
日本在住のアメリカ人を中心に賛同の声が寄せられており、
特に安定した日本社会と比較すると、その差を痛感するようでした。

「本気で日本化を考えよう」米誌『欧米は日本のような社会を目指すべきなのか』

73425346242.jpg
[ 2020/07/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(423)

海外「世界よ、これが日本だ」 日本の警察官が取った行動に海外から感動の声が殺到

春から初夏にかけて各地で見られるようになり、
メディアでも度々取り上げられるカルガモ親子のお引っ越し。

そもそもなぜカルガモは引っ越しをするのかと言うと、
まずカルガモは春の繁殖期に産卵をすると、
天敵に見つからないよう巣を水辺付近の草むらなどに作ります。
卵から孵った雛たちには当然餌が必要ですが、カルガモの親は超スパルタ。
雛たちは自力で餌を見つけて食べなくてはいけないため、
餌の確保に適した場所に移動する必要があるそうです。

さて今回ご紹介する映像は、ツイッタユーザー、
nagomu nozaki(@hDuT2qgLlmVoOk2)さんが投稿されたもので、
バスも通る、通行量が多いであろう道路を歩くカルガモ一家を、
1人の警察官が優しく誘導する姿が収められています。

何も日本だけで見られる光景という訳ではないはずですが、
多くの外国人には、非常に日本的な様子に見えたようでした。

「これが本物の先進国との差だ」 日本の警察の銃との向き合い方に称賛の声

736247458648.png
[ 2020/07/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(193)

海外「眠れる巨人が目を覚ました」 日本製ステルス機に対する海外からの期待が凄い事に

防衛省は先日、航空自衛隊のF2戦闘機の後継機として、
世界最高レベルの性能を持つ次世代ステルス戦闘機を、
開発・量産する計画を明らかにしました。

日本政府はこの開発に1兆円以上を投入する予定で、
2024年に試作機の製造、2028年には試作機の飛行を開始し、
2031年から量産態勢に入る計画になっています。
なお、目標とする機体数は90機程度。

この件を複数の海外メディアが大きく報じており、
CNN国際版の公式ツイッターは1日に3度も記事を取り上げています。
「日本製」という事で、多くの外国人がその品質に期待を寄せていました。

「世界最先端の性能だった」 幻の戦闘機『震電』の映像に外国人が衝撃

39506350735753.jpg
[ 2020/07/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(404)

海外「こんな国に勝てるはずがない」 日本の園児の規律正しさが異次元だと話題に

日本では1875年(明治8年)に始まった幼児保育施設。
翌年には、東京女子師範学校附属幼稚園、
現在のお茶の水女子大学附属幼稚園が「幼稚園」を名乗り、
その後数年をかけ、「幼稚園」は全国に広まっていく事になります。

一方保育所(園)の発足は1887年(明治20年)の事で、
母親が仕事をしている間に子供の面倒を見る施設として、
当時は簡易的な幼稚園という位置付けで誕生しました。

現在幼稚園は全国に約1万、保育園は約2万3000存在し、
幼稚園は減少、保育園は増加傾向がここ数年続いています。

さて、今回は海外のネット上で話題になっている動画からで、
日本の園児が通園バスに乗車する様子が収められています。
日本人から見ても非常に可愛らしい光景なのですが、
外国人に感銘を与えているのが、園児のその礼儀と規律正しさ。
しっかりと挨拶をし、親御さんから離れて通園する姿に、
称賛の声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

「この行儀の良さを見てくれ!」 日本の園児と白人の赤ちゃんの交流に感動の声

5747231262466.png
[ 2020/07/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(259)

海外「日本は不死鳥なんだよ」 洪水被害 日本の驚異的な底力を信じる世界の人々

活発な梅雨前線による大雨は西日本から東日本に広がり、
九州地方、岐阜、長野など多くの地域で甚大な被害出ています。
熊本を中心に62名の方々が犠牲となり、1名が心肺停止、
17名の方々が依然として行方不明のままで、
また、住宅が水に浸かるなどの被害は分かっているだけで、
全国22の県で合わせて4700棟余りにのぼります。

日本の深刻な被害状況は海外メディアも大きく取り上げており、
悲しみの声、心配の声、被災地の無事を願う声、
そして再び立ち上がる日本人の底力を信じる声など、
様々な声が世界中から寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人は強い!!」 被災地からの『ありがとう』に外国人が感動の涙

106804627_176647530529452_4690999203884693437_n.jpg
[ 2020/07/09 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(315)

海外「生まれる国を間違えた…」 日本人のライフスタイルが理想的だと世界的な話題に

厚生労働省が2019年7月に公表したデータによると、
日本人の平均寿命は男性が81.25歳、
女性が87.32歳で、過去最高を更新しました。
平成の30年間では、男女とも約5年寿命が延びています
(健康寿命は74.8歳でシンガポールに次いで2位)。

世界トップクラスの平均寿命の長さを誇る日本ですが、
その謎に迫る投稿の再生数が3日ほどで400万回に迫るなど、
現在海外のネット上で非常に大きな反響を呼んでいます。
早速ですが以下が動画内のキャプションの日本語訳になります。

(※基本的には「食事」「運動」「入浴」のライフスタイル面と、
  「医療制度」が理由として挙げられている


「日本では90歳以上の人口が200万人を突破しており、
 その内の6万9875人が100歳を超えている。
 現在の日本人の平均寿命は84.2歳である。
 
 日本人が長寿の理由は遺伝子の問題ではなく、
 食事の摂り方と生活習慣にあるのだ。
 日本人は新鮮な野菜、旬の果物、未加工食品を多く摂取する。
 その結果肥満率がわずか3.6%にとどまっているのだが、
 この数字は世界で最も低いものである。

 日本人は海産物を愛し、肉よりも魚を多く口にする。
 事実、日本の魚の消費量は世界の上位に入っているのだ。
 魚は肉よりもコレステロールと飽和脂肪酸が少なく、
 心臓病のリスクを36%抑えるというデータもある。

 お茶をよく飲む事もまた、日本が長寿である理由の1つだ。
 お茶にはコーヒーより遥かに豊富な抗酸化物質が含まれており、
 これが免疫力を高め、癌などを防ぐとされている。

 日本人は大豆や海藻も非常に多く摂取する。
 海藻にはタンパク質が豊富で、さらに甲状腺ホルモンを整える、
 ヨウ素も多く含まれていることで知られる。

 日本には世界一効率的な医療制度も存在する。
 全ての医療費の7割を国が負担するのだが、
 患者が低収入の場合、その割合は9割まで上がる。

 また、日本人は食事の量が相対的にかなり少ない事でも知られる。
 この事は、体重のコントロールと消化に良い影響を与えている。

 日本人は何歳になってもアクティブであり続ける。
 徒歩や自転車で職場に向かう人が多く、
 高齢者も出来るだけ運動などの活動を行っている。

 そして日本人の85%が1日の終わりに湯船に浸かる。
 入浴は発汗を促し、それがデトックスとなる。
 温かいお湯は炎症とストレスを軽減する効果だけではなく、
 血行を良くし、免疫力を高める手助けもする。

 そして最後にもう1つ。
 日本では、高齢者が大きな敬意を払われているのだ」



以上になります。
実際に日本で暮らしていた人たちからの実体験を含め、
日本のライフスタイルに対し絶賛の声が殺到していました。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「日本食は味も世界一だ!」 国際機関が日本食を世界で最も健康的な料理に認定

4573573473535.png
[ 2020/07/08 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(303)

海外「日本は世界の模範だ」 ハリウッドスターの価値観を変えた日本での体験が話題に

新型ウイルスが拡大傾向にある中においても、
世界的には着用を拒否する人も少なくないマスク。
中でも世界一の感染者数と犠牲者数を出しているアメリカでは、
価値観の押し付け、或いは個人の自由を奪うものだとして、
特にマスク着用の義務付けには激しい抵抗が起きています。
英国もマスクへの拒否反応、あるいは懐疑的な見方が強い国ですが、
BBCなどの英主要メディアが、4月に入る頃まで、
公衆でのマスク着用は不要であるとする意見を、
一貫して伝えていた事も影響しているのかもしれません。

そのような中で、昨年9月に来日したブラッド・ピット氏の以下の発言が、
現在ネット上を中心に、改めて注目されています。

「最初に日本に来た時、空港で全員がマスクをしているのを見て、
 『少し大袈裟なんじゃないか』と思ったんだ。
 だけど、日本人がマスクをするのは風邪を引いている自分から、
 周囲の人たちを守るためなんだという事を知って、
 素晴らしい思いやりだと思ったんだ。
 どうして他の国の人たちはマスクをしないんだろう。
 その気になれない理由が、僕には分からない」


この発言に対して、海外から様々な反応が寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人みたいだw」 日本に溶け込みまくりなトム・ハンクスの姿が話題に

36467357875.png
[ 2020/07/07 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(289)

海外「これが本物の外交だ!」 米国国歌をギターで奏でる日本の大使の人気が凄い事に

先日4日、イギリスからの独立を祝う独立記念日を迎えたアメリカ。
例年は各地でイベントなどが行われ、多くの人で賑わいますが、
今年は新型ウイルスの感染が拡大している影響で、
首都ワシントンでは恒例のパレードが中止された他、
各地で人が多く集まる行事の中止や縮小の動きが相次ぎました。

例年とは違う雰囲気となったアメリカ独立記念日ですが、
米国にとって最も重要な祝日の1つである事には変わりありません。
在ニューヨーク日本国総領事館の山野内勘二総領事・大使はその日を前に、
アメリカへの祝福と、日米の友情への感謝の気持ちを込めて、
ロック史上最高のギタリストとも称される、
ジミ・ヘンドリックスにインスパイアされた、
アメリカ国歌「星条旗」をギターで演奏されています。

山野内氏の粋な祝福に、米国から感動の声が相次いで寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「こんな国は日本だけだ!」日本大使館からの感謝に驚きを隠せない米国の人々

35735735.png
[ 2020/07/06 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(258)

海外「結局は民度なんだよ」 BBC『日本の新型コロナの死亡率の低さが謎すぎる』

今回は、現在ネット上で非常に大きな反響を呼んでいる、
日本で新型コロナによる犠牲者の数が少ない理由に迫った、
英公共放送「BBC」の記事からです。

早速ですが、以下が要点です。

「日本の新型コロナウイルスの死亡率はアジア最低ではないが、
 それでも1〜3月の死者数は平年同期より少ない。
 4月は東京で1000人の『超過死亡』が出ており、
 これは新型ウイルスが原因の可能性もある。
 しかし今年全体で見ると、昨年より少なくなるかもしれない。

 日本が不利な条件をいくつも抱えていながら、
 また近隣諸国のような厳しい対策を取らなかったのにもかかわらず、
 犠牲者を少なく抑えた事には非常に驚かされる。

 日本は人口に占める高齢者の割合が世界一高く、
 また大都市の人口密度も高い。
 加えて『とにかく検査』というWHOの助言にも耳を貸さなかった。
 しかも、お手本とされたニュージーランドやベトナムとは違い、
 国境封鎖、厳格なロックダウン、大規模検査など、
 国による強硬的な手段を日本は一切取っていないのだ。
 それでも日本の感染者は2万人に満たず、
 犠牲者の数は1000人を下回っている。

 麻生副総理によると、日本人の『民度』が理由であるらしい。
 麻生氏のこの発言は激しく非難された。
 しかしながら多くの日本人や一定数の科学者は、
 確かに『日本はどうか違う』と考えているのだ。
 『ファクターX』が日本人を守っているのだと。

 日本人学者の間では、日本人には特別な免疫があるという説や、
 過去の感染症がマスクの習慣や追跡システムを構築し、
 それが影響を与えているなどの説が出ている。

 また日本は流行初期に『3密』を警戒し、政府が呼びかけた。
 それは実際に上手くいき、3月には感染者が急増するも、
 ミラノ、ロンドン、ニューヨークのようにはならなかった。
 英キングス・カレッジ・ロンドン公衆衛生研究所長の渋谷教授は、
 安倍首相が『出来るだけ』家に留まるように国民に要請した、
 強制力のない緊急事態宣言のタイミングが良かったと語っている。

 日本の成功は、他の国が進むべき道を示しているのか?
 その答えはイエスでもありノーでもある。
 かの国の成功を説明できる『ファクターX』は存在しないのだ。
 重要なのはいかに感染の連鎖を断ち切るかである。

 国からはあくまでも要請だったが、日本人は外出を控えた。
 また日本政府は国民に対して、混雑した場所に近寄らない事、
 マスクをする事、手を洗う事などを求めてきた。
 そして、日本ではほとんどの人が、その通りに行動してきたのだ」


以上になります。
まとめると、「巷間言われているようなX因子は実際には存在せず、
日本人の規律ある行動が成功に繋がったようだ」といった所でしょうか。

この記事には半日で4000を超えるコメントが寄せられるなど大反響。
その多くが、日本や日本人の振る舞いへの称賛で占められていました。

海外「日本は世界の模範となる国」 大地震直後の東京の様子に外国人感銘

474674646446.jpg
[ 2020/07/05 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(428)
スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング