パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



最新記事

フィリピン「ありがとう日本」 日本と自衛隊の頼もしさにフィリピン人が感動

今回は「日本はフィリピン軍の近代化を手助けする準備が出来ている」
と題された動画に寄せられたコメントを紹介いたします。

領土問題で中国との緊張が高まるフィリピンに対し、
日本がパトロールボートを提供した、という報道を受け作られた動画のようで、
基本的には日本の自衛隊が紹介されている動画になっています。

動画にはコメントが2000以上寄せられているのですが、
コメントの半分以上はフィリピンの方々からのもので、
日本に対する感謝の声を中心に、様々な反応が寄せられていました。

リクエストありがとうございましたm(__)m
JSDFd
[ 2014/11/27 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(211)

イタリア「日本は魔法の国」 カップルが映した日本に恋するイタリア人が続出

今回はイタリア人カップルの日本旅行動画から。
実は映像のカップルのお二人、日本に観光で来るのは二回目。
よっぽど初めての旅行の際に日本を気に入ってくださったのか、
前回の日本旅行からわずか一年ちょっとで再来日されています
(一度目の日本旅行に対するイタリア人の反応はこちらから)。

一度目の日本旅行では東京のみの観光だったようですが、
今回は京都のほうにも足を運んでいらっしゃいます。

映像に映る日本の姿に、恋するイタリア人が続出していました。

hqdefault_20141125112444690.jpg
[ 2014/11/26 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(193)

海外「日本のカレーって独特だなぁ」 日本の家カレーに外国人が興味津々

老若男女問わず、多くの日本人に愛されているカレーライス。
日本で初めてカレーライスのレシピ本が発売されたのは明治5年のことで、
食材としてカレー粉や鶏肉の他に、ネギ、ショウガ、ニンニク、バター、
エビ、タイ、カキ、そしてアカガエルが紹介されています。

当時カレーは主に西洋料理店で提供されており、値段はとても高額でした。
ですが明治時代後期に即席カレー粉が発売されたことなどにより、
食堂など安価なお店でもカレーライスやカレーうどん・そばが出るようになり、
次第にカレーの大衆化が進んでいきました。
大正時代に入ると、家庭料理として本格的に普及しはじめたのですが、
当時はカレー粉と小麦粉をバターなどで炒めてルウを作っていたそうです
(ちなみにその頃のカレーの色は黄色かった)。

日本人の口に合うよう独自に進化してきた日本のカレーに、
外国人から様々なコメントが寄せられていました。

youtube-0UIvs_i1kB4.jpg
[ 2014/11/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(267)

海外「笑い転げたぜ!」 タモリのインチキ外国語が外国人にも大ウケ

今日はタモリさんのインチキ外国語を聴いた外国人の反応です。

タレントとして、司会者として、長年に亘りお茶の間に愛され続けているタモリさん。
今では考えられませんが、デビュー当初のタモリさんは夜の番組にしか出せないような、
いわゆるキワモノ芸人的な存在として認識されていたそうで、
タモリさん自身、「江頭2:50が出てきた様なもの」と当時を振り返っています。
しかし1982年に『笑っていいとも!』の司会に抜擢されたことで、
『昼』の顔も認知されるようになり、現在のように一般的な人気も博すように。
『笑っていいとも!』は今年の3月末で終了してしまいましたが、
『生放送バラエティー番組単独司会最多記録』として、
8054回という放送回数がギネス世界記録に認定されています。
タモリさんの座右の銘は、「適当」「現状維持」「やる気のある者は去れ」など。

映像は、タモリさんが毎年年末最後の放送に出演するのが恒例になっている、
「徹子の部屋」の一幕で、得意のインチキ外国語を披露していらっしゃいます。
どれも本物の「外国語」に聞こえてしまう完成度の高さですが、外国人の反応はさて。

リクエストありがとうございましたm(__)m
tamorisan.jpg
[ 2014/11/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(333)

海外「やっぱ日本って面白い国だわ」 学校を全力で楽しむ高校生の姿に羨望の声

今回は「Japanese High School Students」と題された動画から。
動画のタイトルどおり、映像は日本の高校生にスポットを当てた映像です。
ところどころに女子生徒たちの日常などを挟みながら、
主に男子生徒達による非日常的なすご技が紹介されています。
おそらく高校生により文化祭向け等の目的で作られ多数投稿されている、
「バカッコイイ日常」系の動画をまとめた動画かと思うのですが、
外国人から1000以上のコメントが寄せられているなど、人気の動画になっています。

すご技も外国人に大受けでしたが、学校生活を楽しもうとする、
日本の高校生たちのその姿勢自体に、多くの外国人は感銘を受けていたようでした。

youtube-A6Xwtmy3qvc (1)
[ 2014/11/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(131)

海外「着物と子供の組み合わせは反則」 七五三の光景に萌える外国人が続出

今日は七五三の様子を収めた映像から。

文字通り、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う行事である七五三。
その起源は、まだ子供の死亡率が高かった平安時代にあるようですが、
当時はまだ11月15日に行う行事という認識はされていませんでした。
11月15日に決まったのは、天和元年11月15日(1681年12月24日)に、
五代将軍綱吉の長男、徳川徳松の健康を祈ったことに由来するそうです
(諸説あり。また、寒さの厳しい寒冷地では10月15日に行う地域も多いとのこと)。

通常男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の時に行いますが、
その理由は室町時代に一般的になった以下の儀式から。

3歳:「髪置きの儀」 男女とも髪を剃るのをやめ伸ばし始める 
5歳:「袴儀」 男子が袴を着用し始める  
7歳・「帯解きの儀」 女子が大人と同じ幅の広い帯を結び始める

日本の伝統的な行事である七五三の様子に、
外国人から様々な反応が寄せられていました。

youtube-unkzpdO3R-I (1)
[ 2014/11/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(166)

オランダ「本当に日本なの?!」 ハウステンボスの完成度にオランダ人が感動

今回はハウステンボスを観たオランダ人の反応です。

長崎県佐世保市にあるオランダの街並みを再現したテーマパーク、ハウステンボス
オランダ語で「森の家」という意味で、オランダ王室所有の4つの宮殿のひとつ、
ハウステンボス宮殿を再現したことから名付けられたそうです
(ちなみにハウステンボスの所在地の住所は「佐世保市ハウステンボス町1-1」)。

1992年に開業し、1996年には380万人の入場者数を記録しましたが、
その後は徐々に客足が減少し、2006年には初期投資の負債を解消できず、破綻。
しかし、2010年に九州財界からの要請を受け社長に就任した澤田秀雄氏の手腕により、
2011年には開業以来初の営業黒字を計上、13年末には過去最高益を達成し、
「再建終了宣言」が社長の口から出るなど、快進撃を続けています。

映像ではそんなハウステンボスの園内の様子が紹介されているのですが、
本場オランダの方々から見ても、驚きの再現度であったようでした。

youtube-auGQgFz8CmM2.jpg

[ 2014/11/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(397)

海外「他の国なら略奪されてる」 人気のない場所にある自販機に外国人仰天

今回は"Lonely Vending Machines!!"と題された動画から。

映像ではそのタイトル通り、「孤独な自動販売機たち」、
つまりともすれば唐突とも思えるような場所に1台だけ、
或いは周囲に何もない場所にポツンと設置されている、
自動販売機がいくつか紹介されています
(ちなみに孤独な自販機という今回のテーマにおいて、
 最後に登場する自販機が投稿者さんの中では「優勝者」であるそうです)。

採算が合うとは思えない場所に置くことを不思議がる声など、
コメント欄には様々なコメントが寄せられていましたが、
「孤独な自販機」たちが恙無く日々を送れる日本の治安の良さが、
多くの外国人にとっては特に驚きだったようです。

youtue-GgeK3n2RVnQ.jpg
[ 2014/11/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(242)

海外「日本の美しさは想像を超えてた」 明治神宮 神前式の光景が外国人を魅了

今回は神前結婚式を含む、明治神宮の光景を収めた映像から。

明治天皇と昭憲皇太后を御祭神とする明治神宮
(明治神宮の「宮」の字の正式な表記は「宫」)。
明治天皇は崩御後に京都の伏見桃山陵に御埋葬されましたが、
当時の東京市民から東京に神宮を造営をして欲しいとの声が高まったことにより、
1914年(大正3年)に明治神宮の造営が正式に決定。
翌1915年(大正4年)には造営が開始され、
1920年(大正9年)11月に鎮座祭が行われています。

境内の広さはおよそ70万平方メートルあるのですが、
整備のほとんどが、全国青年団など自発的に参加した方々による、
勤労奉仕により行われたそうです。

明治神宮の厳かな雰囲気、そして美しい神前式の様子に、
多くの外国人から感嘆の声が漏れていました。

youtube-0SYkcgcYu0Q (3)
[ 2014/11/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(212)

海外「日本よ、どうか変わらないで」 日本への愛を涙で語る男性に外国人が共感

映像は日本在住のアメリカ人、トムさんが投稿されたもので、
「日本を愛する理由」を涙ながらに語っていらっしゃいます。

トムさんがお一人で大阪にやってきたのは18歳の頃。
当時はまだ日本語が話せない状態だったのですが、
大阪だけではなく、どこに行っても日本人はとても優しく接してくれたそうです。
またその優しさも、母国アメリカと比べると、はるかにレベルの高いものであったとも。

そしてこの動画を作成するきっかけになった、とある出来事を紹介されています。
動画制作当日のことなのですが、仕事が終わってご自宅のアパートに戻ると、
建物の一階にあるお店が新しくオープンしていたそうです。
ご近所の住民たちとは皆顔見知りなので挨拶をしにそのお店に入ってくと、
開店祝いをする為にご近隣のお店のオーナーさんなどが集まっており、
トムさんの姿を見るや、「おーっ、トムも来たのかー!」と大歓迎で迎え入れてくれ、
トムさんが大好きなパスタを無料でご馳走してくれたそうです。
顔見知りとは言っても、ご近所さんの多くはトムさんを詳しく知っているわけではなく、
トムさんのラストネームも知らないような関係性。
そのような中温かく迎え入れてくれたことを撮影中に思い出し、
「ここ4年間で2回しか泣いたことがない」そうなのですが、
思わず熱いものが込み上げてきてしまったようです。

他にもトムさんが初めて越してきた時にご近所にギフトを配ったのですが、
そのことを皆さんが覚えていてくれたことにも、大きな幸せを感じたそうです。

母国の物事も愛しているが、日本の事が本当に大好きで、
天国に旅立つその日まで日本で暮らしたいと口にするトムさん。
そんなトムさんの日本に対する想いに、外国人から多くの共感の声が寄せられてました。

youtube-O7nRLkgN6P4.jpg
[ 2014/11/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(289)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅


管理人:ニャン吉
副管理人:kite

現在の訪問者数
スポンサード リンク
おすすめリンク
人気の記事
PR
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめリンク


ブログパーツ アクセスランキング