パンドラの憂鬱



最新記事

海外「日本は何を隠してるんだ…」神社の鳥居が神秘的すぎると海外ネットで話題に

神域と人間が暮らす俗界を区画する結界であり、
神社の建物が作られるようになる前から存在していた鳥居。

考古学的起源についてはっきりとしたことは分かっていませんが、
少なくとも8世紀頃には現在の形が確立していたそうです。
語源についても諸説あり、鶏の止まり木を意味する「鶏居」、
或いは古代からの建築用語である「鳥居」を語源とする説、
インドや中国などの外国から入って来た言葉が由来だとする説、
「通り入る」から転じた借字説などが提唱されています。

さて、今回の翻訳元では、1945年の長崎への原爆投下後と、
2011年の東日本大震災後に撮影されたとする2枚の写真が紹介されており、
周囲は壊滅的な被害を受けているのにも関わらず、
神社の鳥居だけは変わらぬ姿で堂々と聳立する姿が写っています。

多くの外国人にとっては信仰する「神」は違うはずですが、
それでも神秘的な何かを感じずにはいられなかったようでした。

「日本には八百万の神様がいるから」 神社の鳥居の多様性に外国人から驚きの声

139791.png
[ 2018/07/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(244)

『日本は他のアジアとは全く違う』 トーレス選手が語る日本を愛する理由が話題に

サガン鳥栖に加入した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス選手が、
今月16日に行われたウェルカムセレモニーに登場し、
約2500人のサポーターたちから歓迎を受けました。
トーレス選手はすでにチームの練習にも参加しており、
最短で22日にJリーグデビューする予定とのことです。

ヨーロッパ各国、アメリカ、中国、豪州など、
様々な国のチームが獲得に動いた中、日本のチームを選択したトーレス選手。
サッカー専門サイトのGoal.comが、
「トーレスが日本を愛する理由を説明」
というサブタイトルのインタビュー動画を投稿していたのでご紹介します。


「コンニチハ、フェルナンド・トーレスデス。ヨロシクオネガイシマス。

 私をサッカーに導いてくれたのは『キャプテン翼』でした。
 初めて観たのは5歳から7歳くらいの頃だったと思いますが、
 それまでサッカーボールに触れたことはありませんでした。
 チャンネルを正確に調整する必要があった事を今でも覚えていますよ。
 『キャプテン翼』の放送中は、文字通りテレビ画面に釘付けでした。

 サガン鳥栖の社長がマドリードを訪れてくれた何回目かの時に、
 アトレティコ・マドリードのユニフォームに身を包んだ僕と、
 大空翼の絵が描かれた一枚の絵を持って来てくれました。
 「キャプテン翼」の原作を描いている方のサインが入った物です。
 サガン鳥栖の方達は、僕がファンである事を知っていたんですね。
 僕が喜ぶだろうと考え、親切にもプレゼントしてくれたのです。

 僕は日本人の行動規範が大好きなんです。
 とても礼儀正しいですし、他人に干渉することがありません。
 日本は他のアジアの国とは全くと言っていいくらいに違う。
 実際に日本を訪れた時にそのことに気がつきました。
 特にキャリアの重要な時期に、その事に気付けたのは良かったですね。

 2015年にサガン鳥栖と対戦しているのですが、
 サガン鳥栖のスタジアムの雰囲気は感動的だった。
 観客が多く、ほぼ満員状態でした。
 巨大なバナーやフラッグがあって、全員が応援に参加していた。
 アトレティコのメンバーは本当に感銘を受けたのです。
 スタジアムが満員になるということは、サッカーを愛し、
 サッカーと共に生きているチームでありファンであるということ。
 そうでなければ満員になることはありません。
 情熱的なファンがいることは、僕にとって常に重要なことなのです。
 その辺りのことが、サガン鳥栖を選んだ大きな要因になっています」



以上になります。
高橋陽一先生から贈られた実際の絵をご自身のSNS上に投稿されており、
そちらも話題になっていましたので、併せてご紹介します。

海外「こんな国他にないよ」 日本のおもてなしに海外サッカーファンが大感激

1531715377_961216_1531715937_noticia_normal.jpg
[ 2018/07/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(250)

海外「日本の外交的勝利だ」 日欧巨大貿易圏の誕生にショックを受ける米英の人々

安倍総理は17日、欧州連合(EU)のトゥスク首脳会議常任議長(EU大統領)、
ユンケル欧州委員長と首相官邸で会談し、経済連携協定(EPA)と、
政治的な協力関係を強化していくことを目的とする、
戦略的パートナーシップ協定(SPA)に署名しました。
これで日欧双方の関税が広く撤廃・削減されることになり、
世界のGDPの約3割、貿易の約4割を占める最大級の経済圏が誕生します。

なお署名式は当初、安倍総理がブリュッセルを訪れ行う予定でしたが、
西日本豪雨を受けて総理が外遊を取りやめたため、
トゥスク氏とユンケル氏が来日する運びとなりました。

今回の巨大経済圏の誕生をアメリカやイギリスのメディアも大きく報道。
通常経済ニュースにはあまりコメントが寄せられる事がない中、
このニュースには米英の方々から多くのコメントが寄せられており、
そのほとんどが、「取り残された」母国を嘆くものでした。

英国「終わりの始まりだ」 日本企業の撤退の可能性に衝撃を受ける英国の人々

141357.jpeg
[ 2018/07/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(581)

海外「何で日本じゃないんだ!」 W杯 『フェアプレー賞』の選定でFIFAが炎上状態に

フランスの優勝で幕を閉じたFIFAワールドカップロシア大会。
決勝戦終了後には、FIFAが各賞の受賞者/チームを発表しています。

最優秀選手の「ゴールデンボール賞」には、主将として7試合全てに出場し、
2点を挙げて初の準優勝に貢献したクロアチアのモドリッチ選手が選ばれました。
また、「ゴールデンブーツ賞」(得点王)にはイングランドのケーン選手が、
「ゴールデングローブ賞」にはベルギーのクルトワ選手が、
そして「ヤングプレーヤー賞」には、フランスのエムバペ選手が選ばれています。

他にもチーム全体に対する「フェアプレー賞」も発表され、
こちらは日本同様ベスト16で敗退したスペインが受賞しました。
しかし、受賞チームを発表したFIFAの公式フェイスブックの投稿には、
日本が選ばれなかったことに対する不満の声が殺到。
ほぼ炎上に近いような状態になっています。

コメント欄に寄せられた反応をまとめましたので、ご覧ください。

海外「日本はさすがだ…」 国王来日 日本のおもてなしにスペインから感動の声

13958305.png

[ 2018/07/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(514)

海外「ありがとう自衛隊!」 革命記念日パレードに参加した自衛隊にフランスから感動の声

今月14日、フランス革命記念日にあわせて、
パリ中心部のシャンゼリゼ通りで恒例の軍事パレードが行われ、
日仏友好160周年を記念して招待されていた、
自衛隊の隊員7名がパレードの先頭を行進しました。
自衛隊の参加は2008年と2014年に続き3回目となります。

なお、マクロン大統領はパレードのあと、
河野外相と自衛隊員の方々と撮影した写真と共に、
「本日シャンゼリゼに御臨席の日本国外務大臣、
 パレードにご参加いただいた日本の自衛隊の皆様へ
 このたびの豪雨の被害者の方々へ、
 フランス共和国を代表し、謹んで哀悼の意を表します。」

という日本語のメッセージをご自身のツイッターに投稿されています。

関連投稿やツイッター上には、自衛隊のパレード参加に対し、
フランスの人々から様々なコメントが寄せられていました。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「日本だけは敵にしたくない」 自衛隊の映像が格好良いと外国人に大人気 

37075469_2020853557945821_4609951809417510912_n.jpg
[ 2018/07/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(480)

海外「日本製だと思ってたのに…」日本ブランドを利用する中国企業にベトナム人が激怒

現在アジア地域を中心に急速に業績を伸ばしている、
中国資本の日用雑貨チェーン「メイソウ(名創優品)」。
実際には中国で経営が行われている企業なのですが、
本社所在地は日本に置かれていたり、ロゴにカタカナが使われていたり、
商品の表面/裏面表記が日本語で書かれていたりするなど、
「日本ブランド」を前面に押し出した販売戦略を採っています。

そのメイソウが、現在ベトナムで快進撃を続けており、
2019年までに500店舗の開設を計画しています。
その実態が「Made in Japan」の威光を借りた中国資本であることが、
ベトナム進出以来現地でも度々取り上げられており、
日本発だと勘違いしないよう注意喚起もされているのですが、
今でも日本企業と認識している方は少なくないようです。

実態を伝える投稿には、主に日本企業と信じていた方々から怒りの声が続出。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

海外「日本方式にしておけば…」 高速鉄道 『中国の嘘』にインドネシア人が失望

1249128.jpg
[ 2018/07/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(764)

海外「天才的な発想だw」 とある日本人の英訳センスが素晴らし過ぎると話題に

日本人にとって一番身近な外国語でありながらも、習得は非常に難しい英語。
日本人が英語をマスターするには最低でも1500時間は必要とされ、
日本語だけでも日常生活に全く支障がない私たちにとっては、
やはり勉強する特定の目的などがない限りは、習得は難しいようです
(北欧に英語を話せる人が多いのは、人口が少ない国が多く、
 TV番組や本、特に専門書を作るのは不経済であるため米英からの輸入が多く、
 自然日常生活で英語に触れる機会が多いのも大きな要因の1つとされる)。

さて今回は、長嶋茂雄さんの珍解答として日本のネット上では有名な話なのですが、
「I Live in Tokyo」という英文を過去形にしなさい、
という問題に対して示された、ユニークな解答が紹介されています。

多くの人々にとってはとても斬新な発想だったようで、
コメント欄には爆笑する外国人が相次いでいました。

「日本人に英語は必要ない」 『日本人が英語を話せない理由』に海外から様々な声

36839164_691021911239498_1231598708399800320_n.jpg
[ 2018/07/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(207)

海外「これこそ真の先進国の姿だ」 安倍総理が被災地で取った行動に外国人が衝撃

多くの犠牲者を出した西日本豪雨は今日13日、
大雨特別警報が出た6日から1週間を迎えました。

犠牲者の数が200人を超える中、行方不明者の捜索が続いていますが、
現在でも少なくとも60人の方と連絡が取れていません。
また、孤立状態にある方々や地域も今なお多く、
2万人と最も多かった10日に比べると次第に解消には向かってはいるものの、
広島県と愛媛県では、依然2000人の方が孤立状態にあるとみられています。

日用品の不足など様々な面で被災者の不安が募る中で、
安倍総理が被災地の避難所などを視察しているのですが、
その際の様子を写した写真が外国人に大きな驚きを与えています。

写真には、安倍総理が膝をついて被災者の方に接する姿が。
安倍総理に限らず日本のほとんどの政治家が、
やはり同じような振る舞いをするのではないかと思いますが、
一国のトップが同じ視線の高さで国民に接する姿は、
多くの外国人にとって信じがたい光景であるようでした。

中国「日本、この恐ろしい国よ」 遅刻し小走りする安倍首相に中国人が感銘

142974975.jpg
[ 2018/07/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(637)

海外「俺達は日本に勝ったのに…」 日本の画期的な幼稚園を目にして落胆する海外の人々

今回は、東京都立川市にある「ふじようちえん」にスポットを当てた動画からで、
「ふじようちえん」を設計した手塚貴晴さんがTEDで行った講演が、
実際の園内の様子を映した映像とともに短く紹介されています
(映像の再生数は、短期間で5500万回を突破している)。

以下が手塚さんの講演の日本語訳になります
(編集が若干継ぎ接ぎ気味なので、一部完全版を元に補足しています)。

「子どもはある程度、危険な出来事を体験しておく必要があると私は思います。
 時に転んだり、時に怪我をしたりして、人生をどう生きるかを学ぶのです。
 子ども達を教育していく上で大切なのは、子ども達をコントロールしないこと、
 そして過保護にしないこと、この2つだと考えています。

 この幼稚園は、完全にオープンな場所になっています。
 子ども達はやはり、外にいるべきではないでしょうか。
 そういう考えから、オープンにしているのです。

 教室の中には木が3本植えられており、木々は外に向かって伸びています。
 時には1つの木に、40人の子どもたちが同時に登っている時もあります。

 ここは、一年のほとんどの間、完全に解放されています。
 中と外との隔たりはありません。この建物は基本的に、屋根なんです。
 私たちは音もとても重要だと考えているため、防音にもしていません。
 大勢の子ども達を静かな空間に閉じ込めてしまうと、
 中にはとてもナーバスになってしまう子が出てくるのです。

 子どもたちは授業中、素晴らしい集中力を見せてくれます。
 また、ここの児童たちは、他の多くの幼稚園の児童よりも、
 高い運動能力を持っていることも分かっています。

 建築は、世界を変えることができるのです」



以上になります。
映像の冒頭には、「この壁のない日本の幼稚園は、
他の国に恥ずかしい思いをさせるだろう」
というキャプションがありますが、
実際に多くの方が、治安面や両親の意識の面などで、
社会的な差を感じずにはいられない内容だったようでした。

海外「日本人受賞者ばかりだ」 坂茂氏が『建築界のノーベル賞』を受賞

102485204.jpg
[ 2018/07/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(377)

海外「誰か日本を止めるんだ!」 日本で放送中のアニメが斜め上を行き過ぎだと話題に

今回は、巨大サイト「9GAG」の投稿からで、
先日放送が始まったアニメ「バックストリートガールズ」が紹介されています。

「バックストリートガールズ」はヤングマガジンで連載中の漫画が原作で、
大きなミスを犯してしまった暴力団の若手組員が、
不始末の落とし前として性転換と全身整形手術を受けさせられ、
女性地下アイドルグループ「ゴクドルズ」としてデビューさせられてしまう物語。
かなり強烈な設定ですが、あくまでもギャグ作品であり、
人気アイドルとなった3人組の葛藤が面白おかしく描かれています。

この異色すぎるアイドルアニメに外国人は騒然。
日本人の自由すぎる発想に、改めて感動を覚えていたようでした。

海外「笑い死ぬかと思ったw」 日本が生んだ革命的な恋愛ゲームに世界が衝撃

141985.png
[ 2018/07/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(347)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

おすすめリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサード リンク





ブログパーツ アクセスランキング