パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



最新記事

海外「何で日本だけ責めるんだ!」 日本の捕鯨に批判的なBBCに外国人から怒りの声も

今回は、「なぜ日本は今も捕鯨を続けるのか」と題されたBBCの記事から。

以下が記事の要点になります。
(結論は「官僚と政治家が予算と自分の席を守るため」というものなので、
 最後の青文字の部分だけ読んでいただければ十分かと思います)


・捕鯨は、日本人のお腹を満たす事とは無関係である。
 国際的な非難を浴び、経済的ではないのにもかかわらず、
 なぜ日本は捕鯨を続けているのだろうか。


・日本政府の回答は、
「捕鯨は日本の伝統文化であり、外国が日本人に対して何を食べるべきか、
 何を食べるべきではないかを決めるべきではない」というものだった。
 実際に日本の多くの沿岸の町では、何世紀にも渡って捕鯨が行われている。


・日本では捕鯨が文化であるように、ノルウェー、アイスランド、
 カナダのイヌイットにとっても文化の一部であるが、
 捕鯨のために南極海まで大きな捕鯨船を送っている国は日本だけである。


・南極での捕鯨は、日本にとって伝統的なものではなく、
 本格的な狩猟が行われるようになったのは、戦後になってからである。
 戦後の日本は国土が荒廃し、食糧危機にあえいでいた。
 そのため、マッカーサーの勧めによって、南極海での捕鯨を開始した。
 40年代後半から60年代半ばまで、日本人にとって肉と言えば鯨肉だった。
 しかし今では米豪から牛肉等を輸入できるだけの余裕がある国なのだ。


・日本が捕鯨を正当化するために示している他の根拠は、
 研究のためにクジラを年に何百頭か捕殺する必要があるというものだ。
 国際司法裁判所は、日本の捕鯨は調査目的ではないと断定し、
 日本の調査捕殺を禁止にし、日本もその決定に従っていたが、
 昨年日本は再び南極海に捕鯨船を送り出している。


・グリーンピース・ジャパンで働いていた日本人女性サクマさんの話によると、
 現在築地で鯨肉を扱っているのは2社だけである。
 南極海での調査捕殺を行なっていなかった期間、
 需要と供給の関係から鯨肉の価格は上がるはずだが、実際はそうではない。
 サクマさんは、「ほとんどの日本人は鯨肉を食べません」と述べている。
 2015年の日本人の鯨肉の平均消費量は、わずか30グラムだった。


・鯨肉が日本文化にとって重要なものであるのならば、
 どうして消費量がそんなに少ないのだろうか。
 筆者の20年来の旧友である日本人男性に訊ねたことがある。
「もし日本が捕鯨をやめたらあなたは悲しいだろうか」と。
 友人は静かに首を横に振りながら口にした。
「牛肉があれば、鯨肉を食べる必要はないよ」
 その友人と同世代の人たちにとって鯨肉は、懐かしの味なのだ。


・ここで元の質問に立ち返ろう。どうして日本は捕鯨を続けているのだろう。
 最近筆者は、とある日本政府の高官に対して、
 なぜ私が日本の捕鯨をおかしいと思っているのかを短く説明した。
 その高官は「私も同意見だ。南極海での捕鯨は日本の文化ではない。
 国際イメージを悪くするし、商業的な需要だってない」と口にした。

 他のジャーナリストに「じゃあなぜすぐにやめないんだ」と問い詰めると、
「複数の重大な政治的な理由がある。だから今やめるのは無理だ」と答えた。

 前述のサクマさん(元グリーンピース)は、日本が捕鯨をやめないのは、
 日本の捕鯨は国営事業であり、莫大な予算が付くものだからと考えている。
「捕獲調査に関する仕事に携わっている官僚たちにとって、
 自分たちの代に職員が減ることは恥ずかしいことなんです。
 政治家も票を獲得する為なら、商業捕鯨の再開を有権者に約束するでしょう。
 それが、自分の席を維持するための方法なのです」


・信じられないくらいに馬鹿馬鹿しい話に聞こえるかもしれない。
 しかし、捕鯨を続けるという日本の固い決意は、複数の国会議員や、
 予算をカットされたくない数百人の官僚にまで及ぶものなのかもしれない。



以上になります。
「日本は意味もなく鯨を捕殺している」と言ってるに等しい記事なのですが、
半数以上の外国人はこのネガティブな記事を読んだ上でなお、
日本の捕鯨に理解を示し、BBCの姿勢を非難していました。

海外「日本よ、負けるな!」 海外で高まるシーシェパードへの非難の声

whaling.jpg
[ 2017/08/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(823)

海外「こんな綺麗な国だったのか!」 日本の四季を映した映像が美しすぎると話題に

今回ご紹介する映像は、「古き良き日本を世界にPRする」活動をされている、
映像作家兼フォトグラファーの堀琥治郎さんが製作したもので、
ここでもやはり「古き良き日本」の情景を踏まえた上で、
日本の四季が「自然の声」とともに紹介されています。

発信元のページは現在のところはまだ小さなコミュニティーなのですが、
様々なサイトでシェアされたこともあり、映像は大きな反響を呼んでいます。
寄せられた反応をまとめましたので、ごらんください。

「俺は日本人じゃないのに…」 外国人が映した日本の日常に海外から感動の声

 2017-08-19

[ 2017/08/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(240)

海外「日本仕事早すぎ!」 日本主導の大規模地下鉄計画にフィリピンから歓喜の声

アジア最悪とも言われているフィリピンの交通渋滞。
それを解消することが長年課題になっているのですが、
実効性のある対策として、地下鉄の建設が挙げられています。

その実現のために、先日日本政府は数千億円規模のODAを、
フィリピンに供与する方向で検討していることを発表。
安倍総理は今年11月にフィリピンで開催されるASEAN関連首脳会議で、
その旨をドゥテルテ大統領に伝える予定です。

借款の条件として、日本の技術などを活用する事を求めるとみられており、
そうなれば、日本の鉄道事業者やゼネコンが計画に参加する事になります。

大手地元紙が「世紀のプロジェクト」と呼ぶこの鉄道計画は、
2020年に着工、2024年に完工、そして2025年に開業予定。
1日約35万人の利用客を見込んでいます。

ODAの供与はまだ検討段階ではあるのですが、ほぼ確定であり、
フィリピン初の地下鉄が「日本製」になるということで、
現地の人々からは喜びの声が殺到していました。

海外「日本、頑張ってくれ!」 受注競争 新幹線の勝利を願う東南アジアの人々

17968875_1464693226886269_632755395_o.jpeg
[ 2017/08/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(540)

海外「日本人は民度が高いから…」 日本の印鑑文化に外国人から羨望と心配の声

かつては洋の東西を問わず用いられていた印章(判子)。
ヨーロッパでは、識字率が向上していったことなどによって、
19世紀にはほとんど手書きのサインに取って代わられたそうです。
アジアでは東アジアを中心に印章文化が広がっていますが、
現在でも印鑑登録の制度が残っているのは、日本だけになっています。

日本人にとっては大変身近な日用品である印鑑ですが、
当然大半の外国人にとってはかなり珍しい物。
日本の社会における印鑑の役割を紹介した投稿には、
その利便性を羨む声や、落とした場合に悪用される事を心配する声など、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をごらんください。

海外「貧富の差が少ないから」 外国人が語る日本の犯罪率が低い理由

Hanko.jpg
[ 2017/08/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(316)

海外「日本が復活しようとしている」 日本経済の絶好調ぶりが海外でも話題に

先日内閣府が発表した今年4月から6月の実質GDPの成長率は、
個人消費や設備投資が堅調に推移していたこともあり、
年率で4.0パーセント増と、6期連続(11年ぶり)のプラス成長となりました。
なお、生活実感に近い名目GDPは年率で4.6パーセントのプラスです。

TIME誌は、「日本はG7で最も急速に経済成長している」と報じ、
ロイターやガーディアン紙も、伸び悩む他のEU圏と比較する形で、
日本経済の好調ぶりを伝えています。

この報道に外国人からは驚きの声や、逆に納得の声など、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本の底力を信じてる」 ビル・ゲイツ氏が予測する日本の未来が話題に

DHLRQKzVYAEsL-h.jpg
[ 2017/08/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(723)

海外「アジアで最も美しい都市」 札幌の景観の美しさに外国人から絶賛の声

北海道の政治、経済、産業などの中心地である札幌市。
人口は196万人で、国内第5位の規模を誇り、
北海道の35パーセント、都市圏では約半分を占めています
(1960年に50万人、1970年に100万人、1985年に150万人を突破)。

市名の由来は諸説あり、アイヌ語の「サッ・ポロ(乾きたる広い場所)」、
「サッ・ポロ・ペッ(甚だしく乾燥する川)」、
「サリ・ポロ・ペッ(その葦原が広大な川)」などで、
豊平川、或るいは豊平川の氾濫した跡が乾燥して広大な乾地になった事に因む、
という説が有力になっているようです。

さて、今回ご紹介する写真は、大通公園内にある「さっぽろテレビ塔」から、
「都市景観100選」などにも選ばれている大通公園を撮影したものなのですが、
その景観の美しさが、外国人からも絶賛されていました。
寄せられた声の一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本は本当にラッキーだ」 北海道の雄大な自然風景に外国人から感動の声

20615605_2107853369441571_7291465535700570312_o.jpg
[ 2017/08/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(405)

海外「その頃俺の国なんて…」 600年前から今も続く日本の気象データに驚きの声

長野県の諏訪湖は、毎年冬に全面凍結し(最近では頻度が減少している)、
年によっては氷の厚さが10センチを超えることもあるのですが、
マイナス10度の冷え込みが数日続くと、湖面の氷が大音響と共に盛り上がる、
「御神渡り(おみわたり)」と呼ばれる自然現象が起きます。

この現象は、諏訪大社上社の男神が湖を渡った跡、という言い伝えがあり、
現在でも、「御神渡り」かどうかを認定する拝観式が行われています。

この「御神渡り」に関する記録は、少なくとも1443年から続いており、
数百年に及ぶ気候の変化が分かる記録として、海外の研究者たちも注目。
実はフィンランドでも1693年以降(1715年〜1721年の間は途切れる)、
スウェーデンとの国境を流れるトルネ川の氷が解けた日時が記録されており、
この日本とフィンランドで記録された膨大な気候データによって、
地球温暖化と産業革命に大きな関連性があることが明らかになっています。

「御神渡り」に関連する投稿には様々な反応が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「なぜ日本にばかり…」 日本の老舗企業の圧倒的な歴史に外国人が衝撃

lakesuwa.jpg
[ 2017/08/15 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(350)

海外「日本は何を隠してるんだ」 法隆寺に眠る地球外生命体の像に外国人が衝撃

現存する世界最古の木造の塔である、法隆寺の五重塔。
その初層には、「五重塔初層安置塑像群」があり、
そのうちの80件が国宝に指定されています。

この「五重塔初層安置塑像群」の1つに涅槃の場面を表したものがあり、
釈迦の入滅を悲しむ弟子や信者の塑像が釈迦の像を取り囲んでいるのですが、
その塑像群のうちの3体が、他の像とは明らかに造形が異なっています。

1966年に発行された、「原色日本の美術〈第2巻〉法隆寺」では、
3体はそれぞれ馬頭形、鼠頭形、鳥頭形と紹介されているのですが、
なぜ法隆寺の五重塔にこの異形の塑像が安置されているのか、
そしてなぜ3体だけなのかは分かっていません。

海外サイトがこの塑像を取り上げた所、まるでエイリアンのようだと話題に。
日本以外でも造形が似ている像がいくつも発見されていることから、
その関連性を指摘する声など、様々な反応が寄せられていました。

海外「やっぱ日本人は…」 火星にある『日本の古墳』に外国人が仰天

horyujitemple.png
[ 2017/08/14 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(394)

海外「さすが日本だ!」 馬車で大使を送迎する日本の礼遇にブルネイ人が感動

日本では、外国の特命全権大使や特命全権公使が新たに就任した際には、
派遣元の元首からの信任状を天皇陛下に対して捧呈する、
信任状捧呈式が皇居宮殿で執り行われます。

信任状捧呈式のため皇居に向かう際、大使は東京駅から宮殿南車寄まで、
移動手段として自動車か儀装馬車かを選ぶことが出来るようになっており、
ほとんどの大使は、馬車での移動を選択するそうです。

翻訳元の映像では、ブルネイのカミラ・ハニファ閣下が、
信任状捧呈式から馬車で戻られた際の様子が収められています。

日本のおもてなしに、ブルネイの方々から感激の声が多く寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「唯一のエンペラーだし」 海外訪問中の両陛下の車列が物凄い

hqdefault_20170806164543b66.jpg
[ 2017/08/13 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(445)

海外「日本発祥じゃないのか!」 天ぷらの真実を伝えるBBCの記事に外国人が衝撃

今回は、「天ぷらの真実」と題されたBBC Travel の記事から。

早速ですが、以下が要点になります。


・1543年、3人のポルトガル人船員を乗せた中国船が、
 航路を外れて、日本の種子島に漂着した。
 その3人は、日本を訪れた最初のヨーロッパ人で、
 3人が来た方角、そして日本人とは異なる見た目をしていたことから、
 日本人は彼らのことを南蛮人と呼んだ。


・この時期の日本は内戦中であったこともあり、
 2カ国間で主に銃の取引が開始されることとなった。
 後々には、石鹸やタバコや羊毛、レシピでさえも取引された。


・しかしキリスト教は国に害を及ぼすと考えた時の将軍、家光のため、
 1639年にポルトガル人は日本から姿を消した。
 しかし、ポルトガル人は素晴らしい物を日本に残していた。
 緑豆を揚げた料理、ペイシーニョシュ・ダ・オルタだ。
 現在日本でそれは天ぷらと呼ばれ、定番料理の1つとなっている。


・その料理の伝統に縛られていなかったこともあってか、
 日本人は「中身」を変えるなど手を加えていった。
 現在では海老からさつまいも、椎茸まで具材として用いられている。


・天ぷらの語源は、ラテン語の「Tempora」である。


・ミシュランの星を獲得したリスボンのレストランのシェフ、
 Jose Avillezは天ぷらについてこう述べている。
「日本人は私たちの料理を継承し、それを更に進化させたのです」

 

以上になります。
要は天ぷらの起源はポルトガルにあった、という記事なのですが、
外国人から様々な声が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本史面白い!」 鉄砲伝来から開国までの流れに外国人感激

 2017-08-12
[ 2017/08/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(623)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅




管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング