パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



最新記事

海外「日本は常に味方でいてくれた」 北方領土返還を求めデモを行うウクライナの人々

共にロシアからの領土の奪還を目指している日本とウクライナ。
そのため共闘意識を抱いているウクライナの方々も少なくないようで、
今月7日の「北方領土の日」の日には、ウクライナの団体の方々が、
在ウクライナ・ロシア大使館の前で、抗議活動を行ってくださっています。
今回は、その際の模様を撮影した映像をご紹介します。

映像内の主張内容は以下。

「今日、私たちは3つの重要なこと、何よりウクライナ人にとって、
 とても重要なことを宣言する必要があります。
 そしてそれは、私たちが理解しなければならないことです。

 現在、ロシアに対して領土の返還を求めている国は、
 世界に2カ国だけしかありません。ウクライナと日本です。
 このことが、ウクライナと日本を自然に結びつけているのです。
 日本の場合は、ロシアに北方領土を占領され、
 ウクライナはクリミア自治共和国を占領されています。
 このことがまず一点。

 二点目は、日本はすでに積極的にウクライナを支援してくれている事です。
 経済的に、政治的に、包括的な協力をしてくれています。

 そして三点目は特に重要です。
 日本は今まさに、徐々にではあるものの、
 力強い国家の復活を果たしているという事です。
 愛国的な傾向も強まっています。
 特に強力な軍隊の復活に力を入れていることは重要です。
 私たちも強力な軍隊を再建/作るべきなのか、その決断を迫られています。

 事実、ウクライナと日本は、まさに同じ問題を抱えているわけです。
 ユーラシア大陸の東側に位置する日本、西側に位置する私たちは、
 共にロシアとの領土問題を抱えているのです。
 そして、軍隊を再興するという目的も共通しています。
 ウクライナは再び核兵器を保有し、日本も核の力を持つのです。

 私たち2カ国が共に抱えている事柄は、火急の地政学的問題です。
 彼らが、つまりロシアが変わることは絶対にありえません!
 帝国は時代が変わっても帝国のままなのです。
 クロコダイルと同じように、彼らは新しい領土を獲得しなければ、
 生き続けることができないのだから。

 ウクライナに栄光あれ! 英雄たちに栄光あれ!
 テンノウヘイカ、バンザイ!」


以上になります。

動画などにはウクライナの方々からのコメントはそこまで多くなく、
自然抽出したコメントも少なめになってしまったのですが、
非常に興味深い映像ですので、ぜひごらんください。

海外「日本の領土のように思える」 外国人が尖閣諸島の歴史を解説

im_bf0f9173e93b067f0ec9d46e6c0e14ab.jpeg
[ 2017/02/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(315)

海外「日本人は危険だ…」 日本女子バレーの革新的な特訓ロボットに驚愕の声殺到

今回は、先日初公開された、バレーボール全日本女子の秘密兵器から。

去年ブラジルで開催されたリオオリンピックでは、
惜しくも準々決勝で敗れたバレーボール全日本女子ですが、
大会直前の合宿では、世界初の試みとなる練習が行われていました。

その練習の相手は、ロボット。
3体の人型ロボットがネットに沿ってレールの上を高速で左右に移動し、
選手のアタックをブロックしていきます。

このロボットは、当時の眞鍋監督が、TBS系の人気バラエティー番組、
「炎の体育会TV」に登場するロボキーパー「コージ君」を見て思いつき、
筑波大学に開発を依頼し、誕生したそうです。

大会前にこのロボットの存在が他国に知られてしまうと、
日本の優位性が失われてしまうことから、これまでは非公開でしたが、
先日NHKが初めて取材を許可され、その映像が公開されています。

海外からは驚きの声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本人が怖い」 江戸時代に作られたカラクリ人形の性能に外国人が驚愕

 2017-02-235
[ 2017/02/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(215)

海外「何で日本はこうも特殊なんだ」 米誌が映した伝統とモダンが融合する日本の姿

今回ご紹介する映像は、ナショナル・ジオグラフィックが投稿したもので、
日本社会で見られる「伝統」と「ウルトラモダン」のコントラストを、
主なテーマにした作りになっています。

日本に生まれ、日本で生活していると気づきにくい点かもしれませんが、
実際に日本を旅した経験を持つ多くの外国人が、
日本の特徴を伝統とモダンの共存だと考えているようでした。

海外「なぜ日本にばかり…」 日本の老舗企業の圧倒的な歴史に外国人が衝撃

 2017-02-123
[ 2017/02/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(391)

海外「日本から母国に戻ると辛い…」 日本人と外国人のモラルを比較した映像が話題に

今回ご紹介する映像では、インド、メキシコ、そして日本の鉄道利用客が、
電車に乗り込む様子がそれぞれ紹介されています。

インドやメキシコでも地域などによって変わるのではないかと思いますが、
少なくとも映像では、電車が到着したホームはかなり騒然としており、
乗客は我先にと車両の中に乗り込んで行こうとしています。

一方日本のホームを映した映像では、列に並んでいる方たちが、
車内の乗客が先に降りるのを静かに待ち、全ての乗客が降りてから、
やはり静かに車内に乗り込んでいく様子が収められています。

音だけを聞いていてもかなりの違いがあるのですが、
インドとメキシコの乗客のマナーが酷いと言うよりも、
日本の乗客が整然とし過ぎている、と感じた外国人が多かったようで、
コメントの多くは、日本に贈られた称賛の声でした。

海外「日本って凄いね…」 ライブの観客のマナーに外国人から賞賛の嵐

2506049851_7117dedb8b-1.jpeg
[ 2017/02/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(420)

海外「何だよこの清潔感は…」 100年前の日本の日常を収めた写真に外国人が衝撃

今回ご紹介する一連の写真は、ドイツ生まれのアメリカ人写真家、
アーノルド・ジェンスが、1908年(明治41年)に半年間日本に滞在した際に、
当時の日本の町の風景や市井の人々の日常を撮影したものです。

上記の写真も含め、ジェンスが残した写真は米議会図書館に引き取られ、
ジェンス・コレクションとして、約2万枚に及ぶ写真が、
インターネット上で無料で閲覧可能になっています。

日本で撮影された写真を大手アート系サイトがFB上で何度も投稿しており、
美しい写真群にコメント欄には海外から多くの驚きの声が寄せられています。
その一部をご紹介しますのでご覧ください。

海外「日本は昔から先進国だったんだ」 戦前の東京を映したカラー映像が凄い

19085.jpeg
[ 2017/02/21 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(347)

海外「神道の影響がここにも…」 森林浴という日本独自の概念に外国人が感動

今回は、日本独自の概念である、「森林浴」にスポットを当てた投稿から。

樹木に包まれて精神的な癒しを求める行為である森林浴は、
保養に森林を活用する目的で、1982年に林野庁によって提唱されました。

当初、森林浴が体に良いとする科学的データはありませんでしたが、
2004年から2012年にかけて、林野庁や厚生労働省などの機関が、
約4億円をかけて生理学的・心理学的効果を研究したところ、
心拍数と血圧を下げ、ストレスホルモンの生産を減らし、
免疫システムを強化するなど、健康の改善に寄与することが分かったそうです。

近年海外サイトが日本に森林浴という概念・言葉があること、
そして実際にセラピー効果があることをこぞって取り上げており、
Shinrin-yokuという言葉が世界中で定着する日も遠くないかもしれません。

関連投稿には大きな反響が寄せられていました。
外国人の声の一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「日本で神の存在を感じた」 熊野古道の神秘的な雰囲気が外国人を魅了

1db48e4d-ace3-4832-af10-5d59c52ce4e1.jpeg
[ 2017/02/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(423)

海外「日本の皆、ありがとー!」 ウェールズ語を学ぶ日本の若者の存在に感激の声殺到

今回ご紹介する映像は、BBCラジオとBBCウェールズが投稿したもので、
ウェールズ語を学ぶ東京の大学の生徒たちが紹介されています。

ウェールズ語は、ローマ人によってグレートブリテン島が支配される以前に、
大陸から渡って来たケルト人が伝えたと考えられている歴史ある言語です。
しかし、1536年にイングランドによって併合されてからは、
ウェールズでも公用語は英語となり、ウェールズ語話者は漸減。
保存運動なども起きていますが、2011年に発表された統計によると、
ウェールズ語を話せるウェールズ人は約19%に留まるそうです。

コメント欄でも、「死んだ言語」「消えゆく言語」
と言った言葉が散見され、現地の方々も危機感を抱いている事が窺えましたが、
それだけに一層、日本にウェールズ語を学ぶ若者がいることは、
ウェールズの方々にとって、大変大きな喜びであるようでした。

「日本が大好きになった」 日本のラグビーファンの愛情にウェールズ人が感激

Flag-Pins-Wales-Japan.jpeg
[ 2017/02/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(239)

海外「もう難民はこりごりだ!」 ヨーロッパの人々の大半が難民受け入れに『NO』

先日イギリスのシンクタンクである王立国際問題研究所が、
イスラム圏から流入する移民に関する調査結果を発表し話題を呼んでいます。

調査はヨーロッパ10カ国の約1万人に対して行われ、調査項目は、
「主要イスラム諸国からの移民流入を停止するべきか」というもの。
結果は10カ国平均で、55%の人が「停止するべき」と回答しています
「停止すべきではない」が20%。「分からない」が25%)。

国別では、「停止するべき」と答えた人の割合が最も高かった順に、
ポーランド(71%)、オーストリア(65%)、ベルギー(64%)、
ハンガリー(64%)、フランス(61%)、ギリシャ(58%)、
ドイツ(53%)、イタリア(51%)、イギリス(47%)、
スペイン(41%)
となっています。

関連投稿には多くの意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

ドイツ「この国は終わりだ」 難民政策の誤りを認めたメルケルに激怒の声

2-12.png
[ 2017/02/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(754)

海外「何だよこの面白民族…」 日本のCMが相変わらず面白いと海外ネットで話題に

今回は、3Mの製品「スコッチガード」の日本版CMから。

このCMは、どんなアクシデントが起きても物ともしない、
サラリーマンヒーロー「大丈夫男」が主人公。
飲もうとした炭酸が噴き出しても、水を撒くおばちゃんに水をかけられても、
バーテンダーにお酒をかけられても「大丈夫」な勇姿が映し出されています。

それも全て「スコッチガード」のおかげ、と言う内容なのですが、
外国人にとってはとても日本的なユーモアに感じられるようです。

日本人の独特のクリエイティビティを讃える声など、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

「日本のユーモアが大好きだ」 タモリの発想力が凄いと海外ネットで話題に

 2017-02-10 
[ 2017/02/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(200)

海外「案の定日本人か!」 日本の和菓子職人の凄まじい職人技に外国人が驚愕

今回は、金沢の和菓子、「こもかぶり」の実演販売の様子から。

「こもかぶり」は1946年(昭和21年)創業の和菓子店、
「板屋」さんが50年ほど前に考案した和菓子で、
大粒の栗をつぶあんでくるみ、それを更に薄いカステラ生地で包んでいます。

金沢の武家屋敷では、冬に土塀を雪から守る為に藁で覆う風習があり、
この和菓子の独特の形は、その情景を仕立てたものなんだそうです。

「板屋」さんは時々物産展などに出店し実演販売をされており、
ご紹介する映像もその際に撮影されたものです。

完璧な正確性で「こもかぶり」作り出していく職人技に、
海外から多くの驚きと感嘆の声が寄せられていました。

海外「限界を超えた技術力」 日本の陶器職人の技量に外国人が感嘆

 2017-02-11 2
[ 2017/02/16 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(219)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



JAPAN CLASS 最新刊
全国書店にて絶賛発売中


管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング