パンドラの憂鬱

Powered By 画RSS



最新記事

海外「日本人は世界の模範だ」 外国人ジャーナリストの日本滞在記が大反響

今回は、メキシコ生まれのアメリカ人ジャーナリスト、
ホルヘ・ラモスさんの日本滞在記に対する反応です。

ラモスさんは、過去にエミー賞を8度も受賞していらっしゃる方で、
スペイン語を話せるアメリカ人キャスターとしては、
最も知名度の高い方として認識されています。

それでは滞在記の概要を以下に。


「多くの絶叫や侮辱の声が聞こえたアメリカ大統領選挙の後、
 私には『デトックス』が必要であると感じたため、
 世界一礼儀正しくマナーも素晴らしい国民がいる国、
 日本に10日間滞在することを決めた。

 東京は1300万人の人が暮らす大都市であるが、
 目を閉じれば静謐を感じることができる。
 他人に迷惑をかけないことは、日本人にとっては礼儀の1つなのだ。
 電車内は混んでいるが、大声を出す人間は一人もいない。

 東京滞在中、車のクラクションは一度も聞こえなかった。
 そのことを日本人のガイドに伝えると、
 『日本人は人様に迷惑をかけていないかを常に考えるんです』
 と言っていた。ニューヨークなどの大都市の運転手に、
 そのような配慮があるかどうか想像してみてほしい。

 長い伝統を持つ魅力的な街、京都では、人々の振る舞いに感銘を受けた。
 誰一人として食べ歩きや歩きタバコをしている人がいないのだ。
 路上に座る人も、芸者にみだりに触れる人もおらず、ゴミも落ちていない。
 ショッピングモールの中ではゴミ箱を見つけるのが難しいが、
 日本人にとっては、ゴミを自分の責任で捨てるのは当然のことだ。

 日本は犯罪率が最も低い国の一つでもある。
 女性がレストランの椅子にバッグを置いて席を立った時は、
 見ているこっちがドキドキしてしまった。
 しかし、彼女が席に戻ってきた時、バッグはまだそこにあった。
 誰かが盗むかもしれない。そんな発想自体が日本人にはないのだ。
 私ならきっと、盗まれる心配をしてしまうだろう。

 もちろん日本だって日本なりに問題を抱えている。
 経済は停滞し、自殺が多いことも大きな問題だ。
 しかし、他の国とは違って無礼な人に遭遇することがないあの国は、
 旅をする者にとっては、本物のオアシスのような場所だ。
 物事が正しく機能し、国民が国に敬意を抱く場所には、
 きっと魔法がかかるのだろう」



以上になります。
主にスペイン語圏の方々から、多くの反響が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

南米「日本が大国なのも納得」 日本社会の福祉意識の高さに外国人が感動

japon-quantitative-easing-etats-unis.jpeg
[ 2017/01/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(308)

海外「日本さん、俺の国にも頼む」 日本の鉄道車両のハイテク機能に海外から驚きの声

今回ご紹介する映像は、以前に京阪電車がツイッター上に投稿していたもので、
電車の扉の上から、長椅子の座席が降りてくる様子が映し出されています。

この機能は、1970年に誕生し今も現役の京阪5000系に備え付けられており、
平日朝などの通勤ラッシュの時間帯には立席定員を、
逆にそれ以外の時間帯には着席機会を増やすことを目的としています。

5000系は、ラッシュ時の混雑に対応するために扉が片側に5ヶ所あり、
そのままでは通常の鉄道車両よりも座席が少なくなってしまうことから、
この「座席昇降機構」が考え出されたそうです。

京阪電車の公式ツイッター曰く、「(たぶん)世界で唯一」というこの機能。
外国人からは驚きの声が多数寄せられていました。

海外「日本が大好きな理由だ!」 日本の鉄道の運行本数に外国人仰天

2017-01-2.png
[ 2017/01/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(130)

海外「日本は今日も凄かった」 日本の雪だるまのクオリティーが尋常じゃないと話題に

明日は「大寒」の暦通り、全国的に厳しい寒さが予想されており、
九州から東北にかけて、広く雪や冷たい雨になる見込みです。

積もるほどの雪となると交通機関に乱れが出たり、
雪かきの必要性が出てくるなど、弊害ばかりに目がいってしまいますが、
海外サイトは、日本に大雪が降った「恩恵」のほうにも目を向け、
クリエイティブで完成度の高い日本の雪だるまたちを紹介しています。

記事は反響を呼び、多くのコメントが寄せられていました。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

「最高の交流じゃないか!」 自衛隊と米海兵隊による本気の雪合戦が大反響

creative-snow-sculptures-heavy-snowfall-japan-3-587e21258fe5e__700.jpeg
[ 2017/01/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(193)

海外「時代を超越してる!」 半世紀前に建設された日本の競技場に外国人が衝撃

2020年のオリンピックに向けて再開発が進む東京。
1964年にオリンピックが開催された際にも、
首都高、新幹線、東京モノレールなどのインフラが整備されました。
競技会場としては、国立競技場、渋谷公会堂などは大会後も長く使用され、
日本武道館は現在も、武道大会やコンサートなどに使用されています。

そして、もう一つ東京オリンピックのレガシーとして遺っているのが、
競泳とバスケットボールの試合が行われた、国立代々木競技場です。

2020年に開催されるオリンピックではハンドボールが、
パラリンピックではバドミントンと車いすラグビーが行われるこの施設。
設計は丹下健三氏によるもので、吊り橋と同様の吊り構造の技術が用いられ、
内部に柱を持たない、極めて珍しい構造になっています。

半世紀が経った今なお、モダンな輝きを放つデザインに、
海外から驚きの声が多数寄せられています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本人には敵わんな…」 1300年の歴史を持つ建築工法に外国人が驚嘆

 2017-01-11
[ 2017/01/18 23:00 ] 文化・歴史 | TB(0) | CM(189)

海外「世界に日本があって良かった」 自衛隊の国際援助活動に海外から賞賛の声

今回は、先日政府機関が投稿した、日本の国際援助活動の話題から。

2013年11月、トラック諸島近海で発生したスーパー台風ヨランダは、
フィリピン中部を横断し、レイテ島に大きな被害を出しました。
日本はすぐに国際緊急援助隊を組織し、計1200名の人員を派遣。
コレラやデング熱を予防するために、約95,600㎡の防疫活動、
のべ11,924名へのワクチン接種を行っています
(この活動は、「Operation Sangkay(友達)」と名付けられた)。

日本の直接的な人道援助の一例に、海外から称賛の声が寄せられています。
その一部をご紹介しますのでごらんください。

海外「日本だけは敵にしたくない」 自衛隊の映像が格好良いと外国人に大人気

 2017-01-15
[ 2017/01/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(208)

海外「日本人は恵まれすぎだよ…」 両陛下の謙虚なお人柄にベトナムから感動の声

国際親善のため、今年3月初めごろにベトナムを訪問される天皇皇后両陛下。
両陛下はこれまで、歴代のベトナムの国家主席から招待を受けており、
今回初めて訪問が実現することとなりました。
首都のハノイで公式行事に臨む他、古都フエにも足を運ばれ、
最長で5泊のご日程になる予定とのことです。

今回は、そのベトナムで話題になっていた1枚の画像からで、
天皇皇后両陛下が新幹線にご乗車される様子が収められています。 
両陛下が鉄道で、しかも特別ではない車両で移動されると言う事実が、
ベトナムの方々に大きな驚きと感銘を与えています。

多くの反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「国のトップの模範」 被災者を慰問される両陛下の姿に外国人感動

13895365_10210321705221282_7149316470888179978_n.jpeg
[ 2017/01/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(274)

海外「やっぱ日本の桜は特別!」 日本の桜の開花予想が早くも海外で大きな話題に

今回は、海外で話題になっていた、日本の桜の開花時期の話題からで、
日本各地の開花予想が、それぞれの地域の桜の写真とともに、
スライドショー形式で紹介されています
(2017年の開花予想はまだ日本でも発表されていませんので、
 例年の開花時期から割り出した予測だと思われます)。

1.青森 4月22日〜5月4日
2.福岡 3月25日〜4月10日
3.広島 3月29日〜4月12日
4.北海道 4月29日〜5月5日
5.京都 3月29日〜4月12日
6.名古屋 3月26日〜4月10日
7.奈良 3月28日〜4月11日
8.東京 3月26日〜4月11日
9.沖縄 1月中旬〜2月2週目
10.大阪 3月29日〜4月12日



日本の多くの地域では、桜の話題が出るのはもうちょっと先かと思いますが、
海外では12月初旬ごろから早くも大きな話題になっています。
多くの方が、日本の桜にある種の憧憬を抱いているようでした。

「日本が桜を美しく昇華させた」 桜の起源説 韓国メディアに続き中国からも

 2017-01-106
[ 2017/01/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(246)

海外「鳥肌が止まらない…」 安倍総理を迎えるフィリピンの熱狂ぶりが物凄い

1月12日から17日までの日程で、フィリピン、オーストラリア、
インドネシア、ベトナムを歴訪されている安倍総理。
12、13の両日は、今年最初の外遊先であるフィリピンを訪問し、
13日にはドゥテルテ大統領の地元であるダバオを訪問されました。

今回ご紹介する映像は内閣広報室がネット上に投稿したもので、
ダバオでの安倍総理の様子が収められているのですが、
その中で特に目を引くのが、現地の方々の熱狂ぶり。
日の丸の小旗を振り、大きな歓声をあげながら、
今までにこれほど海外で歓迎された日本の首相がいただろうか、
と思ってしまうくらいの熱量で、安倍総理と昭恵夫人を迎えています。

感動的な映像になっていますので、ぜひご覧下さい。

海外「日本は常にアジアの兄貴分」 日本の救助隊派遣にフィリピン人が感動

 2017-01-14 7
[ 2017/01/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(705)

海外「日本の背中はまだ遠い」 日本人との民度の差に落胆するシンガポールの人々

昨年12月31日から今年の1月1日にかけて、
日本でも全国でカウントダウンイベントが行われましたが、
シンガポールでは、マリーナベイで大規模なイベントが行われます。

その際に、毎年のように問題となっているのが、ゴミのポイ捨て。
今年も昨年も、イベント終了後に300人の清掃員の方々が清掃作業をし、
特に昨年に回収したゴミの量は、3万キロに及んだそうです。

その事を伝える記事には、日本や日本人に関する記述は一切ないのですが、
「日本人はゴミのポイ捨てをしない」
と言うイメージがシンガポール人の間で強いようで、
日本人とシンガポール人とを比較するコメントが多く寄せられていました。

海外「これが日本なんだ!」 路上のゴミを掃除する男性に外国人感銘

37080182_-_01_01_2016_-_arnewyear01_0.jpeg
[ 2017/01/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(355)

海外「日本人は勝ち組だなw」 日本の秀逸なものまね芸が外国人を爆笑の渦に

今回ご紹介する映像は、先週にフジテレビ系列で放送された、
爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」の一幕で、
格闘ゲーム「ストリートファイターII」に登場するキャラクター、
リュウとエドモンド本田の対決を、「NOエモーション。」のお二人が、
ほぼ完璧に再現されています。

「ストリートファイターII」は1991年にアーケードゲームとして登場。
1992年にスーパーファミコンのソフトとして発売され、
国内で288万本、世界で630万本を売り上げています
(288万本は、スーパーファミコンソフトの累計販売数第5位)。

お二人のモノマネは、世界的な人気ソフトの再現ということもあり、
多数の海外サイトで取り上げられ、大きな話題になっています。
その完成度の高い芸が、外国人に爆笑をもたらしていました。

海外「日本に不可能はない」 キャプテン翼の実写版に外国人が大爆笑

 2017-01-111
[ 2017/01/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(386)
ごあいさつ


人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめサイトさま

日本視覚文化研究会
ニュース速報まとめ桜
ニュース速報まとめ梅



管理人:ニャン吉
副管理人:kite

月別アーカイブ
人気の記事(PC)
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング

スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランダム記事





ブログパーツ アクセスランキング