FC2ブログ

パンドラの憂鬱



最新記事

海外「神道が影響してるんだよ」 なぜ欧米人はロボットを恐れ、日本人は恐れないのか?

今回は、「なぜ欧米人はロボットを恐れ、日本人は恐れないのか」
という投稿に寄せられた外国人の反応からです。

日本ではこれまで多くのロボットアニメが製作され
それらの作品の多くで、ロボットは人間の大切な仲間や友達であり、
また、人間と対等な存在として描かれてきました。

一方アメリカやヨーロッパの映画やコミックなどでは、
「人間に問題をもたらす存在」として描かれることが多く、
SF作家のアイザック・アシモフが示したロボット工学三原則からも、
ロボットに対する恐れが見られ、人間とは対等ではないことが分かります。

こういった日本と欧米のロボット観の差はなぜ生まれたのか。
コメント欄には様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本人が怖い」 江戸時代に作られたカラクリ人形の性能に外国人が驚愕

7573573564.jpeg
[ 2019/06/25 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(453)

海外「これが民度の差なのか…」 チリ戦大敗後の日本の子供達の行動に賞賛の声が殺到

現在ブラジルで開催されている、世界最古のサッカー大陸選手権・コパアメリカ。
南米10カ国の代表チームが優勝を争うこの大会ですが、
1993年からは南米以外から2チームを招待する方式に移行。
当初は地理的に南米に近いアメリカやメキシコなどの国が参加していましたが、
1999年、日本が北中米以外の国として初めて招待を受けました。

日本はこれまでに1999年、2011年、2019年大会に招待され、
99年はグループステージで敗退(1分2敗)し、11年は震災の影響で辞退。
今大会はこれまで1分1敗で、明日(25日)8時から行われる試合に勝利すれば、
初の決勝トーナメント進出となります。

さて、今回ご紹介する映像は、日本が0対4でチリに大敗した試合の後に、
チリ人サポーターの方が試合会場で撮影したもので、
駐在員のご家族でしょうか、日本の子供たちが、拍手と日本コールが起こる中、
スタンドで集めたゴミを回収ボックスに収める様子が収められています。

この映像がチリのメディアで取り上げられたところ、
人口約1800万人の国で150万回再生されるなど、大きな反響を呼び、
コメント欄には日本や日本人に対する賞賛の声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「日本は世界一頼りになる!」 日本の迅速な災害支援にチリから感謝の嵐

435785579.png
[ 2019/06/24 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(303)

海外「日本は今日も平和だ」 日本の動物園で撮影された映像が外国人を爆笑の渦に

愛媛県砥部町にある県立とべ動物園で22日、
大地震を想定した動物脱出対策訓練が約30分間にわたって行われ、
来園者が見守る中、職員30人が緊急時の対応を確認しました。

訓練は、地震でライオン舎が壊れ、1頭が脱出したという想定。
職員が着ぐるみで扮したライオンに対し、網で行く手を阻み、
麻酔銃に見立てた空気砲を発砲して動きを止め、無事捕獲に成功しています。

海外の動物園の訓練では、職員が着ぐるみを着ることは稀で、
その日本ならではの光景にも注目が集まっているのですが、
さらに、その訓練の様子を、後方にいた本物の2頭のライオンが、
冷めた目でじっと見ている様子も映し出されていた事で、人気が爆発。
関連投稿には多くの反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「日本は本当に特殊な国だ」 日本社会の平和的な雰囲気に外国人から羨望の声

953635.png
[ 2019/06/23 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(255)

海外「なんて美しさだ!」 台湾に残るお召し列車『天皇花車』の美しさが話題に

台湾視察を予定されていた皇太子時代の大正天皇のために、
1912年(明治45年)に台北鉄道工場で製造された「天皇花車」。
実際には大正天皇が即位後に利用されることはありませんでしたが、
皇室関係者や台湾への貴賓客用として使用されており、
1923年(大正12年)には、皇太子時代の昭和天皇が、
台湾行啓を行った際に乗車されています。

この車両は現在、台湾北部・基隆市の七堵操車場で保管されており、
6月9日の「鉄路節」に合わせて何度かメディアにはお披露目されていますが、
一般公開は現在まで一度も行われていません。

そういった現状を受け、蘇首相は先日行われた台鉄132周年記念式典で、
「公開されていないのは勿体ない」と発言。
その影響で現在、天皇花車が台湾で改めて注目を浴びています。

車両内部などの写真が紹介された関連投稿には、
台湾の人々から感動の声が殺到していましたので、その一部をご紹介します。

台湾「日本の統治は偉大だった」 日本統治時代の台湾を映した貴重映像に感動の声

124314.jpg
[ 2019/06/22 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(256)

海外「さすが日本人だw」 日本人作 世界の国旗の擬人化が素晴らしすぎると話題に

今回は国旗図鑑サイト「ワールドフラッグス」が行なっている、
国旗の擬人化に対する海外の反応です。

「ワールドフラッグス」のホームページによると、
和装と国旗を掛け合わせたら侍の日本文化を一層楽しんでもらえる、
という思いからサイトの運営は始まり、
「国旗はもちろんのこと、その国の歴史や文化、由来、
 その国発祥のことわざも調べて掲載」されているそうです。

現在擬人化されているのは32カ国ですが、今後は、
「国旗の扱いにデリケートな国にもあるため、
 すべての国旗に敬意を払い、調整しながら増やしていけたら」との事です。

この擬人化は2ヶ月ほど前から東南アジア各国で大反響を呼んでいたのですが、
この度9gagで紹介された事で、世界的な話題になっています。
寄せられたコメントをまとめましたので、ごらんください。

海外「日本のファンは凄いな…」 F1界のスーパースターが日本のファンに感動

856463.png
[ 2019/06/21 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(383)

海外「涙が溢れてきた…」 水子供養という日本独自の文化に感動の声が殺到

流産などによりこの世に生を受ける事が出来なかった子供を供養するために、
戦後になってから主にお寺で行われるようになった水子供養。
仏教の概念であるかどうかは専門家の間でも意見が分かれるようですが、
少なくとも日本独自のものであることは間違いないようです。

この水子供養の文化を以前、ニューヨーク・タイムズが記事にしており、
それ以来様々なサイトでシェアされ、取り上げられています。

特に米国などでは流産の悲しみを女性1人で抱える事が少なくないようで、
子供を失ってしまった際の心の救済が文化として用意されている日本に、
多くの女性から感動の声が寄せられていました。

海外「その発想はなかった!」 国際機関が伝える日本人独自の概念に外国人が感銘

357357357357.jpeg
[ 2019/06/20 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(685)

海外「これが日本との差なのか」 震度6強 山形県沖地震の被害状況に中国人が衝撃

18日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とするM6.7の地震が発生し、
新潟県村上市で最大震度6強の揺れを観測しました。
消防庁によると、これまでに地震による犠牲者の情報はありませんが、
山形県と新潟県を中心に少なくとも26人が怪我を負ったほか、
住宅の屋根瓦がはがれ落ちるなどの被害が各地で発生しています。
なお、延べ9232戸で発生していた停電は、
18日の午前6時44分にはすべて復旧しました。

17日に四川でM6.0の大地震が発生した中国でも、
新潟・山形地震のことは被害状況を交えて大きく報じられているのですが、
中国では建物の倒壊などにより13人の犠牲者が出てしまった事から、
よりエネルギーが大きい地震が起きたのにも関わらず
犠牲者が1人も出なかった日本に対する驚きの声が相次いでいます。
寄せられていたコメントをまとめましたので、ごらんください。

海外「日本人は何なんだ!」 大地震 日本人の落ち着きっぷりが海外で話題に

4256373686.jpg
[ 2019/06/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(480)

海外「日本だけ別格じゃないか」 日本の子供達の自立心が凄すぎると世界的な話題に

今回は、世界的な話題を呼び、再生数7700万回を突破している、
日本の学校のあり方に迫った動画からになります。

早速ですが、以下が動画のキャプションの日本語訳になります。

「日本のほとんどの学校では、用務員や管理人を雇っていない。
 日本の教育システムでは、生徒達に自ら掃除をさせることで、
 敬意や責任感が育まれ、平等の意識が強まると考えられている。
 掃除をすることは、全員の義務なのである。
 また、清掃の時間は友人との語らいの場でもあると見なされている。
 欧米とは違い、決して退屈な雑用ではないのだ。

 日本の生徒達は、給食の配膳でさえ自分たちで行っている。
 食後には、リサイクルの為に牛乳パックを開く。
 そして当番の生徒が全ての牛乳パックを水でゆすぎ、
 教室で乾かし、回収場所に運ぶという作業を行なっている。
 
 これらの作業は、子供達の自信を育む手助けとなる。
 自分たちの行為に責任を持つことは、社会に出る準備なのだ」



以上になります。
単純計算で、世界の100人に1人が目にした事になるこの動画。
日本の教育システムに対する賞賛の声を中心に、
様々な反応が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「生まれる国を間違えた」 たった1枚の写真に日本の凄さを見出す海外の人々

356577.png
[ 2019/06/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(517)

海外「日本は常に公平だ!」 イラン非難の米国に対し証拠を求める日本政府に喝采の声

ホルムズ海峡で発生したタンカー襲撃事件をめぐり、
アメリカとイランが真っ向から対立する中で、
日本政府はイランが関与したとする米国の説明には同調せず、
裏付けとなる証拠を示すよう米国側に求めていることを、
複数の日本政府筋が15日、明らかにしました。

米国側の主張は説得力に欠いているという受け止めが背景にあるわけですが、
この日本政府の姿勢に、外国人からは賞賛の声が相次いでいます。
関連記事に寄せられていたコメントをまとめましたので、ごらんください。

「もはや韓国は日本の敵だ」 自衛隊機の威嚇飛行を主張する韓国に呆れの声

mideast-tanker-crop.jpg
[ 2019/06/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(609)

海外「日本はアジア諸国の模範だ」 なぜアジアで日本だけが時間を厳守するのだろうか?

時間の正確性に関して、世界トップクラスと言われる日本(人)。
特に鉄道の定時運行は海外メディアでも度々取り上げられますが、
明治時代にすでに定時運行を遂行するために動き出しており、
1901年(明治34年)には、駅長、運転士、車掌はもちろん、
事務職や改札担当の職員にも時計の所持を義務付ける規定を定めています。

今回は「アジアでは、時間は非常に相対的なものである」と題された、
アジア各国向けのニュースを配信する香港メディアの記事からで、
時間を徹底的に守る日本と、インドや東南アジアなど、
割合時間におおらかな国々とが比較されています。

なぜ同じアジアの国で、このような違いが生まれているのか、
主にアジアの人々から様々な意見が寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

『日本は他のアジアとは全く違う』 トーレス選手が語る日本を愛する理由が話題に

3477376864.jpg

[ 2019/06/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(420)
スポンサード リンク
検索フォーム
人気の記事(PC)
スポンサード リンク
ランダム記事
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:






ブログパーツ アクセスランキング