FC2ブログ

パンドラの憂鬱

外国メディアの記事などに寄せられた、海外の反応をお伝えします


海外「これが先進国なんだな…」 ありふれた日常に日本の凄さを見出すタイの人々

記録に残る中では、1805年(文化2年)に日本で初めて、
東海道の京都にある日岡峠 - 大津間において、
人が歩く道と車道を区別した道路が建設されました。
自動車の登場まで「歩道」という言葉すらなかったと考えられますが、
1872年(明治5年)にはすでに、東京の道路において、
馬車道と人道を区別するようにお触れが出されています。

本格的に歩道が整備されるようになったのはやはり自動車の普及後で、
中でも1960年代からの急激なモータリゼーション後は変化が著しく、
1972年(昭和47年)に5590キロだった歩道の設置延長は、
1975年(昭和50年)春には3万9000キロと7倍近く伸びています。

さて、今回はタイの人気サイトで取り上げられていたもので、
日本の歩道を写した写真が複数枚紹介されています。
日本の、特に都市部や駅前などではよくあると言える光景かと思いますが、
タイの人々からは、その舗装の美しさに驚きの声が相次いでいます。
日常の光景だからこそ、そこに生活水準の高さを見出していました。

「やっぱ日本って凄いよ」 日本の日常を写した1枚の写真にイタリア人が衝撃

57574.png
[ 2021/04/19 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(96)

海外「日本は本当に凄い国だぞ」 最新版『世界最高の国ランキング』で日本が2位に

米メディア「USニュース&ワールド・リポート」は13日、
2021年版「世界最高の国ランキング」を発表しました。
ペンシルベニア大学の研究チームなどが開発した評価モデルに基づき、
生活の質、文化的影響力、市民の権利、観光面の魅力など、
9項目について調査し、ランキング化されています。

1. カナダ
2. 日本
3. ドイツ
4. スイス
5. オーストラリア
6. アメリカ
7. ニュージーランド
8. イギリス
9. スウェーデン
10. オランダ


2020年の調査では日本は3位でしたが、
4年連続1位だったスイスが順位を落とし、今回は2位に。
前回2位、前々回3位だったカナダが、初めての首位となりました。

上位の国のメディアは軒並みこの件を朗報として報じているのですが、
実際に日々を過ごしている各国の一般市民は、
自国の順位を過大評価だと感じているようでした。
寄せられていた反応をまとめましたので、ごらんください。

「こんな国は日本だけだ」 Google社員が語る日本の素晴らしさが海外で話題に

357356243.jpeg
[ 2021/04/18 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(397)

米国「日本に申し訳ない…」 菅総理に対する米政権の対応に保守層からは不満の声が殺到

訪米中の菅総理は16日午後(日本時間17日朝)、
ホワイトハウスでバイデン米大統領と初めて会談を行いました。
菅総理とバイデン大統領は「ジョー」「ヨシ」と呼び合い、
アジア太平洋地域における日米の重要性を確認しました。

会談の後に行われた共同記者会見では、
約半世紀ぶりに台湾に言及するなど、中国を強く牽制。
日米同盟は揺るぎないものだとして、
自由で開かれたインド太平洋を推進していくと共に、
中国の不法な海洋権益に関する主張や活動に反対する声明を出しています。

トップ同士の会談に先立ち、ハリス副大統領が菅総理を表敬し、
ここでも日米の揺るぎない関係を確認し合っているのですが、
副大統領よりも先に大統領が総理を出迎えなかった事に対し、
「重要な同盟国を蔑ろにしている」
との批判が保守層を中心に寄せられています。

表敬なので菅総理を蔑ろにする意図はなかったはずですが、
多くの方が、日米関係に傷が入る事を案じていました。

「日本人に恋してしまった!」日本の小学生達の振る舞いにトランプ支持者が大感激

3464856.png
[ 2021/04/17 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(624)

海外「革命的な美味しさだ!」 日本生まれの『デコポン』が米国でカルト的な人気に

もともとは1972年に、長崎県にある「農研機構」が、
「清見」と「ポンカン」を交配させて生み出した「デコポン」。
ヘタの周囲が膨れ上がった歪な形と育てにくさから、
農水省は量産に不向きと判断し、品種登録は行いませんでした。
その後、熊本県の不知火町(現:宇城市)が試験的に栽培したところ、
甘みが非常に強くなる事を発見し、本格的な生産が始まりました。
(シラヌヒ系のうち、糖度13度以上の物がデコポンと認められる)。

デコポンは現在、「スモウマンダリン」という名で、
カリフォルニア州でも栽培されているのですが、
最近になって、SNSなどの影響で突如として現地でブームに。
CNNもそのトレンドに注目し、先月31日には、
「無名の日本の果物が、今ではカルト的な人気に」
というタイトルの記事で、デコポンを取り上げています。

関連投稿には、実際に食べた事がある人々から絶賛の声が。
多くのアメリカ人にとって、衝撃的な美味しさだったようでした。

「日本発祥だったのか!」 ヤクルトが人気海外映画の影響で一躍ブームに

48378353.jpeg
[ 2021/04/16 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(474)

海外「さらに親日国になるぞ」 イラクで愛された岩井大使がサウジアラビアでも大人気に

現地訛りのアラビア語とSNSを駆使し、イラク人の心を掴んだ岩井文男氏。
イラクへの赴任は3年にも満たない短い期間でしたが、
岩井氏にイラク国籍の付与を求める請願運動が起きたり、
岩井氏を現地の政治家にするべく立候補推挙運動が起きたりと、
まさにカリスマ的な人気を有していました。

その岩井大使が1月からサウジアラビアの大使に着任したのですが、
もともとイラクでの活躍が知られていた事に加え、
敬意が込められたイラクでの愛称である「アブー・コウジ」が
(アラブでは親しい知人を呼称する際、知人の長男か長女の名を、
 「アブー(父の意味)」の後につけて呼ぶ文化がある)

サウジアラビアで爆発的なヒットを記録したアニメ、
「マジンガーZ」や「グレンダイザー」に登場する、
兜甲児(かぶとこうじ)にを連想させる事から、さらに人気が加速。
今月6日にはBBCアラビア語版でも取り上げられる程の反響を呼んでいます。

関連投稿には、岩井大使の活躍によって、
日本とサウジの友好がさらに深まる事を願う声が殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「アニメはアラブ人の価値観を変えた」 サウジ初のアニメエキスポ開催に喜びの声

5354784684.png
[ 2021/04/15 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(203)

海外「日本の冷静さを称えたい」 日本の海洋放出を科学的見地から支持する欧米の人々

日本政府は13日、東京電力福島第一原子力発電所で増え続ける、
トリチウムなど放射性物質を含む処理水の処分方法について、
国の基準の40分の1、WHOが示す飲料水の基準の7分の1に薄め、
その上で太平洋へ放出する計画を承認しました。
政府は東京電力に対し、2年後をめどに実行の準備を進める事や、
風評被害への対策を徹底するよう求めています。

この件に関しIAEA(国際原子力機関)のグロッシ事務局長は、
「日本が選択した方法は技術的に実現可能であり、
 管理された上で放射性物質を含む水を海に放出する事は、
 世界の原子力発電所で日常的に行われているものだ」
と強調し、
日本の方針を「歓迎する」と表明しています。

またアメリカ政府も、「世界基準に合致」と表明。
ブリンケン国務長官はツイッターで、
「日本の透明性ある取り組みに感謝する」と表明しています。

しかし、多くの大手メディアが「日本が『汚染水』を放出」
とのタイトルで報道している事もあり、海外からは懸念の声も。
2400万人の登録者数を誇る科学専門サイト「IFLScience」も、
同様に「汚染水」との表記を見出しに使っているのですが、
記事では、処理前の水に多く含まれるセシウム137は除去が容易な点、
豪州の大学の教授の話として「日本は正しい方法を採っている」点、
地域住人の年間被曝量は0.8マイクロシーベルトと想定され、
バナナを毎週食べるよりも少ない
点などを指摘しています
(地元水産業が、風評被害を危惧している事にも触れている)。

コメント欄では多くの人が、処理水と汚染水の違いを理解した上で、
日本が行う海洋放出の安全性を確信するコメントを残していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本の空気は世界一綺麗だぞ!」 日本の現実的な電力政策に豪州から羨望の声

868734674683.jpg
[ 2021/04/14 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(460)

海外「韓国に批判する権利はない」 世界的スターを旭日旗騒動に巻き込んだ韓国に呆れの声

カナダ出身の世界的スーパースター、ジャスティン・ビーバーさんが、
9日に放送された「ミュージックステーション(Mステ)」に出演し、
大ヒット曲「ANYONE」を日本で初披露しました。
ビーバーさんがMステでパフォーマンスをするのは、約6年ぶり。

その際ビーバーさんは、オレンジやブルーのコントラストが美しい、
昇りゆく日の出をモチーフにしたジャケットを着用していました。
しかし、そのデザインが旭日旗に似ているとして、韓国で批判の的に。
ビーバーさんは過去に靖国神社に参拝していた事があり、
韓国のネット上ではその事を指摘するコメントもみられたそうです
(韓国版ハフポストがこの件を記事にしており、
 旭日旗を「日本帝国主義の象徴」と伝えている)。

この韓国での騒動を、主にK-POPの情報を伝えるアカウントが拡散。
つまり基本的には韓国アイドルのファンが集まる場なのですが、
多くの外国人はこの件をこじつけだと感じたようで、
韓国のネット民や、扇情的に伝える韓国メディアに対し、
呆れの声が相次いで寄せられていました。

「日本人が怒るのも当然だ」 韓国のアイドルのMステ出演中止に海外から理解の声

45657675685.png
[ 2021/04/13 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(513)

海外「これが一流の国民の姿だ」 松山英樹のキャディーが取った行動が日本を象徴していると話題に

ゴルフのマスターズ・トーナメント最終日は11日、
米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで行われ、
松山英樹選手が通算10アンダー、2位と1打差で優勝しました。
4大メジャー大会を日本男子が制覇したのは、今回が初めてとなります。

松山選手の優勝を、憧れのタイガー・ウッズ氏もツイートで祝福。
「日本に誇りをもたらした」とした上で、
「ゴルフ界全体に影響を与える」と最大限の賛辞を贈っています。

そして今回、松山選手の快挙と共に世界で賞賛されているのが、
松山選手を支えたキャディーの早藤将太さんが取った行動。
最終18番のピンを返した後にキャップを取り、
コースに向かって一礼をした様子が海外メディアに取り上げられ、
非常に大きな反響を呼んでいます。

外国人の多くの方が、非常に日本的な行動だと感じたようで、
関連記事には早藤さん、常に謙虚な振る舞いを見せた松山選手、
ひいては日本文化への称賛の声が殺到していました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「美しい国だなぁ」 日本の一般の人々の振る舞いの美しさに外国人が感動

4565795.png
[ 2021/04/12 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(383)

海外「また日本がハードルを上げた」 相変わらず日本のCMが凄過ぎると海外で話題に

日本におけるスポーツドリンクの先駆けとして知られ、
「飲む点滴」のコンセプトで1980年に発売された「ポカリスエット」。
ヒトの体液に含まれる7種類のイオンを含有しており、
製造元の大塚製薬は、発売当初より「健康飲料」としています。

ポカリスエットのCMは、宮沢りえさんや綾瀬はるかさんなど、
多くの大物女優を輩出した、若手女優の登竜門として知られていますが、
今月9日に、中島セナさんが出演する新CMが公開されました。

「逆風はやがて追い風に変わる」
というメッセージが込められたこのCMでは、CGは使われておらず、
85メートルの動く超大型の舞台を中島さんが駆け抜けていく、
非常にダイナミックな作品になっています。

日本のCMは、その創造性やアイデアの面白さなどにより、
かねてより外国人に"発掘"され高く評価されていますが、
このCMは、ほぼリアルタイムで海外でも話題に。
多くの外国人が、飲料のCMとしては破格のスケールだと感じており、
長編映画の一場面のような演出に、絶賛の声が殺到していました。

「俺の国にも輸出してくれ!」 日本の軽自動車のCMが外国人を爆笑の渦に

357356362.jpeg
[ 2021/04/11 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(372)

海外「日本人は全てを受け入れる」 日本のカレーのルーツは英国という事実に驚きの声

現在では世界中の国で食べられている、インド発祥の料理「カレー」。
「スープの具」を意味するタミル語の「カリ」が語源とされていますが、
その定義には揺れがあり、国内でも辞書によって異なっています。

カレーは日本でも国民食の1つになるほどの人気ぶりですが、
日本にカレーが伝えられたのは1868年(明治元年)の事で、
英国の商船がカレー粉を持ち込んだのが始まりとされています。
なおインドにはカレー粉はなく、初めて作られたのはイギリス。
また、イギリス人は小麦粉を使ってとろみをつけるなど、
インドの一般的なカレーとは異なる料理に独自進化させています。

海外でも人気が高い日本のカレーのルーツはイギリスという事実に、
外国人から驚きの声が相次いで寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「日本が独自進化させたんだ」ラーメンのルーツは中国という事実に外国人が衝撃

44686486.jpeg
[ 2021/04/10 23:00 ] 社会 | TB(0) | CM(387)
スポンサード リンク
検索フォーム
最新記事
ランダム記事
スポンサード リンク



ブログパーツ アクセスランキング